広告 オーディオ

【レビュー】Hidizs AP80PRO-X バランス接続&LDAC対応の超小型DAP

今回はHidizsから発売中のハイレゾ音源対応DAP「AP80PRO-X」をレビューしていきます。

 

DAPと言えばShanlingやFiiOなどが有名ですが、「ディスプレイ付きでもっと小型サイズのDAPが欲しい」と言う方も多いのではないでしょうか。

 

そんな時に見つけたのがHidizs「AP80PRO-X」と言うポータブルハイレゾプレーヤー。実際使ってみて、音質・操作性・電池持ちも結構良かったので、皆さんにご紹介したいと思います。

Hidizs「AP80PRO-X」 イヤホン:Hidizs MD4

 

 

REOTAN
REOTAN
ご覧の通り超小型サイズ!価格も比較的お手頃なので「手軽に良い音で聞きたい」って人に超おすすめです

 

 

 

 

 

【Hidizs「AP80PRO-X」の良い点・気になる点】

良い点 気になる点
  • わずか6㎝程の超小型サイズ
  • バッテリー持ちが良い
  • 画面操作もキビキビ
  • 2.5㎜バランス接続対応
  • Bluetooth送信・受信に対応
  • 有線・TWSどっちでも聞ける
  • 購入しやすいお手頃価格
  • 明瞭でアタック感のあるサウンド
  • マイクロSDが取り出しにくい
  • iPhoneではUSB-DACとして使えない
  • 説明書がちょっと不親切

※【PR】Hidizs様から製品をご提供いただいております。

 

Hidizs 公式HP

 

Hidizs AP80PRO-Xの主なスペック

 

モデル AP80PRO-X
CPU HBC3000
DACチップ ESS製「ES9219C」
ディスプレイ 2.45インチ IPS HD
本体材質 アルミ合金
OS OSHiBy OS 3.0
DSD DSD 64/ 128 / 256
PCM 32bit/384kHz
MQA MQA((8Xデコード)
USB-DAC機能
ゲインセッティング Low / High
出力端子 3.5㎜ / 2.5㎜バランス
Bluetooth Bluetooth4.2
コーデック SBC/AAC/aptX/LDAC/ HiBy UAT
Hiby Link
外部ストレージ マイクロ SD(最大512GB)
充電方法 USB-C
サイズ 6.1 x 1.4 x 5.4 cm
重量 約70g

 

ファイルフォーマットはその他「FLAC、APE、WMA、WAV、ALAC、DSDIFF」などに対応しています。

 

その他バッテリー性能も優秀で、

 

  • 3.5㎜接続:8~11時間
  • 2.5㎜接続:6~8時間
  • 待機日数:最大40日

 

に対応。毎日ガンガン使う人でも不満を感じない性能を実現しています。

 

 

REOTAN
REOTAN
DACチップに「ES9219C」が搭載されたことで、前モデルよりもSN比が119dB→130dBにUP。より雑音(ノイズ)の少ない環境で音楽が楽しめるのも見逃せませんね

 

 

Hidizs AP80PRO-Xのデザイン

 

・パッケージ内容

 

外箱はブラックを基調としたシックなデザイン。

 

パッケージ内容として以下のものが同封されています。

 

 

パッケージ内容

  • AP80PRO-X本体
  • USB-A to C ケーブルx1
  • USB-C to C ケーブルx1
  • スクリーンプロテクター
  • 取扱説明書
  • 保証書

 

 

USBケーブルはこちらの2本を同封。USB-C to C ケーブルの方はOTGに対応しています。

 

 

・手のひらサイズのDAP本体

 

本体のサイズは「6.1 x 1.4 x 5.4 cm」ほどの超小型サイズです。使用前には傷防止シートが貼られているので、取り外してから使用しましょう。

 

ディスプレイには2.45インチ IPS HDタッチスクリーンを搭載。画質もそこそこ鮮明で、突っかかりを感じないスムーズ操作が可能です。

 

 

下部には左側から「2.5㎜端子」「USB-C端子」「3.5㎜端子」を搭載。さすがにこの筐体サイズだと4.5㎜接続は難しそうですね

 

右側面にはボリュームノブや各種ボタン類を搭載。左側にはマイクロSDポートを搭載しています。

 

成人男性の手のひらに乗せるとこんな感じ。マジで小さなサイズ感です。

 

 

・メニュー画面はとってもシンプル

 

メニュー画面は計2ページのシンプルな構成です。歩数計なんて言う面白い機能も搭載しています。

 

「プレーヤー」ではマイクロSDに入れた音楽のスキャン、MSEBやイコライザー・再生設定などが可能です。再生設定の項目では、DSD出力モードやゲイン設定にも対応しています。

 

「Bluetooth」ではペアリングやコーデック選択、HibyLink利用の有無などが選択可能です。ペアリング済みデバイスも一覧で表示されるため、接続も非常にスムーズに行えます。

LDACやaptX、AAC・SBCなどの選択に対応

 

「システム設定」では、明るさやバックライト点灯時間などの調整に対応。USBモードの切り替えもこちらで行います。

 

 

REOTAN
REOTAN
キビキビ動作してくれるため、スムーズに設定可能です。カクつくこともないし、触ったらきっとビックリしますよ

 

 

Hidizs AP80PRO-Xの機能面について

 

 

・音楽データをマイクロSDに取り込める

 

AP80PRO-X」は音楽ストリーミングサービス等をインストールすることは出来ません。そのため単独DAPとして利用する際は「マイクロSDカード」に楽曲を取り込む必要があります。

 

 

利用方法もとっても簡単で、カードを差し込んだら「プレーヤー」→「音楽をスキャン」を選択すればOK。ファイル・アルバム毎の選択にも対応しています。

 

 

・ハイレゾ認証でワイヤレスも高音質

引用:Hidizs AP80 PRO-X

 

AP80PRO-X」はJAS ・CEAによるハイレゾ認定を受けているため、LDAC(最大96kHz)にもしっかり対応しています。

(※SBC・AAC・apt-X、Hiby UAT(192kHz)にも対応しています。)

 

接続も「AP80PRO-X」とワイヤレスイヤホンなどペアリングするだけ。マイクロSDカードに取り込んだ楽曲を、表現力豊かに高音質で楽しむことが可能です。Bluetooth接続も安定していました。

 

 

\ 合わせてチェック /

 

 

・様々な再生方法に対応

 

本製品は有線接続だけでなく、Bluetooth・マイクロSDの取り込みにも対応しているため、

 

  • マイクロSDの楽曲を再生
  • TWSやワイヤレススピーカーとBluetooth接続
  • ペアリングしたスマホの楽曲を聴くレシーバ機能
  • USB-DACとして使う

 

など様々な再生方法に対応しています。

 

マイクロSDに入れた楽曲再生がメインであれば、超小型のハイレゾプレーヤーとして非常に優秀です。利用シーンに応じて色々な接続形式が選べますしね。

 

 

REOTAN
REOTAN
大きさもわずか6㎝程なので、気軽に持ち運びやすいのも大きな利点です。私は「スマホ」→「本機」をBluetooth接続して、有線イヤホンを使うことが多いです

 

 

・MSEBやイコライザー設定も可能

 

AP80PRO-X」には、MSEBと呼ばれるチューニング機能が搭載されています。

 

イコライザー設定とは異なり、ボーカルの位置や音の太さなど「オーディオ品質を直接調整」することが可能です。3.5㎜ or 2.5㎜接続どちらでも利用できる、中々面白い機能です。

 

 

REOTAN
REOTAN
こうした機能好きな人は好きなはず。ただ「AP80PRO-X」は元の音質がかなり良いため、そこまで神経質に調整する必要はないかな?って感じです

 

 

Hidizs AP80PRO-Xの音質について

 

全体的に躍動感のあるキレのあるエッジの利いたサウンドです。全域にわたって鳴り響くアタック感が心地良く、楽器隊が鳴らす音も力強さとパンチを感じながら聞くことが出来ました。

本機とスマホをペアリング

 

低音域の弾力や明瞭な高音域も心地よく、空間表現力も非常に伸びやか。どの帯域も「シャキッ」とした切れ味の良さを感じながら、余韻を残すような雰囲気で鳴らしてくれます。解像度も比較的高めです。


USB-DACとして再生

 

 

REOTAN
REOTAN
使用中のイヤホンは同じHidizs「MD4」と言う4BA搭載イヤホンです。このイヤホンとの組み合わせ、最高です

 

【レビュー】Hidizs MD4 解像度高っ!チューニングスイッチ搭載4BA有線イヤホン

続きを見る

 

 

2.5㎜バランス接続で使用すると、より空間域・明瞭感が広がる印象です。全体的な力強さも加わるため、この辺りは流石の一言。

2.5㎜バランス接続

 

2万円台で買えるお手頃価格と言うこともあり、DAP初心者~中級者のメイン機・上級者のサブDAPとしてあらゆるユーザーの利用用途にあうハイレゾプレーヤーだと言えます。

ワイヤレスヘッドホンとBluetooth接続

 

 

REOTAN
REOTAN
優里「シャッター」を聴くと、生音が耳に飛び込んでくる様な生々しさを感じるほど。どもモードで聞いても「あっ、これ良い音だ」と思わずつぶやいちゃうはず

 

 

Hidizs AP80PRO-Xの良い点・気になる点

 

【Hidizs「AP80PRO-X」の良い点・気になる点】

良い点 気になる点
  • わずか6㎝程の超小型サイズ
  • バッテリー持ちが良い
  • 画面操作もキビキビ
  • 2.5㎜バランス接続対応
  • Bluetooth送信・受信に対応
  • 有線・TWSどっちでも聞ける
  • 購入しやすいお手頃価格
  • 明瞭でアタック感のあるサウンド
  • マイクロSDが取り出しにくい
  • iPhoneではUSB-DACとして使えない
  • 説明書がちょっと不親切

 

 

何といっても魅力はこの超小さなサイズ感です。豊富な再生モードに加え、2.5㎜バランス接続にも対応。操作もキビキビしてくれます。

 

普通のスマホでは体感できない、明瞭でアタック感のあるサウンドを味わえる超コスパの良いDAPだと言えます。バッテリー性能も良いですしね。

 

 

反対に気になったのがマイクロSDの出し入れがしずらいという点。かなり奥まった位置まで挿入させる必要がある為、取り出しの際には特に一苦労。爪が短いと取り出すはほぼ不可能かもしれません。

 

 

電源供給の問題でiPhoneで利用することも出来ませんでした。iPhoneで利用する際は、本機とBluetooth接続して有線イヤホンで楽しむのがおすすめです。

 

 

Hidizs AP80PRO-X レビューまとめ

 

 

今回はHidizsのハイレゾ音源対応DAP「AP80PRO-X」についてレビューしてきました。

 

\ こんな人におすすめ /

  • スマホの音をもっと良い音で聴きたい
  • 有線or無線どちらでも音楽を楽しみたい
  • ハイレゾ音源を手軽に楽しみたい
  • 小型・軽量のDAPを探している
  • 低価格で機能性〇のDAPを使いたい

 

小型DAPに興味のある方はもちろん、気軽に音楽を高音質で楽しみたい人には特におすすめです。軽量・コンパクト・安価を実現したお買い得モデルだと思います。

 

DAPの世界って上を見ればキリがないのですが、価格を考えても初心者~中級者まで多くの人が満足いくDAPであるのは間違いありません。上級者の方はサブ機としても良さそうですね。

 

 

REOTAN
REOTAN
音質・操作性・豊富な再生方法のどれを見ても完成度の高いDAPだと思いました。皆さんも気軽に音質改善を目指してみてはいかがでしょうか

 

 

 

 

  • この記事を書いた人
REOTAN

REOTAN

オーディオやガジェット・ゲーム関連のレビューを中心に行っています。 「この情報が知りたかった」と思ってもらえる記事を心掛けています。YouTubeでも情報発信しているのでこちらもぜひ! ※当サイトはアフィリエイトによる収益を受けています。

-オーディオ
-, , , ,