ゲーム

【完全解説】PS5で「MixAmp Pro TR」を使うための「3つの接続・設定・使い方」をレビュー

2021年7月3日

こんにちは、最近バンガロールにはまっているREOTAN(@REOTANnoheya)です!

 

今回はPS5でMixAmpを快適に使用するための「3つの接続・設定・使い方」について解説していきます。

 

MixAmpはAPEX等に代用されるFPSなどでゲームの臨場感・敵の足音や銃声と言った定位をつかむのに非常に有効的ではあるものの「MixAmpの接続方法や設定の仕方がよく分からない」と言う方も沢山いらっしゃると思います。

 

REOTAN
その気持ちよ~く分かります。情報が多すぎて、どれが正しい情報なのか分からなくなるんですよねw

 

本記事をご覧いただくことで

 

今回の記事で分かること

  • あなたに最適なMixAmpの接続方法
  • 接続方法別のMixAmpで使える機能
  • MixAmpの接続に必要な物

 

と言った点を把握することが可能です。わたしの利用環境を基に出来る限り分かりやすく解説していくので、ぜひ参考にしてみて下さい。

 

【現在の利用環境】

 

まずは情報整理という事で「MixAmpをPS5で利用するとそもそも何が出来るの?」と言う点について確認していきましょう!

 

【関連記事】

 

 

MixAmpをPS5に接続して出来る事

 

MixAmpはゲーム音・チャット音声を同時に出力可能なUSBアンプです。サウンド面でも最新の「Astro Audio V2オーディオシステム」を採用。旧モデルに比べ高音質・低ノイズのサウンドを実現しています

 

MixAmpをPS5に接続すると主に以下の4つの機能を活用することが可能です。

 

MixAmp+PS5で出来る事

  • 全体の音量を調整(左側のダイヤル)
  • ゲーム音・チャット音声を調整(右側のダイヤル)
  • Dolbyサラウンド
  • 調整可能な4つのイコライザー

 

 

 

特にAPEXの様なFPSユーザーの場合、友人とVCをしながら遊ぶことも多いと思います。そういった時にこれらの機能は非常に効果的と言えるでしょう。

 

REOTAN
ゲーム音・VC音声のバランスを調整できるのはホントに便利!ゲームによって音のバランスって結構違ってくるので、そうした時にダイヤルを「クルッ」と回すだけで調整できるのはめちゃんこ楽なんです

 

 

ただし注意しなければいけないのが「MixAmpの接続方法によっては機能の一部・または全部が使えなくなる」と言った点。この辺りがMixAmpの難しいところともいえます。

 

次の章では3つの接続方法と共に「メリット」・「デメリット」について解説していきます。一つずつ確認していきましょう!

 

 

 

 

PS5とMixAmpを「USBケーブルのみ」で接続

 

①USBの接続方法

 

まず一つ目がMixAmpをUSB接続のみでPS5と接続する方法です。光デジタルケーブルや音声分離器なども必要ないので、配線も一番スッキリする接続方法です。

 

【USBのみの接続図】

 

②PS5側の設定方法

 

①マイク→入力機器でUSBヘッドセット(Astoro MixAmp Pro)を選択

 

②音声出力→出力機器も同様にUSBヘッドセット(Astoro MixAmp Pro)を設定

 

③ヘッドホンへの出力で「すべての音声」を選択します

 

④音声フォーマットは「Dolby」を選んでください

 

設定は以上で完了です。

 

REOTAN
USB接続の場合は「すべての音声」を選択しないとヘッドセットでサウンドを聞くことが出来ません。音が出ない場合はしっかり選択されているか確認しましょう

 

③USB接続のメリット・デメリット

 

 

USB接続のメリット

  • PS5の3Dオーディオ機能を使うことが出来る
  • 全体の音量を一括調整する事が出来る
  • USBをつなぐだけのかんたん接続

 

この接続方法だとPS5の目玉機能でもある「Tempest 3Dオーディオ」を利用することが可能です。全体の音量もMixAmp側で一括管理することが出来るので、一番シンプルにMixAmpを利用する方法だと言えるでしょう。

 

 

USB接続のデメリット

  • Dolbyサラウンド機能が使えない
  • イコライザー機能が使えない
  • ゲーム音・VC音声の調整(ミキシング)が利用できない

 

MixAmpの目玉機能でもあるサラウンド・イコライザー機能などを使うことが出来ません。ゲーム音・VC音声の調整もすることが出来ないので、MixAmpの機能をフル活用できないのが残念なところです。

 

 

 

④使用してみた感想

 

 

コントローラー直挿しと比較すると少しだけこもった様な音質の印象を受けました。定位感に関しては大きな差は感じませんでした。

 

参考までに純正3Dヘッドセットと比較すると

 

  • サウンド全体の広がり
  • 全体的な迫力

 

に関してはUSB接続でMixAmpを使用した方が上回る印象でした。

 

REOTAN
ただしこの辺りは皆さんがお使いのヘッドセットによっても印象がだいぶ変わってきます。あくまでも参考程度にとどめておいてください

 

 

【関連記事】

これ即買い「PS5純正 3Dワイヤレスヘッドセット(CFI-ZWH1J)」評価・レビュー

こんにちは、REOTAN(@REOTANnoheya)です!   今回はPS5純正品の「PULSE 3D ワイヤレスヘッドセット」をレビュー! ほぼ遅延のないワイレス環境を実現し、フカフカの ...

続きを見る

 

 

⑤こんな人におすすめ

 

 

  • ソロプレイを中心に遊んでいる
  • VCはほとんどしない
  • 将来的に活用予定ではあるものの、まずはどんな感じが触れてみたい

 

現在ソロプレイを中心に遊んでいる方や将来的にMixAmpを活用予定の方におすすめです。

ただしMixAmpの能力はほとんど発揮できないので、出来るだけ早い段階で別の接続方法に移行すると良いでしょう。

 

 

PS5とMixAmpを「音声分離器」で接続

 

 

①音声分離器の接続方法

 

音声分離器を使用し、映像をHDMI・音声を光デジタルケーブルで出力する方法です。光デジタル出力のないPS4でも利用できるので、最もポピュラーの接続方法だと言えるでしょう。

 

【音声分離器の接続図】

 

②PS5側の設定

 

続いてPS5側で設定を行いましょう。

 

①入力機器でUSBヘッドセット(Astoro MixAmp Pro)を選択します。

 

②ヘッドホンへの出力に「チャット音声」を選択

 

③音声出力はHDMI機器(テレビ)を選択します。

 

④MixAmpはDolbyに対応している為、音声フォーマットを「Dolby」に設定します。

 

接続・PS5での設定方法はこれで完了です。

 

REOTAN
ヘッドホンへの出力が「すべての音声」になっているとMixAmpの一部機能が使えなくなるので必ず「チャット音声」に設定しておきましょう

 

【音声分離器はこちらの記事で解説中です】

 

 

③音声分離器のメリット・デメリット

 

 

音声分離器のメリット

  • Dolbyサラウンドが利用可能
  • イコライザーが利用可能
  • ゲーム音・VC音声の調整が可能

 

音声分離器を使用するとMixAmpの機能をほぼフル活用することが可能です。

PCを持っていれば好みのイコライザーを設定・調整することも出来るので、サラウンドやイコライザーを付与しながら楽しくゲームをPLAYする事が可能です。

 

REOTAN
もちろんDolbyサラウンドのON/OFFにも対応しています。ゲーム音・VC音声の調整も出来るので、パーティを組んで頻繁に遊ばれる方にGoodな利用方法です

 

 

音声分離器のデメリット

  • PS5のTempest 3Dオーディオが利用できない
  • 音声分離器の購入が必要
  • 配線が乱雑になりがち
  • HDMI2.1(4K/120㎐)への対応は不可

 

前提としてPS5の3Dオーディオ機能を使うことが出来ません。Dolbyサラウンドでも疑似的にサラウンド効果を得ることは出来ますが、この点はしっかり把握しておくようにしましょう。

 

また音声分離器の購入が必須なため、金銭的な負担も必要となります。配線もこんな具合に少し乱雑気味になるので、設置場所の確保についても考えておくと良いでしょう。

 

 

 

音声分離器はHDMI2.1(4K/120㎐)には非対応

 

PS5はHDMI2.1に対応しているものの、2021年夏時点において多くの音声分離器はHDMI2.0(4K/60㎐)までの対応となっています。

 

そのため音声分離器を使用すると4K/120㎐出力を行うことが出来ません。まだ対応タイトルは少ないものの、最高画質で遊びたい方は注意が必要です。

 

 

 

 

④使用してみた感想

 

 

3Dオーディオは使えないものの、MixAmpの機能をほぼフルに使えるのは非常に便利だと感じました。

 

音質に関しても適宜DolbyサラウンドのON/OFFで切り替え可能ですし、イコライザー切り替えながら遊ぶことが出来るのも面白い機能だと言えるでしょう。

 

REOTAN
わたしは足音特化のイコライザーを導入して遊んでいます。近くの足音が掴みやすくなったので、これでAPEXも格段に強くなるはず…ハズ(;'∀')

 

 

⑤こんな人におすすめ

 

 

 

  • Dolbyサラウンドを活用したい方
  • 頻繁にパーティを組んで遊ばれる方
  • ゲーム音・VC音声を調整できる機能が必須な方

 

パーティを組んで頻繁にVCを利用する方に一番おすすめの接続方法でしょう。ゲーム音とVCの音量を調整できるのは本当に便利なんです。

 

逆に言えばソロプレイの方には恩恵が少ないかもしれません。ソロプレイがメインの方は次に紹介する「USB-DDC」を利用した接続方法をぜひ試してみて下さい。

 

 

【関連記事】

 

 

PS5とMixAmpを「USB-DDC」で接続

 

 

①USB-DDCの接続方法

 

最後にご紹介するのがUSB-DDCを使用して接続する方法です。DDCとは「デジタル to デジタルコンバーター」の略称で、USBに入力されたデジタルデータをS/PDIF(音声のデジタル規格)に変換してくれる便利なアイテムです。

FX-AUDIO FX-D03J

 

DDCについてここでは深く触れませんが、このFX-AUDIO FX-D03J「USB → 光デジタル+同軸デジタル端子」に変換することが可能です。入力側にUSB、出力側に光デジタル端子と同軸デジタル端子を搭載しています。

 

 

 

【USB-DDCの接続図】

 

PS5とはこの様に接続します。光デジタルケーブルを出力する形ですね。もちろん接続は背面側でもOKです。

 

 

REOTAN
このDDCを使うことで音声分離器を使用せずに光デジタルケーブル経由で音声出力することが可能になります。価格も音声分離器と同じくらい&接続も容易なので、個人的にもおすすめの接続方法です

 

 

 

②PS5側の設定方法

 

①入力機器はUSBヘッドセット(Astoro MixAmp Pro)を選択します。

 

②音声出力はUSBヘッドホン(NFJ USB Audio)を選択

 

③音声出力はヘッドホンへの出力「すべての音声」・音声フォーマットは「Dolby」を選択します

 

USB-DDCをPS5で利用する際の設定は以上で完了です。

 

【USB DDCはこちらの記事で解説中です】

 

③USB-DDCのメリット・デメリット

 

 

USB-DDCのメリット

  • PS5の3Dオーディオ機能を使うことが出来る
  • Dolbyサラウンドの利用が可能
  • イコライザー機能が利用可能

 

USB-DDCを経由して接続するとPS5の「Tempest 3Dオーディオ」とMixAmpの「Dolbyサラウンド」を利用することが可能です。両方の機能を利用したり、どちらか一方の機能のみ利用する事もOKです。

 

イコライザーを併用することも出来るのでサウンド面で最も自由度の高い接続方法です。

 

REOTAN
個人的にはサラウンドが二重にかかってしまうので、どちらか一方のみの使用がおすすめです。わたしは「3Dオーディオ:ON /  Dolbyサラウンド:OFF / 足音特化イコライザーを導入」して利用しています

 

 

USB-DDCのデメリット

  • ゲーム音・VC音声の調整(ミキシング)が利用できない
  • PS5のUSBを2口ふさいでしまう
  • USB-DDCの購入が必要

 

デメリットとしてはゲーム音・VC音声の個別調整が出来ない点が挙げられます。すべてのサウンドが一括して出力されるため、パーティ内でVCを頻繁に利用される場合は多少不便を感じるかもしれません。

 

また、接続の都合上USB-Aポートも二つふさいでしまいます。ユーザーによっては別途USBハブの導入が必要になる場合もあるので、予めPS5のUSB端子を確認しておくと良いでしょう。

 

 

④使用してみた感想

 

 

MixAmp使用時にも3Dオーディオとイコライザーが同時に使えるのが一番大きなメリットだと感じました。好みのイコライザーを使用して自分だけのサウンドを設定できるので、最もサウンド面で自由度の高い接続方法だと言えるでしょう。

 

REOTAN
3Dオーディオ+MixAmpのイコライザーを併用できるのはUSB-DDCを使用した接続方法だけなんです。

 

 

⑤こんな人におすすめ

 

 

  • ソロプレイを中心に遊ばれている方
  • 3Dオーディオ or Dolbyサラウンドを活用したい方
  • イコライザーも活用したい方
  • 自分だけのサウンドでゲームをPLAYしたい方(PCをお持ちの方)

 

ソロプレイを中心に遊ばれている方で、3DオーディオやDolbyサラウンドと共にイコライザーを使ってみたい方におすすめです。

 

PS5で自分だけのサウンドを楽しめるのはUSB-DDCならではの利用方法なので、興味のある方は是非体験してみて下さい。

 

 

 

 

まとめ

 

今回はPS5でMixAmpを快適に使用するための「3つの接続方法」を中心にレビューしてきました。ここで改めて各接続方法別の対応状況についておさらいしてみましょう。

 

「MixAmpで使える機能」

USB音声分離器USB-DDC
PS5 3Dオーディオ×
Dolbyサラウンド×
イコライザー機能×
ゲーム音・VC音声のバランス調整××
HDMI2.1(4K/120Hz)対応×
必要機器特になし音声分離器・HDMIケーブルUSB-DDC

 

こうして表にして比較すると接続方法によって使える機能がだいぶ異なっているのが分かるかと思います。ご自身で「MixAmpのどの機能を重視するのか?」を予め決めておくことで、最適な接続方法を見つけることが可能です。

 

REOTAN
「日ごろからソロプレイが中心」「VCをよく利用する」など、PLAYスタイルによってMixAmpの使い勝手は大きく変わってきます。是非今回の記事を参考に快適なゲームライフをお過ごし下さい

 

 

 

 

 

【Amazonチャージで最大2.5%還元】

 

Amazonでのお買い物にはAmazonチャージがおすすめ! ご自身のアカウントへのチャージでもOK! チャージ額に応じてポイント還元が受けられるお得な利用方法です。

 

【チャージ金額毎の還元率】

チャージ金額通常会員プライム会員
90,000円~2.0%2.5%
40,000円~1.5%2.0%
20,000円~1.0%1.5%
5,000円~0.5%1.0%

 

Amazonチャージ

 

プライム会員になると限定のクレジットカードチャージにも対応。5,000円以上のチャージで何度でもポイント還元が受けられるお得なキャンペーンを実施中です。

 

 

 

 

 

 

 

  • この記事を書いた人

REOTAN

オーディオやガジェット・ゲームが大好きな30代の♂です。妻と長男・愛犬の4人?家族で楽しぐ過ごしています。
おかげさまで月間11万PVを継続中!
ユーザー目線を大切に
「あっ、この情報知りたかった!」
と思ってもらえる記事を心掛けています。

-ゲーム
-, , ,

© 2021 REOTANの部屋 Powered by AFFINGER5