オーディオ

【SONY WF-XB700の感想・レビュー】 重低音が響くワイヤレスイヤホン

2020年7月23日

こんにちは、REOTAN(@REOTANnoheya)です!

 

今回はSONYのワイヤレスイヤホン「WF-XB700」についてレビューしていきます。

EXTRA BASSシリーズと言うこともあり「迫力のある低音」が魅力の本機。最大18時間の長時間バッテリーやIPX4相当の防滴性能にも対応。

ワイヤレスでも音質や低音に妥協したくないユーザーに人気のイヤホンです。

 

 

ちなみに普段使用しているイヤホン・ヘッドホンはこちらのアイテム。 TPOや気分に応じて使い分けています。

 

普段使用しているアイテム

 

基本的にSONYのイヤホン・ヘッドホン好きなわたしがレビューしていきます

 

こんな方におすすめです

  • ワイヤレスイヤホンの購入を検討中の方
  • 低音が響くイヤホンを探している
  • WF-XB700」の音質や使用感を知りたい

 

まずは、「WF-XB700」の主な仕様を見ていきましょう

 

WF-XB700の仕様

 

WF-XB700」の主な仕様をまとめてみました。

 

形式密閉ダイナミック型
ドライバーユニット12㎜
有効周波数帯域50 Hz - 8,000 Hz
Bluetooth規格Bluetooth標準規格Ver. 5.0
コーデックSBC・AAC
重さ約8.0 g x 2
再生可能時間9時間(ケースとの併用で18時間)
充電時間2.5時間
充電方式USB-C
防水・防滴性能IPX4

 

12㎜とワイヤレスタイプの中でも大口径のドライバーを採用。AACにも対応しているのでiPhoneでも高音質・低遅延で音楽を楽しむことが可能です

 

【JVC HA-A50T感想・レビュー】コスパ抜群のNC対応ワイヤレスイヤホン!

続きを見る

 

WF-XB700の外観・内容物

 

続いて外観・デザイン周りを見ていきましょう。

 

①WF-XB700に含まれている物

 

外箱を開封するとイヤホン・充電ケースが収納されています。厚手の段ボール紙で覆われており、「ちょっと高い商品買ったな」という所有欲を満たしてくれます。

 

左側の緩衝材の部分に跡が付いて顔の様になってるのがなんともカワイイ(^^;

 

内容物は以下の物で全てです。イヤーピースもサイズ別にしっかり入っています。

 

  • イヤホン本体
  • 充電ケース
  • イヤーピース
  • 充電用USB-Cケーブル
  • 説明書類

 

②WF-XB700 イヤホン本体

 

イヤホン正面には「SONY」のロゴが印字。なお、「WF-XB700」はタッチセンサーではなくサイドにボタンを配置する設計になっています。

 

音量調整や曲送り等の操作は側面についている「ボタン」で操作を行います

 

<ボタンの操作方法>

左側(L)右側(R)
1回押し音量上げ再生/停止/受話
2回押し/曲送り
3回押し/曲戻し
長押し音量下げsiri等を起動

 

実際のサイズ感は手のひらに乗せるとこの様な感じに。12㎜のドライバーを搭載していることもあり、サイズ・重量共に若干大きめの印象です。

 

参考までに手持ちにあるワイヤレスイヤホンと大きさを比較してみました。

 

左から下記の順で並んでいます。

 

 

こうして並べてみると「WF-XB700」は重厚感がある印象ですね

 

ですが大きめのサイズとは裏腹にフィット感はとても良好。人間工学に基づいた「エルゴノミック・トライホールド・ストラクチャー」を採用しているので、耳への安定感はかなりGoodです!

引用 : SONY公式ホームページ WF-XB700

 

2時間くらい本機で映画を見たりしましたが、フィット感が本当に〇! 耳への負担を感じる場面はありませんでした。

 

③WF-XB700の充電ケース

 

充電ケースは46gのコンパクトな軽量ケースを採用。丸みを帯びたかわいらしいデザインです。

 

充電は背面にある「USB Type-C」で充電を行います。

 

充電がUSB-Cで行えるのは好印象!

 

充電時には赤いランプが点灯0%からのフル充電は約3時間で完了します。

 

④充電ケースにイヤホンを収納

 

マグネットが内蔵されているので、「ペタッ」と吸い込むように収納可能です。イヤホンの取り出しもスムーズでストレスを感じることはありません。

 

ケースから取り出しによる「電源ON/OFF」にも対応。 最後に接続したデバイスとも自動的に接続してくれます

 

  • ケースから取り出す → 自動的に接続
  • ケースにしまう   → 接続を切断し充電を開始

 

【JVC HA-A7T 感想・レビュー】これは安い!コスパに優れた最新ワイヤレスイヤホン

続きを見る

【SoundLiberty 97感想・レビュー】価格破壊のワイヤレスイヤホン

続きを見る

 

WF-XB700のペアリング方法

 

①WF-XB700は手動によるペアリングが必要

 

WF-XB700」はNFCが搭載されていないのでペアリングの際は、手動によるペアリングが必要になります。

 

ペアリング方法

  1. デバイス側でBluetoothを「ON」にする
  2. イヤホン左右のボタンを7秒押し続ける
  3. イヤホンがペアリングモードに入る
  4. デバイス側でペアリング

 

ペアリング操作は何も難しくないので落ち着いて行いましょう

 

②マルチペアリング対応

 

最大8台までのマルチペアリングに対応しているので、複数機器での使い分けの際もとても便利に使えます。

引用 : SONY公式ホームページ WF-XB700

 

③日本語のアナウンスが分かりやすい

 

ペアリング完了後、デバイスと接続すると日本語でアナウンスを行ってくれます。ケースから取り出すと、「電源が入りました・バッテリー残量~%」と日本語で女性がアナウンスしてくれます。

 

装着時にバッテリー残量や接続状況を伝えてくれるのは、地味だけどすごく助かる機能。 長時間接続しないと自動的に「電源OFF」にもしてくれます。

 

WF-XB700の音質

 

下記の楽曲・環境で音質を検証してみました。

 

再生機器・楽曲

※リンクはYouTubeのものです。

 

あくまでも個人的な感想です。聞こえ方には個人差があるのでその点はご了承ください。

〇は良かった点、△は気になった点を表しています。

 

WF-XB700の音質

  • 〇ワイヤレスイヤホンとは思えない重低音
  • 〇中低音を中心とした音作りでロック好きには◎
  • 〇高音や女性の高い声もキンキンしないので聞き疲れない
  • 〇解像度も良く、楽器もバランスよく聞こえる
  • 〇装着感はかなり良い
  • △8gの重さと大きめのサイズ感
  • △シンバルや高音域の伸びが少し窮屈に感じる場面も

EXTRA BASSとネーミングが付いている通り、迫力の重低音が魅力のワイヤレスイヤホンです。低音を中心とした解像度も高く、決して「低音の量」だけで表現するようなイヤホンではないのは確かです。

 

低音モリモリでバランス崩壊してるイヤホンではありません。

 

中高音域についても少し音場が窮屈に感じる場面があるものの、低音とのバランスのとり方が非常に優秀なので物足りなさを感じる場面はありません。ロックやオルタナ系・J-POPを中心に聴かれる方にピッタリです。

 

今回視聴した中だと「誘惑」・「WORLD DOMINATION」など曲と相性が良いと思います。

 

女性ボーカル曲やボカロ・オーケストラ等を中心に聞かれる方は、一度視聴してからの方が良いかもしれません

 

 

WF-XB700の気になる点

 

気になる点

  • aptXやLDACに対応していない
  • 8gの重さと大きめのサイズ感

 

ちょっと欲張りすぎな気もしますが、aptXは対応して欲しかったのが本音。特にアンドロイド端末を使用中の方だと、遅延が気になる方も多いでしょう。音ゲーで利用予定の方は注意が必要です。

 

また、サイズ感に関しても一般的なワイヤレスイヤホンより少し大きめ。サイズも少し大きめなので、耳の小さい方だと頭でっかちに見える可能性もあります。

 

WF-XB700の気に入った点

 

気に入った点・メリット

  • 耳への収まり具合がかなり良い
  • 低音が何より心地良い
  • IPX4相当の防滴性能でちょっとした水濡れも安心
  • イヤホンのみでも最長9時間再生のロングバッテリー
  • 10分充電→60分使用可能の急場しのぎも便利

 

気になる点と相反する部分ではありますが、このサイズ感ながら耳へのフィット感は本当に良いです。ヘドバンでもしない限り落ちてくることもないでしょう。

長時間再生可能なロングバッテリーなのも〇。IPX4相当の防水性能にも対応しているので、濡れた手で操作できるのも主婦の方にも嬉しいポイントですね。

 

WF-XB700はこんな人におすすめ

 

 

WF-XB700はこんな人におすすめ

  • 低音がしっかり鳴るワイヤレスイヤホンを探している方
  • ロック・オルタナ・J-POP等を中心に聴く方
  • 予算をあまりかけず10,000円位で購入予定の方
  • 長時間再生のロングバッテリーに魅力を感じる方
  • SONYのブランド力に魅力を感じる方

 

元々わたしがロック好きと言うこともあり、「WF-XB700」は正直大好きな音。ドンシャリではあるものの、豊かな低音とバランスの良い音質を両立したい方におすすめです。

 

WF-XB700のまとめ

 

 

今回は「WF-XB700」について解説してきました。何と言ってもSONYのワイヤレスイヤホンが10,000円前後で買えるのは嬉しいポイントですね。

 

ワイヤレスタイプでも妥協せず低音を楽しみたい人にピッタリのこちらのイヤホン。有線イヤホンからの移行でも違和感なく使えると思いますよ('ω')ノ

 

 

 

【Amazonチャージで最大2.5%還元】

 

Amazonでのお買い物にはAmazonチャージがおすすめ! ご自身のアカウントへのチャージでも大丈夫です。 チャージ額に応じてポイント還元が受けられるお得な利用方法です。

 

【チャージ金額毎の還元率】

チャージ金額通常会員プライム会員
90,000円~2.0%2.5%
40,000円~1.5%2.0%
20,000円~1.0%1.5%
5,000円~0.5%1.0%

 

Amazonチャージ

 

プライム会員になると限定のクレジットカードチャージにも対応。5,000円以上のチャージで何度でもポイント還元が受けられるお得なキャンペーンです。

 

 

  • この記事を書いた人

REOTAN

オーディオやガジェット・ゲームが大好きな30代の♂です。妻と長男・愛犬の4人?家族で楽しぐ過ごしています。
おかげさまで月間12万PVを継続中!
ユーザー目線を大切に
「あっ、この情報知りたかった!」
と思ってもらえる記事を心掛けています。

-オーディオ
-, ,

© 2021 REOTANの部屋 Powered by AFFINGER5