ガジェット

【Anker PowerExpand+ 7-in-1感想・レビュー】iPadにもおすすめ!PD対応USB-Cハブ

    こんにちは、REOTAN(@REOTANnoheya)です!

     

    今回はANKERから発売中のUSBハブ「Anker PowerExpand+ 7-in-1」をレビュー!

    小型・軽量のデザインながら最大で7つのポートを搭載。PCやMacBookはもちろん、iPadで利用可能な「一台あると便利なUSBハブ」です。

     

    7-in-1とある様に7つのポートを一つにまとめた本機。以下の機能をコンパクトボディに「ギュッ」と搭載しています。

     

    7つのポート

    1. PD対応USB-Cポート(給電用)
    2. USB-Aポート(USB3.2Gen1)
    3. USB-Aポート(USB3.2Gen1)
    4. HDMI端子(4K/30㎐)
    5. SDカードスロット
    6. MicroSDカードスロット
    7. イーサネット端子

     

    本機には通常のマルチUSBハブとは異なり「イーサネット端子」も搭載。無線環境が不安定な場所や、有線LANが利用可能なレンタルスペースでも有効的に活用することが出来ます。

     

    REOTAN
    今回はiPadAir4での利用方法を中心にご紹介。外部ストレージとの連携もスムーズなので、今では欠かせない相棒となっています

     

    それではまず「Anker PowerExpand+ 7-in-1」の外観・デザインについて見ていきましょう!

     

     

    「Anker PowerExpand+ 7-in-1」の外観・デザイン

     

    ①「PowerExpand+ 7-in-1」の外箱・内容物

     

    外箱はいつもながらのシンプルなデザイン。

     

    内容物は以下の通りです。中央部に白帯で丸まっているのは持ち運びに便利な「トラベルポーチ」です。

     

    PowerExpand+ 7-in-1の内容物

     

    ちなみにポーチは少しザラツキのある布地のデザイン。小ぶりサイズながらも結構しっかりした造りのポーチです。

     

    ②「PowerExpand+ 7-in-1」の本体・デザイン

     

    本体はダークグレー調のスタイリッシュなデザイン。USB-Cケーブルは脱着不可なものの、非常にコンパクトなサイズです。

    Anker PowerExpand+ 7-in-1

     

    PowerExpand+ 7-in-1のサイズ

    • 本体サイズ:約117 x 53 x 16 mm
    • ケーブルの長さ:約18㎝
    • 重さ:約114 g

     

    REOTAN
    7つの端子を搭載しながらこのサイズ感はかなりGood!細部の造り込みも非常に精巧なので安心して利用出来そうです

     

    正面にはUSB-Aポートを2基搭載。それぞれ5Gbpsまでの転送速度に対応しています。

     

    REOTAN
    USB規格としてはUSB3.2Gen1(USB3.0)ですね。iPadAir4も同様の規格なので転送速度について心配はなさそうです

     

    背面側には左から、HDMI端子・SDカードスロット・MicroSDカードスロット・給電用のUSB-Cポートを搭載。収まりよくコンパクトにまとまっています。

     

    本体上部にはイーサネット端子を搭載。有線でのインターネット通信にも対応しています。

     

    REOTAN
    後ほど解説しますがiPadAir4でも有線通信がOKでした。通信も安定していましたよ

     

    ケーブル側はこんな感じ。柔軟性のあるゴム素材で造られていることもあり、ケーブルの破損や断線の心配はないでしょう。

     

    続いて7つのポートのそれぞれの仕様・詳細について見ていきましょう。

     

     

    「Anker PowerExpand+ 7-in-1」の7つのポート

     

    Anker PowerExpand+ 7-in-1」を下記の様な形でiPadAir4に接続しました。

     

    REOTAN
    ケーブル分離型なのでPC・iPadAir4など複数のデバイスに汎用性があるのもGoodポイントですね

     

    ①USB-Cポート

     

    給電用の端子としてPD対応のUSB-Cポートが搭載。MAX60Wの入力に対応しています。ただし本機への給電用に12Wとられるため、結果として接続デバイスへの充電はMAXで48Wになります。

     

    • 60Wまでの入力に対応
    • 12Wは本機への給電用に使用
    • 最大48Wまでの充電に対応

     

    REOTAN
    パススルー充電には適していない点には注意が必要です

     

    iPadAir4で充電スピードを検証してみました。充電器・ケーブルは下記の物を使用し検証しています。

     

     

    充電性能は平均して以下の通り。おおよそ32W~33Wの状態で安定する感じでした。

     

    iPadAir4は30Wまでの急速充電に対応しているので、本機への給電分を差し引くとおよそ20Wの充電スピードに。日常使いに困る様な充電速度ではありませんが、iPadAir4ではMAXでこのスピードみたいですね。

     

    REOTAN
    その他にAnkerの「PowerPort Atom III 63W Slim」、Ravpowerの「RP-PB201」でも検証。両機とも15.0V×2A=約30W前後で安定する様子でした

     

    【関連記事】

    【iPadAir4対応】PD対応おすすめ急速充電器8選+充電ケーブルの選び方

    続きを見る

     

    ②USB-Aポート×2

     

    USB-Aポートは、最大転送速度5Gbpsに対応した「USB3.2Gen1」ポートを2基搭載。対応する外付けSSDやUSBメモリ等で高速にデータ通信を行うことが可能です。

     

    下記の形でiPadAir4へ外付けSSDを接続してみました。

    接続機器:「BUFFALO SSD-PSM480U3」※exFATフォーマットを行っています。

     

    接続するとiPadAir4側ではこの様に認識。もちろんiPadAir4⇔外付けSSD間のファイルの移動もOKです。※外付けSSDの2台同時接続は私の環境では非対応でした。

     

    REOTAN
    iPadAir4を介して直接クラウドへUP出来るのもとても便利!iCloudとの連携もバッチリです

     

    同時にボイスレコーダーも接続してみました。こちらも問題なく利用することが出来ました。

     

    外付けSSDやボイスレコーダーの他に、USBメモリ等も利用可能です。外付けキーボードを接続して利用するのも良いかもしれませんね。

     

    REOTAN
    PCとは違いiPadAir4はUSB-Cポートが1つしかありません。「Anker PowerExpand+ 7-in-1」を使用する事で、PD充電を行いながら各種デバイスを接続・管理出来るのはそれだけでも大きなメリットと言えます

     

    【関連記事】

    【レビュー】iPad/PS4もOK!超小型SSD「SSD-PSM480U3」を使ってみた

    続きを見る

     

    ③SDカード・MicroSDカードスロット

     

    続いてSDカードスロットについて見ていきましょう。

     

    SDカードを認識してくれるとiPadAir4側ではこの様な表示に。もちろんこの状態でiPadAir4⇔SDカード間でのデータ転送もOKです。

     

    デジカメのSDカードであれば下記の様に撮影画像を一覧表示させることも可能。外出先でもすぐに大画面で確認できるのは大きなメリットですね。

     

    REOTAN
    Photoshopなどのアプリ連携でそのまま画像編集することも可能です。この辺のフットワークの軽さはiPadならではですね

     

    MicroSDについても使い方はSDカードと全く一緒です。カードの差し込みが逆向きなので破損させるところでした(^^;

     

    REOTAN

    ちなみにiPadAir4ではSDカード・MicroSDカードの併用は不可の様子。先につないだカードのみ認識しれくれるので、2枚のカードの同時使用は対応していないみたいですね

     

    ④HDMIポート

     

    続いてHDMIケーブルを接続して、外部ディスプレイへの出力を見ていきましょう。

     

    今回は液晶テレビに接続してみました。MacBookを含めiPadでは基本的に「ミラーリング表示」のみに対応しているので、映し出される映像はiPadAir4と同じ物が表示されます。

     

    Amazonプライムビデオなど、一部の動画配信サービス利用時にはこの様にiPadAir4側はリモコン画面として利用します。

     

    REOTAN
    ちなみに本機へ給電しなくてもHDMI接続を利用することが出来ました。周りの通信環境に左右されないので、基本的にどこでも利用することが出来るのは大きな強みと言えますね

     

    HDMIケーブルによる外部出力のみ行いたい方は下記の様なアイテムを使用するのもおすすめ。別記事で詳しく解説しているので合わせてご参照ください。

     

    【関連記事】

    HDMIケーブルでiPadAir4を外部ディスプレイに出力!おすすめアイテムも紹介

    続きを見る

     

    ⑤イーサネットポート

     

    冒頭でご紹介した通り、iPadAir4はイーサネット端子を通じて有線通信を行うことが可能です。有線・無線時の速度比較も同時に検証してみました。

     

    上部にあるイーサネット端子へLANケーブルを接続します。

     

    しっかり接続が完了するとオレンジ色に端子が変化。接続待機状態になります。

     

    【フレッツ光・VDSL方式】

    無線LAN利用時の速度は下記の通り。総じて遅めのスピードですがこれでも我が家では早い方です(;´・ω・)

     

    対して有線接続時の速度はこちら。上り・下りとも速度が大きくUPしてくれました。数時間使用していても本体がほんのり温かくなる程度なので、耐久性についても問題ないと思います。

     

    REOTAN
    有線の通信も安定していたので、利用シーンに応じて無線LANと使い分け出来るのは本機の強みと言えますね!

     

    【関連記事】

    iPadAir4をもっと便利に活用!「あると便利な周辺機器おすすめ8選」

    続きを見る

     

    「Anker PowerExpand+ 7-in-1」はこんな人におすすめ

     

     

    PowerExpand+ 7-in-1はこんな人におすすめ

    • 一台でマルチに使えるUSBハブを探している方
    • iPadAir4・iPadProで使えるUSBハブを探している方
    • 安価で品質の良いアイテムを探している
    • Windows・Mac・iPadOSなどOSを問わないUSBハブを探している方
    • デジカメ・外付けSSDのデータをiPadとやり取りしたい方

     

    小型・軽量のデザインと言うこともあり、持ち運ぶ機会の多いiPadAir4との相性は抜群!HDMI・SDカードスロットも搭載しているので、あらゆるシチュエーションで便利に活用可能な一台です。

     

    iPadAir4でも安定して利用することが出来るので、USBハブを探している方には非常におすすめ!これからもしばらくは私の相棒として活躍してくれそうです('ω')ノ

     

     

     

    【Amazonチャージで最大2.5%還元】

     

    Amazonでのお買い物にはAmazonチャージがおすすめ! ご自身のアカウントへのチャージでもOK! チャージ額に応じてポイント還元が受けられるお得な利用方法です。

     

    【チャージ金額毎の還元率】

    チャージ金額通常会員プライム会員
    90,000円~2.0%2.5%
    40,000円~1.5%2.0%
    20,000円~1.0%1.5%
    5,000円~0.5%1.0%

     

    Amazonチャージ

     

    プライム会員になると限定のクレジットカードチャージにも対応。5,000円以上のチャージで何度でもポイント還元が受けられるお得なキャンペーンを実施中です。

     

     

     

     

      • この記事を書いた人

      REOTAN

      オーディオやガジェット・ゲーム関連のレビューを中心に行っています。 ユーザー目線を大切に「この情報知りたかった」と思ってもらえる記事を心掛けています。YouTubeでも情報発信しているのでこちらもぜひ!

      -ガジェット
      -, ,