ゲーム

【レビュー】HyperX Cloud Earbuds「HX-HSCEB-RD」ゲーミングイヤホン

    こんにちは、REOTAN(@REOTANnoheya)です!

     

    今回はHyperX Cloud Earbuds「HX-HSCEB-RD」をレビュー!

    迫力ある低音をベースに、臨場感の高いゲーミングサウンドを再現。

    2018年にHyperX初のゲーミングイヤホンとして発売され、現在でも根強い人気を誇るアイテムです。

     

    この「HX-HSCEB-RD」は特許取得済みのシリコン製イヤーチップを搭載。カナル型特有の圧迫感が苦手な方でも安心なインナーイヤー形状を採用しています。

     

    REOTAN
    インナーイヤー型のゲーミングイヤホンって実はそれほど多く発売されていないんです。「ブランド力」「信頼性」を重視して考えると実はかなり貴重なイヤホンなんですよ

     

    今回はPS5やMixAmp・Switchで使用してみたので、実際の使用感や音質について詳しくレビューしていきたいと思います。

     

    まずは本製品の主な仕様から確認していきましょう!

     

     

    HyperX「HX-HSCEB-RD」の主な仕様

     

    イヤホン
    カラーレッド
    ヘッドホン形式インナーイヤー型
    ドライバーダイナミック14mmドライバー
    再生周波数20Hz〜20KHz
    インピーダンス65Ω
    音圧レベル116dBSPL/mW (1kHz時)
    コネクタ3.5㎜・4極プラグ
    ケーブルの長さ1.2m
    重量19g
    保証期間2年間
    マイク
    搭載マイクエレクトレットコンデンサーマイク
    極性パターン全方向性
    周波数100Hz~6,300 Hz

     

    イヤホンとしては比較的大型の14㎜ドライバーを搭載。迫力ある低音と没入感の高いゲーミングサンドを鳴らしてくれるのが特徴です。

     

    重さに関してもわずか19gと超軽量。2年間のメーカー保証も付帯しているので、長期間にわたって安心して利用することが可能です。

     

     

    REOTAN
    音質・マイクについては後ほど詳しく解説していきますね

     

     

    HyperX「HX-HSCEB-RD」のデザイン

     

    ①HyperX「HX-HSCEB-RD」のパッケージ内容

     

    パッケージはシンプルな外観です。

     

    付属品として以下のものが同封されています。

     

    HyperX「HX-HSCEB-RD」の付属品

    • イヤホン本体
    • シリコンイヤーチップ(3サイズ同封)
    • トラベルケース

     

    イヤーチップはかなり独特な形状です。カナル型とは違い耳穴の手前でフィットさせる装着感なので、比較的大型のサイズになっています。

     

    REOTAN
    ちなみに私はMサイズでちょうど良いフィット感でした。シリコン製なので耳への負担も少なく、長時間装着していても「耳が痛い」と感じることはありませんでした

     

    ②HyperX「HX-HSCEB-RD」の本体デザイン

     

    イヤホンは全長1.2mの使い勝手の良い長さです。全体的にレッドを基調としたデザインなのでかなり派手な印象です。

     

    イヤーチップは内部の溝にはめ込むだけのかんたん仕様。サイズ表記もされており、着脱が容易なのも嬉しいポイントです。

     

    イヤホンに装着するとこの様な感じに。これほど大きなイヤーチップは珍しいですね

     

    実際に装着してみました。チップ外側の部分が耳に程よくフィットするため「ポロッ」と抜け落ちる心配はありません。耳穴に圧迫感も感じないので、個人的には好みの装着感です。

     

    REOTAN
    この独特な装着感に違和感を感じる方もいると思います。幸い私や妻は違和感なく使用できていますが耳の形には個人差があるので、この辺りについては予め留意しておいていただければ幸いです

     

    ③HyperX「HX-HSCEB-RD」のケーブル・マイク

     

    ケーブルにはきしめん状のゴム製ケーブルを採用。絡みにくく、取り回ししやすいのが特徴です。

     

    ケーブル左側には多機能ボタンを搭載。裏側にはインラインマイクが搭載されています。

     

    イヤホン装着時にはマイクがしっかり口元近くに来てくれるので、VCもしっかり活用することが可能です。

     

     

    REOTAN
    少し残念なのが多機能ボタンとは言いつつ、PS4/PS5・Switch利用時には使える機能がほとんどない点。現状だとボタン長押しでミュート出来るだけなのでこの辺りはちょっと残念な仕様です

     

     

    プラグは4極プラグを搭載。断線や不意に抜けてしまう心配も少ないので、Switchやコントローラ直挿しで遊ばれている方にピッタリだと言えるでしょう。

     

     

    ④HyperX「HX-HSCEB-RD」のトラベルケース

     

    ケースには衝撃に強いハードタイプを採用。携帯性に優れ、イヤホンをしっかり保護することが可能です。

     

    内部にはメッシュポケットを搭載。予備のイヤーピースを収納しておくのに便利です。

     

    イヤホンを収納するとこの様な雰囲気に。ケーブルがきし麺&ゴム素材と言うこともあり、まとまりよく収納することが可能です。

     

     

    REOTAN
    ケースの保護性能を考えても、持ち運ぶ機会の多いSwitchとの相性は抜群!L字型プラグと言う点も相まってSwitch専用イヤホンで使うのもアリかもしれません

     

     

    【関連記事】

     

     

    HyperX「HX-HSCEB-RD」の音質をチェック

     

    ①PS5 コントローラー直挿しで音質チェック

     

    PS5に接続してAPEXで遊んでみました。

     

    「HX-HSCEB-RD」の音質

    • 低音域重視の迫力のあるサウンド
    • 中音域は少し低音に埋もれ気味だが、気になる程の凹みは感じない
    • 高音域の伸びはそこまで感じない
    • 音場は比較的せまい印象
    • 定位感はFPSでも問題はなさそう。ガチPLAYでなければ必要十分な定位感

     

    全体的に低音域を重視した迫力あるサウンドが特徴的です。インナーイヤー型であるにも関わらず、ここまで迫力ある低音を再現してくれるのはかなり貴重なイヤホンだと感じました。

     

    反対に中~高音域の開放感、音場については抑え気味な印象です。ただし敵の足音や銃声・爆発音と言った音の定位感はつかみやすいので、FPS・格ゲー等との相性は良さそうです。

     

    ②PS5+MixAmpで音質チェック

     

    USB-DDC「FX-D03J」経由でMixAmpと接続し、同様にAPEXで遊んでみました。

     

    全体的な音質の傾向は変わらないものの「PS5の3Dサラウンド=ON / 足音特化イコライザー=ON」の状態で使用すると、より繊細な音を聞き分けることが可能になりました。

     

    特に顕著なのが建物内部での戦闘時。階段を上ってくる音・壁をよじ登ってくる音などが判別しやすくなり、敵との位置関係が非常につかみやすい印象でした。

     

    MixAmpを使うことで様々なイコライザーや効果を付与することも出来るので、長時間PLAYでも疲れにくいこの「HX-HSCEB-RD」とは相性が良さそうです。

     

    REOTAN
    MixAmpの利用方法や接続方法、メリット・デメリットについては下記の記事で詳しく解説中です

     

    【関連記事】

    【完全解説】PS5で「MixAmp Pro TR」を使う3つの接続・使い方をレビュー

    続きを見る

     

    【レビュー】ハイレゾ対応USB DDC FX-AUDIO「FX-D03J」PS5にもおすすめ

    続きを見る

     

     

    HyperX「HX-HSCEB-RD」の気になるポイント

     

    実際に使っていた感じた「気になるポイント」をまとめました。

     

    気になるポイント

    • 独特な形状のイヤーチップは好みが分かれる
    • ミュートボタン・音量調節ボタンがない
    • VCの音質はギリギリ使えるレベル

     

    イヤーチップがかなり独特な形状をしているため装着感に個人差があるのが気になりました。レビューでも評価が分かれているので、可能であれば一度店舗でフィット感を試しておくと良いでしょう。

     

     

    また、ミュートボタン・音量調節ボタンが搭載されていない点も気になりました。これらの操作は

     

    • ミュート:ボタン長押しの間だけミュート
    • 音量調節:直接デバイスで操作

     

    しないと出来ないため、使い勝手の面でもう少し配慮が欲しかったのが正直なところです。

     

     

    REOTAN
    VCに関しては友人と普通に遊ぶ分には大きな問題はありません。ただし少しノイズが乗る印象なので、FPSなどで頻繁にVCする場合は別途マイクを用意した方が良いかもしれません

     

     

    HyperX「HX-HSCEB-RD」の良かったポイント

     

     

    良かったポイント

    • ゲーミングに特化された迫力のあるサウンド
    • 首・頭への負担を感じにくいわずか19gの重さ
    • 長時間PLAYでも疲れにくいフィット感

     

    この小さな筐体にも関わらず迫力のある低音サウンドを再現してくれるのが見逃せません。インナーイヤー型だと「低音スカスカ」のイメージをお持ちの方もいるかもしれませんが、本製品はその様な印象を全く感じることはありませんでした。

     

    また「軽さは正義」という言葉がある様に、長時間PLAYでも疲れにくいフィット感と重さはまさに特筆レベル。イヤーピースがしっかり耳にフィットすれば、インナーイヤー型の中でも最適解なイヤホンだと言えるでしょう。

     

    私の場合耳にしっかりフィットしてくれたので

     

    • PS4/PS5で気楽にゲームを遊びたい時
    • Switchを携帯モードで遊ぶ時

     

    をメインに活用中です。ケーブル自体の取り回しも良いので、持ち運び用のサブ機としてもおすすめです。

     

    【関連記事】

    これ即買い「PS5純正 3Dワイヤレスヘッドセット(CFI-ZWH1J)」評価・レビュー

    続きを見る

     

     

    HyperX「HX-HSCEB-RD」はこんな人におすすめ

     

    画像引用:HyperXCloud Earbud商品ページ

     

    こんな人におすすめ

    • 手頃な価格で迫力あるゲーミングサウンドを体感したい
    • インナーイヤー型のゲーミングイヤホンを探している
    • Switch等のポータブルゲーム機でよく遊ぶ
    • 外出時に気軽に持ち運びできるゲーミングイヤホンを探している

     

    主にこういった方々におすすめのイヤホンです。

     

    カナル型の圧迫感が苦手な方や、ヘッドセットの頭部の締め付けに負担を感じている方にもピッタリな選択肢だと言えるでしょう。

     

    REOTAN
    わたしも泊りがけの際には「Switch + 本製品」で運用することが多々あります。ケースも頑丈なので持ち運びも安心ですよ。皆さんもぜひお試を!

     

     

     

     

    【Amazonチャージで最大2.5%還元】

     

    Amazonでのお買い物にはAmazonチャージがおすすめ! ご自身のアカウントへのチャージでもOK! チャージ額に応じてポイント還元が受けられるお得な利用方法です。

     

    【チャージ金額毎の還元率】

    チャージ金額通常会員プライム会員
    90,000円~2.0%2.5%
    40,000円~1.5%2.0%
    20,000円~1.0%1.5%
    5,000円~0.5%1.0%

     

    Amazonチャージ

     

    プライム会員になると限定のクレジットカードチャージにも対応。5,000円以上のチャージで何度でもポイント還元が受けられるお得なキャンペーンを実施中です。

     

     

     

     

     

     

      • この記事を書いた人

      REOTAN

      オーディオやガジェット・ゲーム関連のレビューを中心に行っています。 ユーザー目線を大切に「この情報知りたかった」と思ってもらえる記事を心掛けています。YouTubeでも情報発信しているのでこちらもぜひ!

      -ゲーム
      -, , ,