オーディオ

【Anker Soundcore Life Q30感想・レビュー】大ヒットの予感!ANC対応ワイヤレスヘッドホン

    こんにちは、REOTAN(@REOTANnoheya)です!

     

    今回はANKERから新発売されたヘッドホン「Soundcore Life Q30」をレビュー。

    最大40時間の音楽再生やハイレゾ再生にも対応!

    ANC(アクティブノイキャン)もさらなる進化をとげ、コスパの良さから大ヒットの予感がプンプンするヘッドホンです。

     

     

    REOTAN
    今では毎日使っているほどのお気に入りアイテムに。早くも今年の「ベストバイ」商品になりそうです

     

     

    ちなみに月に数台はイヤホン・ヘッドホンを購入するほどのガジェット好きな筆者。10,000円前後のアイテムを中心に、最近は下記のアイテムをよく使用しています。

     

    普段使用しているアイテム

     

     

    REOTAN
    本機も豊富な機能を搭載しながらも10,000円以下で購入可能な良コスパ機種!迷っている人の背中を「ポンッ!」と押したくなるおすすめのヘッドホンです

     

     

    まずは「Soundcore Life Q30」 (以下Q30)のデザインや内容物を中心に見ていきましょう!

     

     

    Anker Life Q30のデザイン・内容物

     

    ①Q30の「外箱・中身」

     

    外箱は洗練されたデザインのパッケージです。

     

    内容物はこんな感じ。持ち運びに便利なハードトラベルケースが付属し、かなり洗練された印象を受けます。

     

    Anker Life Q30の内容物

    • ヘッドホン本体
    • ハードトラベルケース
    • 充電用USB-C &USB-Aケーブル
    • 3.5mm AUXケーブル
    • クイックスタートガイド
    • 安全マニュアル

     

     

    REOTAN
    保証期間もデフォルトで18か月の保証があります。Anker会員に登録すると24か月保証へと延長されるので、末永く使うことが可能です

     

     

    ②Q30の「ハードトラベルケース」

     

    ケース表面は少しざらつきのある灰色の布地で作られています。「ハードケース」と言うこともありヘッドホンを守るのに十分な強度が保たれています。※→後述しますが現在は「丸型」の形状へ変更されています。

     

     

    REOTAN
    前作のQ20は普通のトラベルポーチだったはず。出張や旅行時にも使用予定の方には嬉しい改良点ですね

     

     

    ヘッドホンは下記の形で収納可能です。収まり具合はかなり良いので、ケース内でグラつく心配はありません

     

    便利なポケットも付属しているので、充電ケーブルなどを一緒に持ち運ぶことが可能です。

     

    縫製も丁寧に行われており質感に関してはかなりGood。ナイロンファスナーの滑りも良好です。

     

     

    REOTAN
    「高級ヘッドホンの付属ケース」と遜色ない出来にちょっとビックリ。持ち歩きの際はかなり重宝しそう

     

     

    現在は「丸型」のトラベルケースが付属

     

    発売当初は上で紹介した様な「四角形」のトラベルケースが付属していましたが、2021年1月18日以降の出荷分から「丸型」へと形状が変更されました。

    かなり品質の良いケースだっただけに、ちょっと残念な変更点ではありますね。

    画像引用:Anker Soundcore Life Q30商品ページ

     

     

    REOTAN
    ただし、ヘッドホン自体に変更はないので安心して大丈夫です。頻繁にケースに入れて持ち歩く方は、一応この点には留意しておきましょう

     

     

    ③Q30「ヘッドホン本体」

     

    本体は非常にスタイリッシュなデザインです。ビルドクオリティが高く、価格以上の完成度がある印象です。

    Anker Soundcore Life Q30

     

    イヤーカップ外側はゴールド調の渋めのロゴがデザイン。後述しますが、右側のカップは外音取り込みモード移行時のタッチパネルも兼用しています。

     

    イヤーカップは絶妙なフワフワ感。耳への圧迫感はほぼ皆無と言って良いでしょう。合皮素材ではあるものの、耐久性も高そうなので短期間のうちにボロボロしてくる心配はなさそうです。

     

     

    REOTAN
    15°の範囲内でイヤーカップを調節できることもあり装着感はかなりGood!眼鏡をかけていても圧迫感はほとんど感じません

     

     

    スライダーも非常に丁寧に造られおり、強度もしっかり保たれています。

     

    スライダー外側には「アクティブノイズキャンセリング」と英字で印字。ノイキャン機能への自信が伺えますね。

     

     

    REOTAN
    一見コテコテした印象を受けると思いますが、実機は非常にシックな仕上がりです。英字部分もテカリを抑えた印字がされているので、悪目立ちすることはありません

     

     

    ヘッドバンドの外側はブラックのヘアライン加工が施されています。

     

    内側もかなり肉厚なクッション地の造り。おそらく合皮素材だとは思いますが、「モチフワッ」とした触感です。

     

     

    REOTAN
    3時間ぶっ通しで着用してましたが、頭囲56㎝のわたしでも頭が痛くなったり圧迫感を感じることはありませんでした

     

     

    各種操作ボタンは左右のイヤーカップに配置されています。(※撮影の都合上、左右反転してます)

     

    【イヤーカップの操作体系】

    左側イヤーカップ右側イヤーカップ
    • ノイズキャンセリングボタン
    • 電源ボタン
    • 充電用USB-C端子
    • 音量調節ボタン
    • 再生/一時停止ボタン
    • 3.5㎜オーディオジャック

     

     

    REOTAN
    有線接続時には音量調節・再生/一時停止などを行うことが出来ないので、この点は注意が必要です

     

     

     

     

    Anker Life Q30の主な製品仕様

     

    続いてAnker Q30の主な仕様について確認していきましょう!

     

    形式オーバーイヤーヘッドホン
    再生周波数20Hz-20KHz (Bluetooth) /16Hz-40KHz (ケーブル)
    通信方式Bluetooth 5.0
    対応コーデックSBC、AAC
    ドライバサイズ40㎜
    再生可能時間最大40時間(NC時)/最大60時間(通常)
    充電時間約2時間
    充電端子USB-C端子
    重量約260g

     

     

    REOTAN
    Bluetooth 5.0が採用されていることもあり、通信範囲はかなり広め。鉄筋コンクリート造のマンション内で10mほど距離を取っても、問題なく通信することが可能でした

     

     

    【関連記事】

    【レビュー】- Anker Soundcore Liberty Air 2 Pro - NC搭載ワイヤレスイヤホン

    続きを見る

     

     

    Anker Life Q30のペアリング方法

     

    iPhone8で接続してみました。今回は通常のペアリング方法を解説していきます。(※NFC対応機種ではNFCペアリングも可能です)

     

    step
    1
    再生デバイスのBluetoothをONにする

     

    ヘッドホンの電源を数秒長押しし、iPhone側のBluetoothをONに設定。

    接続待機リストに「Soundcore Life Q30」と表示され、下記の画像の様にペアリング待機状態になります。

     

    step
    2
    表示された「Soundcore Life Q30」をクリック

     

    「Soundcore Life Q30」をクリックし、ペアリングを開始します。

     

    step
    3
    ペアリング完了

     

    ペアリングが完了するとiPhone側で下記の様に「接続済み」と表示されます。ペアリングはこれで完了です。

     

     

    REOTAN
    その他のデバイスでもペアリング方法は基本的に一緒です。あわてずにペアリングを行いましょう

     

     

    Anker Life Q30の主な特徴・ポイント

     

    「Q30」の主な特徴やポイントを以下にまとめました。価格からは考えられない程、機能が満載です。

     

    Anker Q30の特徴

    • アクティブノイズキャンセリング(ANC)対応
    • ハイレゾ再生対応(AUXケーブル接続時)
    • Soundcoreアプリによる多彩なイコライザー設定
    • 外音取り込みモード搭載
    • 最大40時間再生のしたロングバッテリー
    • マルチポイント対応
    • NFCペアリング対応
    • 切断しにくい優れたBluetooth接続
    • 付け心地の良いイヤーパッドによる抜群のフィット感

     

    ①アクティブノイズキャンセリング(ANC)対応

     

     

    本機は「アクティブノイズキャンセリング(ANC)」機能を搭載。以下の3つのモードを「左側のイヤーカップ or 専用アプリ」から選択することが可能です。

     

    モード設定

    • 標準
    • 外音取り込みモード
    • ノイズキャンセリングモード

     

     

    ノイズキャンセリングモードはさらに細かく3つの設定が可能

     

     

    その内の1つ、ノイズキャンセリングモード選択時には周囲の環境に応じて、さらに細かく以下の3つのモードを選択することが出来ます。

     

    • 「交通機関」
    • 「屋内」
    • 「屋外」

     

    モード変更は専用アプリ「Soundcore」から変更可能。モードも瞬時にヘッドホン側で切り替わるので、アプリの出来も非常に優秀です。

     

     

     

    ①Q30のANCの効果は?

     

    「ノイズキャンセリングモード・屋内」を選択時を例に、ANCの効果を自宅・カフェで検証しました。

     

    ANCの効果は?

    • 低音を中心とした雑音を程よくカット
    • 周囲の雑音・話し声も50%位カットする印象
    • 無音時のホワイトノイズは控えめ
    • ノイキャン特有の耳への圧迫感も少なめ

     

    テレワーク・在宅勤務の際に周囲の音が気になる方も多いはず。

     

    自宅・カフェで使用してみましたが、程よく周囲の雑音・会話をカットしてくれる印象です。完全な無音にはなりませんが、ANCオフと比較して体感で50%くらいは軽減してる感じに。

     

     

    REOTAN
    楽曲を再生しなくてもANCの効果は発揮できるので、自宅で仕事する際にも便利に活用することが可能です

     

     

    ②Q30とMDR-1000XのNC効果を比較

     

    左:Q30 右:MDR-1000X

     

    3年前発売の機種にはなりますが、MDR-1000XはNC効果にも優れた30,000円弱のいわゆる高級モデル。

     

    先程と同条件で比較した際のNC効果を示すとこんな感じに。

     

    • Anker Q30    : 周囲の音を約50~60%カット
    • MDR-1000X : 周囲の音を約80%カット

     

    さすがにNC効果ではMDR-1000Xに軍配が上がるものの、価格を考えればQ30は大健闘と言って良いでしょう。むしろ10,000円を切る価格でこの性能を発揮できるのは結構すごいこと。Q30がANC機能を前面に打ち出しているのも頷けます。

     

    REOTAN
    完全に周囲の音をカットしたい!と言う方や、相当神経質な方でない限り本機のNC性能でも十分に活用することが出来ると思いますよ

     

     

    関連記事

     

     

    ②ハイレゾ再生に対応

     

     

    有線接続時のみにはなりますが、付属のAUXコードを使用する事でハイレゾ再生が可能です。

     

    音質については後ほど詳しくレビューしていきますが、40㎜のドライバーを搭載していることもありハイレゾ音源も豊かに表現。Bluetooth接続と比較して、解像度・レンジが少し向上する印象を受けました。

     

     

    REOTAN
    利用シーンに応じて有線・Bluetooth接続が選べるのはGood! 動画編集や音ゲーにも対応できるので正直めちゃめちゃ便利です

     

     

    関連記事

    1万円以下のベストバイ!【AG-WHP01K感想・レビュー】final全面監修の高品質ヘッドホン

    続きを見る

     

     

    ③専用のSoundcoreアプリが優秀

     

     

    「Q30」は専用アプリ「Soundcore」を利用する事が可能です。

     

    アプリをインストール後に本機を登録すると、先ほど紹介したANCモード選択に加え下記の設定を行うことが出来ます。

     

    • イコライザー設定
    • 睡眠モード設定
    • ファームウェア更新
    • スタートガイドの閲覧

     

    イコライザーは全部で22種類の中から選択可能。定番のロック・R&Bはもちろん、「話し言葉」と言った変わったプリセットも搭載。

     

     

    もちろん自身でイコライザーをカスタムすることも可能。好みに合わせて、高音を強調したりすることも自由自在です。

     

     

    REOTAN
    私は今のところデフォルトのまま使用中。標準のプリセットがかなり優れているので、当面はこのまま楽しみたいと思います

     

     

     

     

    ④外音取り込みモードを搭載

     

     

    本機はヘッドホンを装着したままでも外の音を聞くことが出来る「外音取り込みモード」を搭載。右イヤーカップのパネル部分を一秒タップすると、外音取り込みモードに切り替えることが可能です。

     

    元の音量もほとんど下げることなく利用することが出来るので、車内放送などの大切な連絡を聞き逃したくない時は非常に便利。完璧に外音を聞きとることは難しいですが、店内の放送の聞き取りや家族と会話することは可能でした。

     

     

    REOTAN
    専用アプリからの変更も可能です。このアプリ、ほんとに優秀

     

     

     

     

    ⑤最大40時間再生可能なロングバッテリー

     

     

    ノイズキャンセリングモードの時に最大40時間、通常モードで60時間の再生に対応しています。

     

    • ノイズキャンセリングモード:40時間
    • 通常モード:60時間

     

     

    REOTAN
    エージングも兼ねて24時間以上NCモードで連続再生することが出来ました。普段使いにおいてバッテリー切れの心配をする場面は少ないでしょう

     

     

    ⑥マルチポイント対応

     

     

    本機はマルチポイントに対応。同時に2台の機器に接続することが出来るので、

     

    • 自分のスマホ :音楽再生
    • 仕事用のスマホ:連絡待ち受け

     

    と言った具合に、利用シーンに合わせてヘッドホンを使用することが可能です。※1度に再生出来るのは1台の機器まで。

     

     

    REOTAN
    いわゆる同時待ち受けみたいな感じ。Bluetooth接続なのでiOS・Android・PCなど異なるOS間でもOKです(マルチペアリング対応)

     

     

    Anker Life Q30の音質

     

    下記の楽曲・環境で音質を検証してみました。(※iPhone8・AAC接続、標準モードで再生)

     

    再生楽曲

    ※リンクはYouTubeのものです。

     

    Anker Q30の音質

    • 低音ズンズンとかなり強め
    • ボーカルを中心とした中音域は低音に埋もれることなくスッキリ聞こえる
    • 楽曲全体の解像度はなかなかGood!
    • 音の広がり・レンジ具合は高音域が少しせま目な印象
    • シンバル系のシャリ付きも控えめなので楽曲も聴きやすい

     

    第1印象としては「おっ!低音がズンズンくるねぇ」と言った感じ。重低音モデルではないものの、低音をしっかりと鳴らしてくれます。

     

     

    REOTAN
    「誘惑」「DOMINATION」などはかなりの迫力でした

     

     

    楽曲全体の広がり(レンジ)はそこまで広くはありませんが、ワイヤレスイヤホンにありがちな「耳で鳴っている様な窮屈感」は皆無。40㎜ドライバーを搭載していることもあり、一定の空間内で豊かに楽曲を表現してくれます。

     

    高音域は少しせま目な印象なものの、決して窮屈というワケではなく低音とのバランスが上手くとれている感じ。

    シンバル系のシャリ付きも多少感じはしますが耳障りな印象はありません。楽曲全体で考えるとかなり上手にまとまっていると思います。

     

     

    解像度も10,000円以下のモデルと考えたら大健闘!低音に支えられた質の良い量感で包み込んでくれるような印象です。

     

     

    REOTAN
    とにかく何が言いたいかっていうと、ハイレゾ・ANC搭載などの機能を搭載しながらこの音質を実現してるのはすごいってこと('ω')ノ

     

     

    Anker Life Q30はこんな人におすすめ

     

     

    Anker Q30はこんな人におすすめ

    • 10,000円以下で品質・音質の良いヘッドホンを探している方
    • 締め付け感の少ない、フィット感の良いヘッドホンを探している方
    • 通勤・テレワーク時にANC機能を活用したい方
    • ハイレゾ再生・アプリ連携などに魅力を感じる方
    • 最大40時間再生のロングバッテリーに魅力を感じる方

     

    繰り返しにはなりますが、10,000円以下のモデルでこれだけの機能性・快適なフィット感を両立したのは正直脱帽もの。低音もしっかり鳴らしてくれるので、色々な楽曲を楽しく聴かせてくれるのもGoodポイントです。

     

    在宅勤務の機会が増え行く中、ロングバッテリー性能も相まって一日中装着していたくなるヘッドホンとも言えるでしょう。Ankerファンならずとも注目のヘッドホンです('ω')ノ

     

     

    【関連記事】

    【レビュー】- Anker Soundcore Liberty Air 2 Pro - NC搭載ワイヤレスイヤホン

    続きを見る

     

     

    チャージは100円~、1円単位でOK!
    予算管理がしやすく、使いすぎの心配もありません。

     

    Amazonギフト券をチェックしてみる

     

    プライム会員になると限定のクレジットカードチャージにも対応。5,000円以上のチャージで何度でもポイント還元が受けられるお得なキャンペーンを実施中です。

     

     

     

     

     

     

      • この記事を書いた人

      REOTAN

      オーディオやガジェット・ゲーム関連のレビューを中心に行っています。 ユーザー目線を大切に「この情報知りたかった」と思ってもらえる記事を心掛けています。YouTubeでも情報発信しているのでこちらもぜひ!

      -オーディオ
      -, , ,