オーディオ

【ビクターの遺伝子 HA-FX100T感想・レビュー】プロが認めるワイヤレスイヤホン

2021年1月8日

こんにちは、REOTAN(@REOTANnoheya)です!

 

今回はビクタースタジオ監修のワイヤレスイヤホン「HA-FX100T」についてレビュー!

コンセプトに「制作現場のプロが認めた高音質」を掲げ、価格以上の音質と優しく力強い音作りに注目を集めているイヤホンです。

 

REOTAN
月に数台はイヤホンを買う程オーディオ好きな筆者。実際に1週間近くメイン機として使用してみたので、率直な感想をまとめていきたいと思います

 

ちなみに普段はこういったアイテムを気分やTPOに合わせて使用しています。

 

普段使用しているアイテム

 

REOTAN
普段5,000円~25,000円前後のイヤホンを中心に使用しているので、同じようなユーザーの方の参考になれば嬉しいです

 

HA-FX100Tのデザイン・内容物

 

①内容物

 

パッケージ正面には「最高の技術と品質の象徴」であるニッパー君がデザイン。ビクタースタジオの本気度が伝わってきます。

 

続いて内容物を見てみましょう。本体装着済みの物も含め、イヤーピースは2×5ピース同梱されています。

 

HA-FX100Tの内容物

  • HA-FX100T本体
  • 充電ケース
  • 充電用USB-Cケーブル
  • スパイラルドットイヤピースS~Lサイズ
  • 説明書類

 

②イヤーピース

 

イヤーピースにはJVC独自のスパイラルドットイヤーピースを採用。装着感も良く、イヤホンから出てくる音を素直に伝えてくれるイヤーチップです。

 

REOTAN
普段Mチップのイヤーピースを使っていますが、今回もMサイズで大丈夫でした。

 

引用:HA-FX100T

 

REOTAN
付属のスパイラルドットイヤーピース、実は1,000円位するちょっと高級なものなんです。イヤーチップが変わるだけで楽曲の解像度が「グッ」と上がることにちょっとビックリ

 

さらにワンランク上の音質を堪能したい方は別売りオプションの「スパイラルドットSF」もおすすめ!より柔らかいシリコン素材の採用や、装着感に優れた薄型のフォルムが特徴のイヤーチップです。

 

 

③イヤホン本体・タッチセンサー

 

パッケージ同様、イヤホン本体にもニッパー君がデザイン。可愛らしさはもちろんのこと、分かる人には分かるデザインなので「さりげなく音楽好き」であることも主張できますね。

イヤホン重量:約4.5g×2個

 

このニッパー君の部分はタッチセンサーも兼用。デバイスを操作することなく、音量調整や早送りなど一連の操作を行うことが可能です。

 

<タッチセンサーの操作>

左側(L)右側(R)
1回タップ再生/一時停止周囲の音を聞く
2回タップ音量を下げる音量を上げる
1秒触れてピッと音が鳴ったら離す前曲/曲の頭出し次曲に進む

 

REOTAN
同時期に発売された「HA-A50T」と操作方法はほとんど一緒なので、操作方法に戸惑うことなく両機種を使えるのはとても助かります

 

耳に当たる内側部分は全体的に「コロッ」としたデザイン。一見シンプルな円筒形に思えますが、耳へのフィット感が抜群で負担を感じることは一切ありません。

 

外側から見てもまさに「シンプル・イズ・ベスト」。小型なサイズと4.5gの軽さもあいまって、飽きのこないイヤホンです。

 

同時期に発売された3機種と比較してみました。それぞれ全く性能・デザインが異なるので、この辺りも面白いですね。

 

 

こちらのワイヤレスイヤホンもレビューしています。下記のリンクからご参照ください。

 

【JVC HA-A50T感想・レビュー】コスパ抜群のNC対応ワイヤレスイヤホン!

こんにちは、REOTAN(@REOTANnoheya)です!   今回はJVCのワイヤレスイヤホン「HA-A50T」についての実際に使用した感想等をレビューしていきたいと思います。 実売価格 ...

続きを見る

【JVC HA-A7T 感想・レビュー】これは安い!コスパに優れた最新ワイヤレスイヤホン

こんにちは、REOTAN(@REOTANnoheya)です!   先日JVCから2020年11月に発売されたばかりの完全ワイヤレスイヤホン「HA-A7T」を購入しました。   本機 ...

続きを見る

 

④充電ケース

 

続いて充電ケースについて見てみましょう。

 

充電ケースにもイヤホン同様ニッパー君がデザイン。重さも約41gと軽量です。

 

ケースの充電はマグネット式。少し斜めに収納する形なので、イヤホン左右に余白が出来ているのが分かるかと思います。

 

正面から見るとご覧の様に少し斜め気味に。中央にはバッテリー残量を知らせてくれるインジゲーターも配置されています。

 

REOTAN
収納時のこの斜め角度がポイント!使いたい時に「スッ」と取り出すことが出来るので、ノンストレスで使用することが可能です

 

背面には充電用のUSB-C端子が搭載されています。

 

こちらは底面部分。バッテリー容量は520mAhを搭載。ケースは約3時間で満充電することが可能です。

 

 

HA-FX100Tの主な仕様

 

形式ダイナミック型
通信方式BluetoothVer.5.1 / Power Class 1
対応コーデックSBC、AAC、aptX
ドライバサイズ6㎜
再生可能時間イヤホン8時間/ 充電ケース20時間
充電時間イヤホン2.5時間 / 充電ケース3時間
充電端子USB-C端子
防水・防滴IPX4
電源DC3.7V/ 内蔵リチウムポリマー電池
重量イヤホン4.5g×2 / 充電ケース41g

 

HA-FX100Tの主な特徴

 

HA-FX100T」の特徴を以下にまとめました。実際に使用していて「これは良い!」と言う部分は強調表示しています。

 

HA-FX100Tの特徴

  • ビクタースタジオのプロが認めた音質
  • フィット感抜群の小型・軽量デザイン
  • AAC/aptX等の高音質コーデックに対応
  • イヤホン単体で8時間・ケースとの併用で最大28時間の長時間再生に対応
  • Qualcomm TrueWireless Stereo Plus対応
  • タッチ操作可能なタッチコントロール機能
  • 装着したまま会話が可能なタッチ&トーク機能
  • 充電ケースから取り出すだけのオートコネクト機能
  • 通信範囲の広いBluetoothVer.5.1を搭載
  • IPX4相当の防水性能
  • スマホの音声アシストやハンズフリー通話に対応

 

①ビクタースタジオのプロが認めた音質

 

HA-FX100T」は「現役プロエンジニアの耳」を借りて設計された本格的なワイヤレスイヤホンです。

引用:HA-FX100T

 

何度もプロのエンジニアの方々と調整を重ね、ボーカルや楽曲の聴こえ方・聴こえる位置などを実際の製品に落とし込んだ設計がされています。

 

REOTAN
エンジニアの方の聴感を実際の製品として技術的にアウトプットするのに非常に苦労されたようです

 

音質に関する感想は後述しますが、本機を実際に視聴していても「プロの方が緻密に設計したんだろうな」と素直に感じることが出来る音作りがされています。

 

REOTAN
決して誇張しているわけでなく、普段10,000円前後のイヤホン等を使用している方はおそらくほどんどの方がそう感じるかと。それほど「こだわって作ったんだろうな」と言うのが伝わってくるイヤホンです

 

②フィット感抜群の小型・軽量デザイン

 

 

先述した通り「HA-FX100T」はシンプルな円筒形なデザインが採用されています。

スパイラルドットイヤーピースの装着も相まって耳へのフィット感はかなりGood!ノズル部分も程よく長さが保たれているので、安定感もバッチリです。

 

REOTAN
イヤホン本体にはマグネットが内蔵されているので、上の画像のような形で連結することも可能です

 

③AAC/aptXの高音質コーデックに対応

 

コーデックはSBC/AAC/aptXの主要コーデックに対応。iPhone・Androidなど使用するデバイスを問わず高音質で楽曲を楽しむことが可能です。高性能LDSアンテナも採用しているので、音切れ対策もぬかりありません。

 

Qualcomm TrueWireless  Stereo Plus(→TWS Plus)にも対応

 

 

左右独立してデータを転送を行うTWS Plusにも対応。対応機器との組み合わせにより、音切れの軽減や低遅延を可能にしています。こちらは主に、

  • Snapdragon 845以降搭載のスマホ
  • ファームウェアで対応済みのスマホ

と言った機器で対応しています。

 

REOTAN
平日・夕方の主要ターミナル駅での利用時も、ほぼ途切れることなく楽曲を楽しむことが可能でした(※TWS Plus非対応のiPhone8使用時)

 

④長時間再生可能なロングバッテリー

 

イヤホン単体で8時間、ケースとの併用で最大28時間の長時間再生に対応。10分の充電で1時間再生可能なクイック充電にも対応しています。

 

  • イヤホン単体:8時間
  • ケース併用時:28時間
  • クイック充電:60分で1時間再生

 

REOTAN
わたしも1日数時間程度使っていますが、週1で充電しても十分間に合う感じです

 

 

HA-FX100Tの音質

 

今回も同様に下記の楽曲・環境で音質を検証してみました。

 

再生機器・楽曲

※リンクはYouTubeのものです。

 

個人的な感想を率直にまとめました。※個人的な感想なのでその点は悪しからず…。

 

HA-FX100Tの音質

  • 全体的な音の明瞭感・キラキラ感が心地良い
  • 音の解像度が高く、楽器それぞれの音がしっかり聞こえる
  • 重みのある低音と艶っぽい高音が楽曲全体の幅を広げてくれている
  • ドラム・ベースもタイト目で嫌みのない音
  • 音のレンジが広く開放感のある空間で聞いている様な印象

 

実際に聴いていて感じるのは音のレンジが広く、解像度が高いという点。ドライバーユニット背面には、心地良い低音とワイドレンジを実現する「音響調整空間」を設置。明確に恩恵を感じ取ることが出来ます。

 

引用:HA-FX100T

 

REOTAN
特にMrs. GREEN APPLE「青と夏」・BABYMETAL「Shine」を聞いていると、「どこか広いホールで音楽を聴いてたっけ?」と感じるほどレンジの広さを体感出来ました

 

楽器の音も量より質、そしてその質も非常に高い次元でまとまっています。絶妙なフィット感も加わって、長時間リスニングにも最適です。

 

どんな楽曲も高い解像度とワイドレンジで表現してくれるので、今まで聞いてきた楽曲を改めて聞きたくなるイヤホンだと言えるでしょう。特に女性Vo曲の場合、これまで以上に楽曲が煌びやかな印象に変わったのが非常に印象的でした。

 

REOTAN
ノイズキャンセリングは非搭載な物の、その分価格への反映と音質にこだわった設計がなされているのも好印象ですね

 

HA-FX100Tはこんな人におすすめ

 

 

HA-FX100Tはこんな人におすすめ

  • 音質の良いワイヤレスイヤホンを探している方
  • 幅広いジャンルの楽曲を質の高い音質で体感したい方
  • ワンランク上の「プロ」が設計した音質に魅力を感じる方
  • 長時間再生可能なロングバッテリーに魅力を感じる方
  • AAC/aptXコーデック、TWS Plus対応機種をお持ちの方

 

ニッパー君をあしらったデザインはもちろんのこと、「よくぞこの音質をこの価格帯に落とし込んでくれた!」と感心してしまうくらい完成度の高いイヤホンに仕上がっています。

 

REOTAN
「ニッパー君が可愛いから買う!」という理由でも全然OK!

 

ビクタースタジオのプロが認めた「HA-FX100T、ワイヤレスイヤホン選びに悩まれている方はぜひ「ビクターの遺伝子」が詰まった本機を試してみてはいかがでしょうか。

 

 

 

【Amazonチャージで最大2.5%還元】

 

Amazonでのお買い物にはAmazonチャージがおすすめ! ご自身のアカウントへのチャージでもOK! チャージ額に応じてポイント還元が受けられるお得な利用方法です。

 

【チャージ金額毎の還元率】

チャージ金額通常会員プライム会員
90,000円~2.0%2.5%
40,000円~1.5%2.0%
20,000円~1.0%1.5%
5,000円~0.5%1.0%

 

Amazonチャージ

 

プライム会員になると限定のクレジットカードチャージにも対応。5,000円以上のチャージで何度でもポイント還元が受けられるお得なキャンペーンを実施中です。

 

 

 

 

  • この記事を書いた人
reotan

REOTAN

iPadやガジェット・ゲームが大好きな30代の♂です。妻と長男・愛犬の4人?家族で楽しぐ過ごしています。 ユーザー目線を大切に「あっ、この情報知りたかった!」
と思ってもらえる記事を心掛けています。

-オーディオ
-, , ,

© 2021 REOTANの部屋 Powered by AFFINGER5