オーディオ

【レビュー】GLIDiC TW-6100 極上フィットが癖になる高機能スタンダードモデル

こんにちは、REOTAN(@REOTANnoheya)です!

 

今回はGLIDiCの完全ワイヤレスイヤホンGLIDiC TW-6100をレビュー!

ハイブリッドANCや専用アプリ「Tile」に対応するなど、豊富な機能が魅力の本アイテム。VGP2022で「金賞・企画賞」を受賞した、GLIDiCのスタンダードモデルです。

 

 

REOTAN
イヤホンの形状は、IEMで有名な「カナルワークス」が監修しています。極上のフィット感、クセになりますよ~

 

 

本製品の主な特徴を下記にまとめました。

 

「GLIDiC TW-6100」の特徴

  • 9.2㎜DDドライバー
  • ハイブリッドアクティブNC
  • 低遅延(ゲーム)モード搭載
  • 外音取り込みモード / 片耳モード対応
  • 専用アプリ「Tile」対応
  • 水洗い・除菌シート対応
  • カナルワークス監修にのデザイン
  • イヤホン単体時間、最大35時間再生に対応(ANC off)
  • ノイズリダクションによるクリアな音声通話
  • USB-C充電(急速充電に対応)
  • IPX5の防滴仕樣

 

水洗いや除菌シートでの清掃にも対応するなど、ライフスタイルに寄り添った機能が満載のワイヤレスイヤホンです。

 

 

本記事ではGLIDiC TW-6100のデザインや機能、音質などを徹底レビュー!使用した感想を中心にお伝えしていきます。

 

 

「GLIDiC TW-6100」のデザイン

 

・外箱・パッケージ内容

 

外箱は少し大型のデザインです。パッケージングも丁寧に行われています。

 

同封物として以下の物が含まれています。

 

 

パッケージ内容

  • イヤホン
  • 充電ケース
  • 充電用USB-A to C ケーブル
  • イヤーピース
  • かんたんガイド
  • 保証書

 

イヤーチップは4サイズ(XS/S/M/L)×2を同封。充電用に「USB-A to Cケーブル」が含まれています。

 

地味に高ポイントなのが「かんたんガイド」が同封されている点。日本語のみで記載されているので、初めてワイヤレスイヤホンを使用される人でも安心してお使いいただけます。

 

 

REOTAN
ちなみに、Amazonで販売中の「環境配慮パッケージ」には充電ケーブルが付属していません。必要な方は「通常モデル」を選択すればOKです

 

 

・「カナルワークス」監修のイヤホン

 

イヤホンはカスタムIEMで有名な「カナルワークス」が監修しています。IEMは通常「イヤモニ」と呼ばれ、耳の形状に沿ったデザインが特徴的です。

 

 

REOTAN
イヤホン全体で支えてくれるため、遮音性が高くなるのも特徴です。フィット感がめちゃめちゃ良いので楽曲も集中して楽しめますよ

 

 

上部には操作用の「多機能ボタン」を配置。「カチッ」と軽いタッチで反応してくれるので、小気味よい操作が可能です。

 

フォルム全体は内側がマット仕上げ、外側がグロス仕上げになっています。美しいコントラストが特徴的なデザインです。

 

 

ちなみに成人男性の手のひらだとこの様な雰囲気です。

 

実際に装着するとこの様な感じ。耳の形に「ズボッ」とはまり込む、極上のフィット感がたまりません。

 

 

REOTAN
私も妻もフィット感はかなりお気に入りです。多くの方が不満なく使えると思いますよ

 

 

・スリムで使い勝手の良い充電ケース

 

充電ケースは横長・スリム形状のデザインです。しっかり自立してくれるのも嬉しいポイント

サイズ:高3.6㎝×横7.4㎝×厚2.8㎝

 

正面には、充電残量を表示するインジゲータを搭載しています。

 

背面には充電用のUSB-C端子を搭載。約2時間でフル充電が可能です。

 

ケース内部はこのような感じ。左右に適度な空きスペースがあるので、取り出しも非常にスムーズに行えます。

 

 

「GLIDiC TW-6100」の主なスペック

 

・スペック一覧表

 

GLIDiC TW-6100
カラーブラック /ホワイト /ブルー
形式ダイナミック型
ドライバー9.2㎜
コーデックSBC / AAC
BluetoothBluetooth5.2
通話機能左右2個ずつ
操作方式ボタン式
片耳モード
充電方式USB-C (急速充電対応)
充電時間約2時間
再生時間(イヤホン / ケース)10時間 / 35時間(※ANC OFF)
防滴性能IPX5
アプリ対応専用アプリ「Tile」
重さ6.5g×2

 

・ハイブリッドANCに対応

 

 

本製品は、最新技術のハイブリッド式アクティブノイズキャンセリング機能に対応しています。

 

ロードノイズや鉄道の入線音と言った大きめのノイズを30~40%位軽減してくれる印象です。特に低音域を中心としたNC効果が高く、アンダー10,000円のイヤホンの中ではトップレベルのNC性能だと言えます。

 

日常生活で聞こえる雑音から「スッ」と切り離されるような感覚が心地良く、耳への圧迫感も少なめです。長時間でも疲れにくい使用感が好印象でした。

 

 

REOTAN
アンダー10,000円でNC効果を重視する人はGLIDiC TW-6100」を指名買いしても良いほど。それくらいこの価格帯の中では優秀です

 

 

 

・明るく聞こえる「外音取り込みモード」

 

 

NC機能に加え、周囲の音を明るく聞きとれる「外音取り込みモード」に対応しています。

 

「サッー」としたホワイトノイズは聞こえるものの、イヤホンを付けたまま自然な会話が可能です。音楽を聴いていてもキーボードの打鍵音が聞こえる程なので、効果はかなり高いと言えます。

 

 

REOTAN
周囲の音が良く聞こえるので、子育て中のテレワーカーにも嬉しい機能ですね

 

 

・専用アプリ「Tile」に対応

 

 

「Tile」は、探し物トラッカー機能が搭載されたアプリの名称です。イヤホン紛失時に、最後にBluetooth接続した場所をアプリの地図上に表示してくれる便利な機能を搭載しています。

 

同価格帯の「Anker Soundcore P3」にも似たような機能がありますが、こちらはあくまでもBluetooth接続圏内のみのもの。「Tile」だとBluetooth圏外でも反応してくれるので、この点は大きなアドバンテージだと言えます。

 

 

REOTAN
紛失場所が近い場合は音で、遠い場所の時は地図上にピン挿しして教えてくれます

 

 

【関連記事】

【レビュー】Anker Soundcore Life P3 全部入りの欲張りワイヤレスイヤホン

続きを見る

 

 

・コロナ禍に嬉しい洗えるイヤホン

 

画像引用:GLIDiC TW-6100公式ページ

 

コロナ禍で気になる「清潔感」に配慮された設計がされており、

 

  • 水道水による水洗い
  • 除菌シートによる清掃

 

に対応しています。水洗いに関してはIPX5の防水性能により実現していますが、除菌シートの使用がメーカー公認で認められているのは案外珍しいもの。まさしくライフスタイルに寄り添った機能だと言えます。

 

 

REOTAN
イヤホンってその辺に「ポンッ」と置くことがあるので、案外汚れが気になりますよね。いつでも水洗いできるのは嬉しいかも

 

 

・使いたい時にすぐ使える「急速充電」に対応

 

 

わずか10分の充電で約2.5時間使える「Fast Charge」機能に対応しています。

 

朝食をとる間に移動時間分くらいは充電できるので、万が一の際にも安心してご利用いただけます。

 

・「最大35時間」再生可能なロングバッテリー

 

 

本製品はイヤホン単体で10時間、充電ケース併用で最大35時間の長時間再生に対応しています。前述した「Fast Charge」機能と合わせ、かなり優秀なバッテリー性能だと言えます。

 

 

REOTAN
1万円以下のモデルでは、間違いなくトップクラスの性能ですね

 

 

【関連記事】

【レビュー】EarFun Free Pro 2 コスパ◎の万能ワイヤレスイヤホン

続きを見る

 

 

・その他にも充実の機能を搭載

 

  • 充電ケースを開けると自動接続する「オートコネクト」
  • 低遅延のゲーム・動画を楽しめる「低遅延モード」
  • 左右どちらでも使える「片耳モード」
  • 最大8台の機器と接続できる「マルチペアリング」

 

ライフスタイルに寄り沿った機能だけでなく、日常的に良く使うこれらの機能にもしっかり対応しています。ゲームをよくPLAYされる方は、「低遅延モード」を上手に活用したいですね。

 

 

「GLIDiC TW-6100」の操作方法

 

・楽曲再生のとき

 

【楽曲再生】

 L側R側
1回クリックANC ⇔ 外音取り込み ⇔ OFF再生/  一時停止
2回クリック音量DOWN音量UP
2秒長押し前曲次曲

 

低遅延モードへは、左イヤホンを3回クリックで設定可能です。一点、気になるのがモード切り替え時の音が「電子音」で通知される点。現在使用中のモードも直感的に分かりにくいので、その点はすこし改善が必要かなと感じました。

 

 

REOTAN
電子音も少し大きいので、もう少しソフトな音だと嬉しかったかも。アナウンスだともっと良いですね

 

 

・電話を使用するとき

 

 

【電話応答】

 L側R側
1回クリック応答 
長押し終話 / 着信拒否

 

 

【関連記事】

 

 

「Anker Soundcore Life P3」の音質

 

・通常 : 低音に軸足をおいた骨太なサウンド

 

音質は、低域の量感が多めの骨太サウンドです。深みと重みのある低音が心地良く、いつまでも余韻に浸れるサウンド傾向だと感じました。

 

中高音域に向けて視界が「パッ」と開くような抜け感・鮮明さは控えめなものの、こじんまりと上手にまとめられている印象です。

 

 

また、特定の音域に「カド」「トゲ」が立つような鋭角さもありません。長時間でも聞き疲れしにくいナチュラル傾向の音質なので、通勤時間が長い方にも最適なイヤホンだと言えます。

 

 

REOTAN
Evanescenceの「Bring Me To Life」の様な重厚感のある楽曲と相性が良さそうです。しっとり味わえる低音域がたまりません

 

 

・ANCオン : 30%増しの迫力ある低音

 

ANCをオンで使用すると、通常再生時に比べ30%ほど低音が強調される印象です。ハイアットのシャリつきも強調されるため、いわゆる「ドンシャリ」サウンドに生まれ変わります。

 

 

ただし、全体的に若干ボワついた音質になってしまうため、個人的に常用での使用は推奨しません。周囲のノイズが気になるシーンに限定して使用すると良いでしょう。

 

 

REOTAN
逆に言えば、テンションアゲアゲにしたい時に最適なサウンドです。ウォーキング中に聞いたら思わず走り出してしまうかもw

 

 

「Anker Soundcore Life P3」レビューまとめ

 

 

本記事ではGLIDiCの完全ワイヤレスイヤホンGLIDiC TW-6100をレビューしてきました。

 

日常生活に寄り添った機能や強力なANC性能、カナルワークス監修による極上のフィット感が魅力的なGLIDiC TW-6100」。全ての機能が高い次元でまとまったコストパフォーマンスに優れた製品だと言えます。

 

 

「GLIDiC TW-6100」はこんな人におすすめ

  • アンダー10,000円のイヤホンを探している方
  • ANC効果の高い製品を探している方
  • コロナ禍でも安心の「洗える」イヤホンが良い方
  • IEM形状の極上フィットを体感したい方
  • バッテリー性能の高い製品が良い方

 

こういった性能を求める方に最適なワイヤレスイヤホンです。

 

 

REOTAN
スタンダードモデルとは思えない「コスパの良さ」が魅力の製品です。1万円以下でANC効果を重視する人におすすめです。ぜひお試しを!

 

 

 

 

 

【Amazonチャージで最大2.5%還元】

 

Amazonでのお買い物にはAmazonチャージがおすすめ! ご自身のアカウントへのチャージでもOK! チャージ額に応じてポイント還元が受けられるお得な利用方法です。

 

【チャージ金額毎の還元率】

チャージ金額通常会員プライム会員
90,000円~2.0%2.5%
40,000円~1.5%2.0%
20,000円~1.0%1.5%
5,000円~0.5%1.0%

 

Amazonチャージ

 

プライム会員になると限定のクレジットカードチャージにも対応。5,000円以上のチャージで何度でもポイント還元が受けられるお得なキャンペーンを実施中です。

 

 

 

 

 

  • この記事を書いた人

REOTAN

オーディオやガジェット・ゲーム関連のレビューを中心に活動中です。講談社「マネー現代」にも寄稿記事を執筆しています。 おかげさまで月間12万PVを継続中! ユーザー目線を大切に「この情報知りたかった!」と思ってもらえる記事を心掛けています。

-オーディオ
-, ,