iPad

【レビュー】ESR iPadAir4 ケース Pencilホルダー付きでおすすめ

こんにちは、REOTAN(@REOTANnoheya)です!

 

iPadAir4良いですよね~!私も毎日、趣味や仕事に大活躍中です。

 

ですが意外と悩むのが「iPadAir4のケースは一体どれが良いの?」と言う問題。純正品を買えばもちろん一番良いんですが、価格もちょっとお高め。そうすんなり「ポチッ」とするワケにはいかないのが正直なところ。

 

そんな中、私が今使用しているのがこちらの「ESR iPadAir4 ケース Pencilホルダー付き」と言う製品。iPadAir3の頃から使用しているESRの製品で、価格の割に耐久性もよかったので今回のiPadAir4でもESRのケースを選んでみました。

「ESR iPadAir4 ケース Pencilホルダー付き」

 

今回の記事ではこの「ESR iPadAir4 ケース Pencilホルダー付き」のレビューを中心に解説を行っていきたいと思います!

 

ケース選びって意外と難しいですよね( ;∀;)

 

ESR iPadAir4 ケースの外観

 

まずはケースの外観周りを見ていきましょう。今回購入したカラーは「ブラック」。

 

フロントカバーは非常に手触りの良いゴム製で作られており、触っているだけで気持ちが良いくらいです。加えて手持ちしても滑りにくく、グリップが効いているのも好印象です。

 

背面は柔軟性のあるポリマー素材で造られています。適度に弾力性がありながらもしっかり強度を保つ絶妙なフィット感です。

 

続いてカバー部分を見ていきましょう。

 

カバーは毛足の短いベロア?の様な素材になっています。その為少しホコリが付きやすい感じですが、ディスプレイに傷をつけるような素材では全くないので安心して使うことが可能です。

 

もちろんカバーの開閉でオートスリープのON/OFFも可能です

 

実際に手に取ってみると良くこの価格で実現できるな…ってくらいの品質です。

 

 

iPadAir4にESRのケースを実際に装着

 

今回使用するのは「iPadAir4/64GB/スカイブルー」です。今回のiPadAir4は全部で5カラーも展開されていてどれも素敵な色ですね(^^♪

 

実際にケースに装着するとこの様な感じに。背面ケースも弾力性があるので装着の際に苦労することはありません。「カシッ」としっかりはまるので、安定感も抜群です。

 

こんな感じでiPadAir4にもしっかりフィット! ブカブカしたり固くて心配になる…と言ったことも全くありません。

 

①ケースの付け根(ヒンジ部分)

 

ヒンジ(付け根)部分を撮影してみました。

 

カバーと背面ケース側でしっかり補強されているので、グラグラしたり貧弱な印象は皆無です。カバーだけを持って手持ちでブラブラ揺すってもずれ落ちてくることはありませんでした。(←絶対マネしないでねw)

 

このようにしっかりと密着して補強されています。

 

②ApplePencil収納ホルダー部分

 

ApplePencilを収納するホルダー部分を撮影してみました。

 

しっかりとペンケース型に型取りがされています。ペンを未収納時でも不安定感を感じたり、グニャグニャしたりすることはありません。ApplePencilを使わない方でも安心して利用することが可能です。

 

手持ちにApplePencil第2世代がなかったので、第1世代で代用して収納してみました。ペンシルの収まりも非常によく、勝手に落ちてきたりする心配もありません。ケース裏側から押してあげる事でペンシルを取り出すことが可能です。

ペンシル用の収納ケースを別途持ち運ばずに済むので、ApplePencilを常用して持ち運ぶ方はすごく重宝する収納ケースだと思います。

 

 

 

③カメラ(レンズ)部分

 

iPadAir4はこんな感じで意外とレンズが大きめ。それ故に背面からボコッっと出っ張っています。

 

裸で使おうとする人はレンズの破損に気を付けて下さいね。

 

ケースを装着するとこの様に溝にはまる感じでしっかりレンズを保護してくれます。ケースとレンズとの段差も1~2㎜位はある感じです。

 

④ボタンや端子部分

 

ケースを選ぶ上で非常に大切な操作ボタン・端子部分の切り抜きについて見ていきましょう。

 

画像はiPadAir4の上部を写したものです。左側の大きなボタンがTouchID兼用の電源ボタンです。見て頂ければわかる通り「バッチリ!」 穴の位置がずれたり干渉したりすることは一切ありません。

 

下部側ももちろんOK!もっと安価なケースだと充電端子と干渉してしまったりする物もありますが、このESRのケースは全く問題ありません。ケースを付けたままの充電も大丈夫です。

 

音量ボタンは全面保護された造りになっています。ペンシルホルダーの厚みだけiPadAir4本体の音量ボタンと距離が生じてしまうためですね。ですが音量調整は全く問題なし!押し心地も良くて普通に音量調整を行うことが可能です。

 

音量ボタン裏側はこんな感じ。「ボタンの裏にボタンがあってボタンを押す」という何とも不思議な造りになってますが、しっかり動作するので心配はありません。

 

 

 

⑤鑑賞モードとタイピングモード

 

動画視聴の際に便利な鑑賞モード(65度)への変形も可能です。カバー自体の強度もしっかりありマグネットも内蔵されているのでグラつく心配はありません。

 

文字入力などに便利なタイピングモード(30度)に変形しても同様に全くグラついたりはしません。ApplePencilを使ってイラストを描いたりするのに絶妙な角度です。

 

ケースの造りは分かったけど、実際の耐久性が気になるなぁ

 

確かにそうだね。約1年使ったiPadAir3のケースと比較してみるね

 

約1年使用したiPadAir3のケースと比較

 

こちらが約1年使用したiPadAir3のESRのケースです。素材の違いなどはもちろんあると思うので、あくまでもESR製品の耐久性を中心に見ていただければと思います。

 

毎日の様に使っていましたがご覧の通りケースに痛みや破損は見受けられません。1年も使ってこの耐久度なら十分合格点では?

 

仲良く2機種を並べてみました。外観的にも痛みがほとんどないのがお分かりいただけるかと思います。

 

購入した際の価格は確か1,800円位。この価格でこの耐久性はかなりの良コスパだったと思います。iPadAir4のケースにも期待大です!

 

ESRのiPadAir4ケースは良コスパ

 

 

こちらのESR iPadAir4ケースは現時点(10/25)で実売価格2,000円を切るかなりのコスパを誇っています。

 

ケースの造りや品質に粗悪な感じは全くしないので、何を選べば良いのか分からない人にも十分おすすめできるケースの1つだと思います。「安価なケースでiPadAir4を保護したい」というニーズにもしっかり答えられるそんなケースだと感じました。

 

もちろんその他にも色々なデザインのケースが販売されているので、好みに合ったケースを探してみるのも楽しいですね!

 

iPadAir4用のケースの検索が出来ます

 

今回の記事がケース選びの参考になれば幸いです。今回も最後までご覧いただきありがとうございました、REOTAN(@REOTANnoheya)でしたー!

 

 

  • この記事を書いた人

REOTAN

iPadやガジェット・ゲームが大好きな30代の♂です。妻と長男・愛犬の4人?家族で楽しぐ過ごしています。 ユーザー目線を大切に、「あっ、この情報知りたかった!」
と思ってもらえる記事を心掛けています。

-iPad
-, ,

© 2020 REOTANの部屋 Powered by AFFINGER5