【レビュー】Amazfit Active 大人気GTS 4 Miniが超進化!最新スマートウォッチがおすすめすぎた

【PR】製品提供を受けて記事を作成しています

Amazfitから最新スマートウォッチが発売されました!それがこちらの「Amazfit Active」という製品です。

大人気シリーズの「GTS4」「GTS 4 Mini」の実質的な後継モデルとなっており、新たに「Amazfit Active」へと名称変更されました。

ちなみにGTS 4 Miniは、日本での累計販売台数が「3万台突破」した超大人気スマートウォッチです

本記事ではそんな「Amazfit Active」を徹底レビュー。GTS 4 Miniとの違いや、デザイン・新機能などを中心にまとめていきます🙋

Amazon限定「Active06」の利用で5%OFF!
有効期間:12月6日 ~ 2024年5月31日まで

※上記公式店舗以外でのご購入の場合、並行輸入品や模造品の場合があります。
その場合はメーカー保証対象外となりますので、必ず上記公式店舗よりご確認ください。

目次

Amazfit Activeについて

・彩り豊かな3カラー展開

Amazfit Activeでは「Midnight Black」「Petal Pink 」「Lavender Purple」の3カラーを展開。老若男女問わず、利用シーンに合わせたチョイスが可能です。

モデル Midnight Black Petal Pink Lavender Purple
価格(税込) 21,900円 23,900円
発売日 2023年12月6日

※価格は公式オンラインストア(2023年12月6日時点)

カラーリング以外にベルトの材質が異なっており「Midnight Black」「Petal Pink 」ではシリコンバンドを採用。

Lavender Purple」は、よりファッショナブルなレザー素材が採用されています。

Amazfit公式サイトをチェック

・力強いZepp OS2.0を搭載

スムーズな操作と低消費電力に定評のあるZepp OS2.0を搭載。

50以上のミニアプリにも対応しているため、その都度必要なアプリをインストールすることが出来ます。

・14日間使えるロングバッテリー

バッテリー容量300mAhを搭載し、標準的な使用で14日間使えるロングバッテリーを実現しています。

充電も約2時間で完了

体感では1日あたり6~10%ほど減る感じかな?

省電力モードに切り替えれば、なんと30日間も使えちゃいます。スマホと連動したDND(お休みモード)も利用可能です

・初期設定にはZeppアプリが必要

本製品の利用には「Zeppアプリ」との連携が必要です。

利用手順

  1. スマホにZepp アプリをインストール
  2. スマートウォッチの電源をON
  3. ウォッチに表示されるQRコードをスマホで読み込む
  4. 必要に応じてFWのアップデートを行う

※手動でのBluetooth接続も可能です

Zepp

Zepp
開発元:Huami Inc.
無料
posted withアプリーチ

GTS 4 Miniからの主な進化ポイント

大人気GTS 4 Miniとの違いをサクッとまとめるとこんな感じ。新たにレディネスやZepp Coach ™ ・Bluetooth 通話に対応するなど機能面が大きくパワーUPしました。

左:Amazfit Active / 右:GTS 4 Mini

GTS 4 Miniからの主な進化ポイント

  • 1.75インチ HD AMOLED ディスプレイ
  • 心身の健康を分析するレディネス
  • Zepp Coach ™ によるAIトレーニングガイダンス
  • Bluetooth通話
  • 音楽ストレージ内蔵。単体での音楽再生が可能
  • 円偏波アンテナ技術による位置精度の向上
  • トラックランモード
  • ルートインポート機能

【スペック比較表】
進化ポイントは赤文字で表記

Amazfit Active モデル GTS 4 Mini
3カラー カラー 4カラー
42.36×35.9×10 .75mm サイズ 41.8 x 36.66 x 9.1 mm
24g / 27g(ラベンダーパープル) 重量 19g
1.75インチHD AMOLED ディスプレイ ディスプレイサイズ 1.65インチHD AMOLEDディスプレイ
73% 画面占有率 70.2%
390x 450 / 341 解像度 / PPI 336×384 / 309
2.5D強化ガラス
指紋防止コーティング
タッチスクリーン 強化ガラス+指紋付着防止コーティング
5ATM 防水 5ATM
アルミニウム合金+プラスチック
ステンレススチール+ プラスチック(ラベンダーパープル)
ボディ素材 アルミニウム合金+ プラスチック
300mAh バッテリー容量 270mAh
マグネット式 充電方法 マグネット式
2時間 充電時間 2時間
20㎜ ベルト幅 20㎜
標準的な使用で14日間 使用時間 標準的な使用で15日間
Bluetooth5.2 接続 Bluetooth5.2
5衛星測位システム
(GPS, GLONASS, Galileo, BDS, QZSS)
円偏波アンテナ技術
位置情報 5衛星測位システム
(GPS, GLONASS, Galileo, BDS, QZSS)
シングルバンド
レディネス
ZeppCoach ™
Bluetooth通話
〇(250MB) 音楽ストレージ
トラックランモード
ルートインポート・ナビゲーション
スポーツ中の音声通知
Android 7.0 /  iOS 12.0 以上 対応デバイス Android 7.0 /  iOS 12.0 以上
Zepp OS2.0 OS Zepp OS2.0
Zeppアプリ アプリ Zeppアプリ
各機能については後ほど紹介していきますね🙋

Amazfit Activeのデザイン

・パッケージ内容

外箱は立体的でおしゃれなパッケージ。

内容物として、ウォッチ本体・充電ケーブル・説明書が同封されています。

・スクエア型の1.75インチHD AMOLEDディスプレイ

ウォッチ本体は、アルミニウム合金のミドルフレームを採用。側面にはウォッチとほぼフラットな形で、サイドボタンが搭載されています。

サイドボタン一つだけのシンプルなデザイン

ディスプレイは1.75インチHD AMOLEDディスプレイを搭載。画面占有率が73%をほこるため、画面の隅々まで情報を表示してくれます。

解像度:390x 450 / PPI:341

2.5D強化ガラスのおかげで、適度な丸みを帯びた優しい質感を実現。

指紋防止コーティングも施されているため、耐指紋性に優れた抜群の使い勝手を実現しています。

指紋が目立ちにくいディスプレイ

アプリ表示も好みのスタイルが選択可能で「9ボックス」「クラシック」の2パターンから選ぶことが出来ます。

9ボックス

クラシック

個人的には、慣れないうちはクラシックでの利用がおすすめ。慣れてきたら9ボックスに変更すると、より使いやすくなりますよ!

操作性も優れており上にスワイプするとLINEや各種アプリの通知、下スワイプで各種設定画面を表示。

左右のスワイプではショートカットカードを表示したり、天気予報や音楽操作などが利用出来ます。

重さはバンド込みで約36gほど。サイドボタンの出っ張りがないため、女性の細い腕でもボタンが触れることなく装着可能です。

バンドは内側に巻き込むタイプ

バンドは20㎜のシリコンバンドを採用。クイックレバー式のシンプルなデザインです。

公式ショップでは様々な替えバンドが発売されています。価格も1,000円程~と比較的お手ごろなので、利用シーンに合わせて付け替えるのもおすすめ!ガチャ要素のある「替えバンド3本セット」も面白いですよ🙋
【レビュー】Amazfit 替えバンドガチャ | GTR4におすすめ!お楽しみ替えバンド3本SETが楽しかった

続きを見る

ちなみにGTS 4 Miniとのデザインの違いはこんな感じ。サイドボタンの出っ張りがなくなった分、よりシンプルな見た目へと仕上がりました。

左:Amazfit Active / 右:GTS 4 Mini

Amazfit Activeで出来ること

・レディネスに対応(新機能)

肉体的・精神的な回復状況を知らせてくれるレディネスに対応しました。

毎朝の起床時に心拍数やストレス・睡眠時の呼吸の質等に基づいた「肉体的・精神的な回復状況」をスコア化して表示。自身の健康管理に大いに役立てることが出来ます。

アプリではより詳細にデータを表示

このレディネス、先日発売されたフラグシップモデルの「Amazfit Balance」にも搭載された今一押しの新機能です!自分では分からない身体・メンタルの回復具合が分かるので、日々の健康管理に大いに役立ってくれます

-関連記事-

【レビュー】Amazfit Balance | 心とからだを整える最新スマートウォッチ!体組成測定も出来ておすすめ

続きを見る

・AIを活用したZeppコーチ(新機能)

Zeppコーチとは、自分専用のAIパーソナルトレーナーのこと。ユーザーの状況に合わせたトレーニング調整や休息頻度を提案してくれる便利な機能です。

初期設定は、Zeppアプリ内の「Zeppコーチ」から運動目的やユーザー情報を設定するだけ。予めトレーニング日時を指定することも可能です。

設定後は、予定日時になるとウォッチが自動でリマインド。運動データはアプリ内へドンドン蓄積されていきます。

その後はAIがトレーニング頻度を増やしたり、疲労が蓄積している場合は逆に休息などを提案してくれます。自分の感覚ではなく、AIを通じた科学的案アドバイスを行ってくれるため、より効率的なトレーニングを行えます

-関連記事-

【レビュー】Amazfit Cheetah | AIコーチング搭載!Amazfit初のランナー向けスマートウォッチ

続きを見る

・Bluetooth通話に対応(新機能)

Amazfit Activeでは新たにマイクとスピーカーを搭載GTS 4 Miniでは出来なかった「ウォッチ単体での受発信」が利用可能となりました!

ウォッチ単体で通話可能です
(※スマホとはBluetooth接続している必要があります)

・音楽ストレージ機能を搭載(新機能)

新たに250MBの音楽ストレージが内蔵されました。

容量的には大きくないものの、MP3ファイルが約50曲ほど保存可能です。スマホいらずで音楽が楽しめるため、ウォーキングやワークアウト中の利便性がグッ↑と向上しました。

※1曲5MB換算の場合

詳しい取り込み方は「楽曲の取り込み方」で解説されています

・円偏波アンテナ技術による高度な測位精度(新機能)

Amazfit Activeでは「GPS, GLONASS, Galileo, BDS, QZSS」といった5つの衛星測位に対応。

信号ロスの少ない円偏波アンテナ技術を採用することで、ほぼ100%の信号が拾える高度な測位精度を実現しました。

信号待ちの状態や、歩く速度までしっかりと計測

また、ルートインポート機能やリアルタイムナビゲーションにも新対応。ランニングや登山といった「ちょっとガチ目のスポーツシーン」でも活用出来るようになりました。

Amazon限定「Active06」の利用で5%OFF!
有効期間:12月6日 ~ 2024年5月31日まで

・ヘルスケアの24時間モニタリング

従来機種と同様に「心拍数」「血中酸素濃度」「ストレスレベル」といった健康データの24時間モニタリングにもしっかりと対応。

上記の3つの指標を45秒で一度に計測できるワンタップ測定にも対応しています。

わずか45秒で一度に計測

・睡眠モニタリング

ウォッチを付けたまま寝るだけで、睡眠時間や心拍数・呼吸の質などを自動計測。「睡眠の質」を毎日計測してくれます。

また、夜勤の多い方に便利な睡眠スケジュール作成にも対応。自身の睡眠リズムに合わせたスケジューリングが可能です。

仮眠もしっかりカウントしてくれますし、起床後にその日のデータを教えてくれるモーニングアップデートも配信してくれますよ

・120種類以上のスポーツモードを搭載

ウォーキングや水泳・筋トレといった120種類以上のスポーツモードを搭載しています。筋トレ、ヨガなどの自由なワークアウトにも対応しています。

また、下記7つのスポーツに関してはウォッチが自動で動きを認識。ウォッチを操作することなく、素早くワークアウトに取り組むことが出来ます、

7つのスポーツ

  • ウォーキング
  • 屋内ウォーキング
  • 屋外ランニング
  • トレッドミル
  • 屋外サイクリング
  • エリプティカルマシン
  • ローイングマシン

さらには、各ラップの詳細なデータを取得できる「トラックランモード」にも対応。運動中のデータはスピーカー(TWS)を介して、ライブ通知を受け取ることも出来ます。

(※英語,中国語のみ)

Google FitやApple Health、adidas Runningなどのサードパーティ製フィットネスアプリとも接続可能です。

対応アプリ・サービス

  • adidas Running
  • Strava
  • Komoot
  • Relive
  • Apple Health
  • Google Fit

etc…

・ウォッチフェイスの変更も自由自在

Zeppアプリを利用すれば、

  • 100以上のウォッチフェイス
  • 13の編集可能なウォッチフェイスとウィジェット
  • オリジナル写真を利用したカスタマイズ

などが利用可能です。

ウォッチに3枚の写真をアプロードし、ディスプレイを起動するたびに写真を切り替えてくれる「ポートレートウォッチフェイス」にも対応しました。

この機能、なかなか楽しい

・LINEやSMSの受信もOK

毎日欠かすことの出来ないLINEやSMSの受信もOKです。

例えばLINEではこの様に表示。ディスプレイがスクエア型のため、4隅が途切れることなく確認出来るのが嬉しいところ。

スタンプ・画像の表示は非対応

SMS受信に加え、インスタやX(Twitter)等のSNSの通知を受け取ることも出来ます。

Androidのみにはなりますが、作成した定型文を返信することも可能です。早くiPhoneでも利用出来る様にならないかな…

・その他の基本機能も充実

  • Amazon Alexaの活用
  • メディアコントロール
  • カレンダー / To Doリスト
  • ポモドーロタイマー
  • 音声メモ
  • 月経周期の追跡
  • 新しい呼吸機能
  • 会員カード
  • 天気予報
  • アラーム / ストップウォッチ
  • リモート撮影(iOSのみ)
  • スマホを探す
  • 座りすぎリマインダー
  • DNDモードの同期
  • モーニングアップデート
  • etc…
日常生活で必要とされる機能はほぼ全て網羅しています。ミニアプリを追加することも出来るので、自分好みにカスタマイズするのも面白いですね

Amazfit Active レビューまとめ

今回はGTS4 / GTS 4 Miniの後継シリーズにあたるAmazfit Activeをレビューしてきました。

こんな人におすすめ

  • 日常生活でスマートウォッチを活用したい
  • 心身の健康や睡眠、運動データなどを正確に把握したい
  • 女性でも使いやすいスマートウォッチが欲しい
  • LINEの受信やBluetooth通話機能が必須

こういった方にはドンピシャとも言えるスマートウォッチです。

GTS 4 Miniから無理に買い替える必要はありませんが、昨今の円安状況を加味しても「最低限の値上げにとどまった」モデルだと言えます。

レディネスやZeppコーチにも対応しましたし「いま狙うべき一台」なのは間違いないかなって感じですね。

YouTubeでもレビューしていますので是非こちらもチェックしてみて下さいね。それではまたー!

Amazon限定「Active06」の利用で5%OFF!
有効期間:12月6日 ~ 2024年5月31日まで

-YouTubeでもレビュー中-

12月6日18時にUP予定です!

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

オーディオやガジェット・ゲーム関連のレビューを中心に行っています。
「この情報が知りたかった」と思ってもらえる記事を心掛けています。YouTubeでも情報発信しているのでこちらもぜひ!
※当サイトはアフィリエイトによる収益を受けています。

目次