iPad

どっちがおすすめ?【M1搭載iPadPro vs iPadAir4】性能比較や進化ポイントをレビュー

こんにちは、Appleイベントで寝不足の(@REOTANnoheya)です!

 

日本時間4/21午前2時から行われた今回のイベントでは以下の発表が行われました。

 

Appleイベントの発表内容

  • M1チップ搭載 iPadPro
  • M1チップ搭載 iMac
  • 新型AppleTV 4K
  • AirTag
  • iPhone12/12 mini 新色追加(パープル)

 

期待されたiPadminiの発表はなかったものの、注目すべきなのは新たに強力なM1チップを搭載したiPadPro。そうです、あのMacbook AirやProにも搭載されているのと同じものです。

画像引用:Apple iPadPro公式ページ

※予約開始日は2021年4月30日、発売日は5月下旬予定

 

ただしさすがにiPadProと言うこともあり、やはり気になるのはその価格の面。

 

REOTAN
モリモリに性能を詰め込むと、iPadPro(12.9インチ)=279,800円 と恐ろしい金額になっちゃいます。これはヤベー

 

現行発売されているiPadAir4も充分高性能なので、「いったいどちらを購入すれば良いか分からない!」と言う方もいらっしゃるでしょう。

 

REOTAN
ちなみにわたし、発売日当日にiPadAir4を購入して今でもメイン機として使い続けています('ω')ノ これも良いタブレットなのよほんと

 

そこで今回の記事では

 

  • iPadProの進化ポイント
  • iPadAir4とiPadProの性能比較
  • iPadProの気になるポイント
  • あなたにピッタリなのはこの機種!

 

と言う点を中心にレビューしていきたいと思います!

 

M1チップ搭載iPadProで進化したポイント

 

前モデル(iPadPro11インチ第2世代12.9インチ第4世代)と比較し、新たに進化したポイントを以下にまとめました。

 

M1チップ搭載iPadProの進化ポイント

  • CPU:A12Z Bionicチップ → M1チップ
  • RAM:512GBまでが8GB、1TB・2TBが16GB
  • ディスプレイ:Liquid RetinaXDRディスプレイ(12.9インチのみ)
  • インターフェース:Thunderbolt / USB4
  • Wi-Fi + Cellularモデルでは5G通信に対応

 

新たにM1チップが搭載されたことにより、前モデルと比較して

  • CPU性能 50%UP
  • グラフィック性能 40%UP
  • ストレージへのアクセス速度 50%UP

と言った性能面での大きな強化が図られました。

 

さらにこれまでAppleでは公表されてこなかったRAMについても今作ではアナウンスがあり、1TB・2TBのモデルでは16GBを搭載

M1チップの高性能さも相まって、ヘビーな動画編集やクリエイティブ作業もこれまで以上に快適に作業を行える様になりました。

 

REOTAN
極端な話1TB~のモデルを購入すれば、メモリも16GBあるのでこの先数年は使えるスペックだと言えるでしょう。OSの垣根こそあれど、よりMacbookに近い存在になりました

 

 

また12.9インチモデルのみにはなるものの、ディスプレイには噂されていたLiquid RetinaXDRディスプレイを搭載。

画像引用:Apple iPadPro公式ページ

 

バックライトに極小LEDを1万個以上使用し、

 

  • フルスクリーンの最大輝度1,000ニト
  • ピーク時の最大輝度1,600ニト(HDR)
  • 100万:1の高コントラスト

 

と言った超高性能・細かな描写を実現しました。

 

REOTAN
もちろん「ProMotionテクノロジー」・「True Toneディスプレイ」と言った技術も引き続き搭載しています

 

Liquid RetinaXDRディスプレイを搭載した事で、より現実に近い映像表現や色彩・細かなディティールを再現。いつでも持ち運びできる高性能ディスプレイとして、プロの現場でも活用できる様になりました。

画像引用:Apple iPadPro公式ページ

 

REOTAN
AppleTV 4Kと組み合わせて、Dolby Vision対応コンテンツを視聴するのにもピッタリですね。映像がめちゃキレイだろうなぁ~

 

 

インターフェースにはThunderbolt / USB4を搭載。Wi-Fi+Cellularモデルでは5G通信にも対応しました。

画像引用:Apple iPadPro公式ページ

 

iPadProの進化ポイントを「サクッ」と解説してきましたが、だいたいの感じはつかめましたでしょうか?次章では「iPadAir4とM1チップ搭載iPadProの性能比較」について確認していきましょう!

 

 

iPadAir4とM1チップ搭載iPadProの性能比較

 

主な性能面についての比較表を作成しました。iPadAir4より優れている部分は赤文字で強調表示しています。

 

 

製品iPadAir4iPadPro(11インチ)iPadPro(12.9インチ)
CPUA14BionicM1チップM1チップ
RAM/8GB or 16GB8GB or 16GB
画面サイズ10.9インチ11インチ 12.9インチ
画面解像度2360×16402,388 x 1,6882,732 x 2,048
ストレージ64GB/256GB128GB~最大2TB128GB~最大2TB
ディスプレイLiquid RetinaディスプレイLiquid RetinaディスプレイLiquid RetinaXDRディスプレイ
Appleペンシル第2世代第2世代第2世代
イヤホンジャックなしなしなし
Smart Connector有り有り有り
メインカメラ広角12メガ(F値1.8)広角12メガ(F値1.8)/ 超広角10メガ(F値2.4)広角12メガ(F値1.8)/ 超広角10メガ(F値2.4)
インカメラ7メガ12メガ12メガ
セキュリティTouchID(指紋認証)FaceIDFaceID
インターフェースUSB-CThunderbolt / USB4Thunderbolt / USB4
重さ 458g466g682g
大きさ(高さ×幅×厚み)mm247.6×178.5×6.1mm247.6 ×178.5×5.9mm280.6 ×214.9×6.4mm
価格62,800円/71,800円(Wi-Fi)94,800円~226,800円(Wi-Fi)129,800円~261,800円(Wi-Fi)

 

 

iPadAir4と比較した際に大きく異なるのは以下の7ポイントです。

 

iPadAir4とM1搭載iPadProの大きな違い

  • CPU
  • RAM容量(iPadAir4は4GB?)
  • ストレージ容量
  • インカメラ性能
  • セキュリティ
  • インターフェース
  • 価格面

 

iPadAir4とM1搭載iPadProのCPU・RAM・ストレージ容量の違い

 

製品iPadAir4iPadPro(11インチ)iPadPro(12.9インチ)
CPUA14BionicM1チップM1チップ
RAM/8GB or 16GB8GB or 16GB
ストレージ64GB/256GB128GB~最大2TB128GB~最大2TB

 

iPadAir4ではiPhone12にも搭載されている「A14Bionic」を搭載。M1チップを除き、現状では最先端のCPUが搭載されています。

 

ネット閲覧・動画視聴はもちろんのこと、短時間の4K動画編集などももちろんOK。多少重めのクリエイティブ作業を行っても、多くの場面で快適に動作してくれます。

 

REOTAN
わたしもKeynoteを使用しての資料作成、LumaFusionで動画編集を行うことがありますがストレスなく作業することが可能です。CODなんかの重めの3Dゲームも快適にPLAYできますよ

 

対するiPadProではM1チップと呼ばれる超高性能CPUを搭載。

画像引用:Apple iPadPro公式ページ

 

M1チップ搭載のMacBookの変貌ぶりを見てもわかる通り、あらゆる作業を快適にこなしてくれるでしょう。

 

iPadAir4とM1搭載iPadProのインカメラ性能の違い

 

 iPadAir4iPadPro(11インチ)iPadPro(12.9インチ)
インカメラ7MP12MP12MP
F値F2.2F2.4F2.4
ズーム/2倍光学ズームアウト2倍光学ズームアウト
自動フレーム機能センターフレームセンターフレーム
HDビデオ撮影1080P1080P(最大60fps)1080P(最大60fps)
アニ文字/ミー文字/

 

インカメラ性能についても1,200万画素や2倍の光学ズームアウトへ対応するなど着実にパワーアップ。

自動で人物を画角に捉えてくれるセンターフレーム機能も搭載し、オンライン会議などの際にも便利に活用できるようになりました。

 

画像引用:Apple iPadPro公式ページ

 

REOTAN
インカメラを利用してビデオ通話やオンライン授業などに使用予定の方には嬉しいパワーアップポイントですね

 

インカメラ性能については全ての面でM1搭載iPadProが優れていると言っても良いでしょう。バックカメラについては超広角撮影の面でiPadAir4より優れているという認識で大丈夫です。

 

iPadAir4とM1搭載iPadProのセキュリティ性能の違い

 

セキュリティ面については

 

セキュリティの違い

 

への対応になります。この辺りは好みの部分も大きいので評価が分かれるポイントです。

ご自身の利用シーン・好みの解除方法をしっかり検討しておくと良いでしょう。

 

iPadAir4とM1搭載iPadProの価格の違い

 

全てApple公式価格・税込表示です。

 

【iPadAir4とM1搭載iPadProの価格表】※Wi-Fiモデル

 iPadAir4iPadPro(11インチ)iPadPro(12.9インチ)
64GB69,080円
128GB94,800円129,800円
256GB87,780円106,800円141,800円
512GB130,800円165,800円
1TB178,800円213,800円
2TB226,800円261,800円

 

【iPadAir4とM1搭載iPadProの価格表】※Wi-Fi+ Cellularモデル

 iPadAir4iPadPro(11インチ)iPadPro(12.9インチ)
64GB85,580円
128GB112,800円147,800円
256GB104,280円124,800円159,800円
512GB144,800円183,800円
1TB196,800円231,800円
2TB244,800円279,800円

 

最安がiPadAir4の64GBモデルで69,080円、最も高価なのがiPadPro(12.9インチ)の279,800円と実に21万円もの価格差があります。

 

まずは捻出できる予算を決め、以下の3点を考慮すると良いでしょう。

 

【考慮すべき3つのポイント】

  • Wi-Fiモデル or Wi-Fi+ Cellularモデル のどちらが必要か?
  • ストレージはいくつ必要か?
  • この先数年は使い続けるのか?

 

Cellularモデルの可否について迷っている場合は、おそらくWi-Fiモデルで十分だと思います。意外と外出先で使う場面は限られているのと、使うときは宿泊先のホテルやカフェで作業することが個人的にも多かったためです。

 

REOTAN
そういった場所はたいていWi-Fiが飛んでいます。実際にiPadAir4を持ち歩いてますが、Cellularモデルの必要性は感じていません

 

ストレージは予算が許す限り大容量タイプを選択する様にしましょう。←これ重要

画像引用:Apple iPadPro公式ページ

 

iPadOSになったことで外付けストレージとの連携も取りやすくなりましたが、内蔵ストレージに関してはやはり大いに越したことはありません。

 

  • イラスト作成・写真現像などをよくする
  • 動画編集を頻繁に行う
  • ゲーム・アプリを沢山インストールする

 

と言った場合には最低でも128GB~が必要になります。64GBでも運用できないことはないですが、iCloudとの住み分けや定期的なストレージ管理が必要になるのでちょっと上級者向けになります。

 

REOTAN
価格が10万円付近にはなってしまうものの、可能であれば256GBを最低ラインとして選択肢に加えると良いでしょう

 

128GB~を選択しておけば、将来的に動画編集・イラスト作成などを行っても充分に対応可能です。少し余裕をもってストレージ容量を準備しておくのがおすすめです。

 

iPadAir4・iPadPro共にこの先数年は第一線で活躍できる性能を担保していますが、ここ1年の流れを鑑みると今後発売される機種にM1チップが搭載されるのはもはや必然の流れだと言えます。

アプリの最適化が進めばますますMacBookとの融合性が進んでいくと思われるので、より末永く使いたい方はM1搭載iPadProを選んでおく様にしましょう。

 

M1搭載iPadProの気になるポイント

 

最新のM1チップが搭載されたとはいえ気になる点もいくつかあります。ここでは個人的にちょっと気になるポイントについて解説していきます。

 

M1搭載iPadProの気になるポイント

  • M1チップへのアプリの対応状況が不透明
  • ApplePencil、キーボード、カバーを用意するとそこそこの値段に
  • 並列して最大2つまでの作業しかできない
  • ネット閲覧・YouTube視聴が目的の方にはオーバースペック

 

M1チップのアプリ対応状況が少し心配

 

基本的にM1チップでもほとんどのアプリが問題なく動作はするという前提はあるものの、アプリはM1チップに最適化されて作られたものではありません。

 

REOTAN
アプリによっては相性問題などで予期せぬエラーが起こる場合も考えられます。急ぎでない場合はアプリの対応状況などをしっかり踏まえた上で購入しても良いですね

 

アクセサリは意外と高価

 

画像引用:Apple iPadPro公式ページ

 

ApplePencilやキーボード、カバーなどのアクセサリの準備にも意外と大きな金額がかかります。

 

仮に全て純正品で揃えた場合、

 

 

と言った具合に3~4万円近い出費がかかることになります。

 

256GBのWi-Fiモデルで想定すると合計で14万円以上の値段になってしまうので、本体価格だけでなくこうした付属品の購入費用についても予め想定しておきましょう。

 

 

並列して2つまでの作業しかできない

 

画像引用:Apple iPadPro公式ページ

 

MacBookとの大きな違いになりますが、基本的にiPadは1画面=1アプリで作業を行います。画面を分割するSpritView機能を使っても最大で2つのアプリを画面に並列表示して作業することしかできません

 

高性能なM1チップやLiquid RetinaXDRディスプレイをしているにもかかわらず、大画面やメモリ性能を生かしきれないのが残念なところ。iPadOSの弱点と言ってしまえばそれまでですが、OSの強化が近々の課題ともいえるでしょう。

 

ユーザーによってはオーバースペック

 

ネット閲覧・動画視聴がメインの方には正直オーバースペックだと言って間違いありません。

 

もちろん将来的な利用に備えて購入しておくのはアリなんですが、上記の様にメディア利用がメインの方の場合は現在発売されているiPad第8世代iPadmini5も視野に検討すると良いでしょう。

 

【関連記事】

 

iPadAir4とM1搭載iPadProはどっちがおすすめ?

 

iPadAir4がおすすめの人

 

 

iPadAir4がおすすめな人

  • ネット閲覧・動画視聴がメイン
  • フルHD動画や短時間の4K動画編集を行う
  • アプリをスムーズに利用したい
  • 価格を少しでも抑えたい

 

iPadProが登場したとはいえ、iPadAir4も2020年10月に発売されたばかりの最新モデル。高性能なA14 Bionicチップを搭載している為、重たい作業もスムーズにこなしてくれます。

 

アプリについても安心して利用することが出来るので、たくさんのアプリを利用される場合はiPadAir4のほうが安定感があるかもしれません。

価格も256GBを選択時にiPadProと約2万円の価格差があるので、出来るだけ費用を抑えたい方はiPadAir4を選択しておくのがおすすめです。

 

REOTAN
M1チップ搭載!というインパクトに目を奪われがちですが、iPadAir4も高性能機種で間違いありません。プロの方が現場でバリバリ使う用途でもない限り、多くの方が満足できる素晴らしい機種ですよ('ω')ノ 私もまだまだ使い倒します

 

【関連記事】

 

M1搭載iPadProがおすすめの人

 

画像引用:Apple iPadPro公式ページ

 

M1搭載iPadProがおすすめの人

  • せっかく買うなら最新モデルを使いたい方
  • M1チップの高性能に魅力を感じる方
  • ストレージ容量・画面サイズにアドバンテージを感じる方
  • 余裕をもってあらゆる作業を快適にこなしたい方

 

M1チップを搭載した初のiPadと言うこともあり、ここまで解説してきた性能面に魅力を感じる方はiPadProを選んで間違いないでしょう。

 

12.9インチモデルには高性能なLiquid RetinaXDRディスプレイも搭載しているので、繊細な映像編集を行う方や写真編集などまさしくプロが満足できる用途としても活用することが可能です。

画像引用:Apple iPadPro公式ページ

 

Apple公式でも「CPU性能:50%・グラフィック性能:40%UP」とアナウンスされているので、iPadAir4と比べても余裕をもって作業できるのは確実でしょう。

 

REOTAN
タブレットの進化はここまで来たか!と思わせるほど進化をとげました。今後数年は間違いなく第一線で活躍してくれる機種です

 

今回はM1搭載iPadProの性能解説を中心に、iPadAir4との比較記事をまとめてきました。是非今回の記事を参考に機種選びの参考にしていただければ嬉しく思います。

 

 

【Amazonチャージで最大2.5%還元】

 

Amazonでのお買い物にはAmazonチャージがおすすめ! ご自身のアカウントへのチャージでもOK! チャージ額に応じてポイント還元が受けられるお得な利用方法です。

 

【チャージ金額毎の還元率】

チャージ金額通常会員プライム会員
90,000円~2.0%2.5%
40,000円~1.5%2.0%
20,000円~1.0%1.5%
5,000円~0.5%1.0%

 

Amazonチャージ

 

プライム会員になると限定のクレジットカードチャージにも対応。5,000円以上のチャージで何度でもポイント還元が受けられるお得なキャンペーンを実施中です。

 

 

 

 

  • この記事を書いた人

REOTAN

オーディオやガジェット・ゲームが大好きな30代の♂です。妻と長男・愛犬の4人?家族で楽しぐ過ごしています。
おかげさまで月間11万PVを継続中!
ユーザー目線を大切に
「あっ、この情報知りたかった!」
と思ってもらえる記事を心掛けています。

-iPad
-, , ,

© 2021 REOTANの部屋 Powered by AFFINGER5