iPad・iPhone

【性能比較】「iPad第8世代」と「iPadAir第4世代」をレビュー

    こんにちは、REOTAN(@REOTANnoheya)です!

     

    日本時間9月16日に開催されたAppleのイベントで新型のApple WatchやiPad第8世代・iPadAir第4世代(以下、iPadAir4)の発表がされました。

     

    前回はiPadAir4とiPadAir3の違いやiPadAir4の進化ポイントを中心に性能比較記事をUPしました。今回の記事では新しく発表されたiPad第8世代とiPadAir4の性能比較を中心にまとめていきたいと思います!

     

    こんな人におすすめの記事

    • iPad第8世代の進化ポイントを知りたい方
    • iPadAir4の進化ポイントを知りたい方
    • iPad第8世代とiPadAir4のどちらを買えばよいか迷っている方
    • 買い替えを検討している方

     

    どっちを買おうか悩んでる人に参考になれば嬉しいです!

     

    <関連記事>

    【実機解説】iPadAir4を徹底レビュー‼iPadAir3との違いも検証

    続きを見る

    【性能比較】進化したiPadAir第4世代とiPadAir3をレビュー

    続きを見る

     

     iPad第8世代の特徴・進化したポイント

     

    前モデルに当たるiPad第7世代(2019年版)からの進化ポイントはズバリ「CPUがA12に変更された」事に尽きるでしょう。そのほかの部分はほとんど変更がなかったと言って問題ないでしょう。

     

     

    A12チップに変更されたことによりこれまでよりも約40%の動作の高速化が図られています。性能がアップしたにも関わらず値段は据え置きの34,800円なので、かなりお買い得な機種なのは間違いないですね。

     

    A12チップはiPadAir3にも搭載されているチップで、カメラ性能やディスプレイサイズ等細かな違いはあるものの、ほぼiPadAir3と同性能の機種へと近づいたと考えて問題ないと思います。

     

    iPadAir3でもLumaFusionを使用してフルHDの動画編集や画像編集、Split View機能で2つのアプリを同時起動しても動作が重くなることはなかったので、今回のiPad第8世代でも同様に使うことが出来るでしょう。

     

    A12チップに変わったことでOSのサポート期間が延びた点も安心ですね

     

     

     

     iPadAir4の特徴・進化したポイント

     

    iPadAir4はiPadAir3に比べ大幅にパワーアップをしています。もはや「iPadProと呼んでも過言ではない」ほど進化ポイントが多いので、これまでの薄型のどっちつかずの存在だったiPadから見事に脱却を遂げています。

     

    詳しい特徴や進化ポイントについては前回の記事でまとめていますので、是非そちらをご覧いただければ幸いです。

    <関連記事>

    【性能比較】進化したiPadAir第4世代とiPadAir3をレビュー

    続きを見る

     

     価格・発売日

     

    <iPad第8世代> 発売日:9月18日

    •   32GB     →     34,800円(セルラーモデル49,800円)
    • 128GB     →     44,800円(セルラーモデル59,800円)
    • AppleCare  →      8,400円

     

     

    <iPadAir4>  発売日:10月23日

    •   64GB     →     62,800円(セルラーモデル77,800円)
    • 256GB     →     71,800円(セルラーモデル94,800円)
    • AppleCare  →      8,400円

     

    AppleCareについてはこちら→AppleCare+サポートページ

     

     カラー展開

     

    <iPad第8世代>

    • シルバー
    • スペースグレイ
    • ゴールド

     

    これまでと同様のカラー展開が用意されています。

     

    <iPadAir4>

    • シルバー
    • スペースグレイ
    • ローズゴールド
    • グリーン
    • スカイブルー

     

    これまでのカラー展開では見られなかったグリーンやスカイブルーと言った爽やかな色が用意されています。性能も進化してカラーでも他人と差別化を図れるのは良いですね。

     

     

    私はちなみにスカイブルーを購入しました!

     

     

     サイズ・重量

     

    <iPad第8世代>  250.6×174.1×7.5mm  重さ:490g

    前機種よりも数gだけ重くなっています。ただ個体サイズに変更はないので買い替えの方でもなにも違和感なく使うことが出来ると思います。ケースも使いまわしできるので良いですね。

     

    <iPadAir第4世代> 247.6×178.5×6.1mm 重さ:458g

    こちらもiPadAir3と比べ個体サイズに大きな変更はありません。一方ディスプレイが全画面へと変更されたので、これまでよりも作業のしやすさは格段に捗るでしょう。ケースが流用出来ないのは注意が必要です。

     

    ケースについてはこちらのレビュー

    【レビュー】ESR iPadAir4 ケース Pencilホルダー付きでおすすめ

    続きを見る

     

     

     iPad第8世代とiPadAir第4世代の性能比較表

     

    両機種の性能を表にまとめてみました。共に前機種から進化したポイントには赤文字で強調表示しています。

     

    製品iPadAir第4世代iPad第8世代
    CPUA14BionicA12Bionic
    RAM//
    画面サイズ10.9インチ10.2インチ
    画面解像度2360×16402160×1620
    ストレージ64GB/256GB32GB/128GB
    ディスプレイLiquid Retinaディスプレイ
    True Tone
    Retinaディスプレイ
    Appleペンシル第2世代第1世代
    イヤホンジャックなし有り
    Smart Connector有り有り
    メインカメラ12メガ(F値1.8)8メガ(F値2.4)
    インカメラ7メガ1.2メガ
    セキュリティTouchID(指紋認証)TouchID(指紋認証)
    端子USB-Cライトニング
    重さ 458g490g
    大きさ(高さ×幅×厚み)mm247.6×178.5×6.1mm250.6×174.1×7.5mm
    価格62,800円/71,800円(Wi-Fi)34,800円/44,800円(Wi-Fi)

     

    こうして見比べてみてもiPadAir4の進化っぷりが際立ちますね。一方iPad第8世代の方はA12チップの搭載のみにとどまっています。

     

     iPad第8世代がおすすめの人

     

     

    こんな人におすすめ

    • 出来るだけ費用を抑えてiPadを手に入れたい方
    • ネット・動画視聴が主な利用目的の方
    • 昨年、iPadAir3を検討していた方
    • フルHDまでの動画編集を行う方
    • お子さんの学習用に使って欲しい方

     

    価格も34,800円~と非常にコスパの良い機種に仕上がっています。重たいアプリのインストールをせず、ネットサーフィンや動画視聴が主な目的の方であればベストな一台と言えるでしょう。

     

    A12チップの搭載によりiPadAir3に匹敵する性能を有しているので、昨年価格面から購入を見送った方にもおすすめ。iPadAir3とほぼ同等の性能が3万円台で手に入るのはもはや驚愕です。

     

    フルHDの動画編集やAppleペンシルを使っての学習ノート作成にも最適な一台となっています。反面ライトニング端子で外部とのデータのやり取りが少し面倒なので、ストレージ管理の面を考えて予算が許せば128GBの方をおすすめします。

     

     

     iPadAir第4世代がおすすめの方

     

     

    こんな人におすすめ

    • iPadProの購入を検討したことがある方
    • 4K動画編集やRAW現像など重めのアプリを使用する方
    • カラーやデザインに魅力を感じる方
    • iPadAir3から買い替えを考えている方

     

    iPadAir4は最新のA14チップを搭載しており、これまで重たかった4K動画編集や画像処理など重たいアプリの動作もスムーズに行える用になりました。現状iPadProでもA13チップに留まっているので、性能面においてはかなりProに肉薄する存在と言えるでしょう。

     

    また、USB-Cの採用や上部に電源・指紋センサーを搭載したことにより、使い勝手の面でも向上しています。特にUSB-Cの採用により、外付けHDDやメモリなどと容易にデータの移動が出来るようになりました。仕事にエンタメにとヘビーに使いこなせる一台へと進化しました。

     

    iPadAir3はデータの移行が面倒だったので、これだけでも買い替える価値ありです

     

     まとめ

     

     

    今回は「iPad第8世代」と「iPadAir第4世代」の性能比較を中心にまとめてみました。

     

    第8世代に関してはこれぞiPad!と言える個体を維持しつつも正統進化した印象を受けました。iPadAir第4世代においても、これまでの中途半端な立ち位置から脱却してProよりのグレードへの進化した印象です。

     

    今回も最後までご覧いただきありがとうございました、REOTANでしたー!

     

    <関連記事>

    【実機解説】iPadAir4を徹底レビュー‼iPadAir3との違いも検証

    続きを見る

      • この記事を書いた人

      REOTAN

      オーディオやガジェット・ゲーム関連のレビューを中心に活動中です。講談社「マネー現代」にも寄稿記事を執筆しています。 おかげさまで月間12万PVを継続中! ユーザー目線を大切に「この情報知りたかった!」と思ってもらえる記事を心掛けています。

      -iPad・iPhone
      -, , , ,