充電器・モバイルバッテリー

【iPadAir4対応】PD対応おすすめ急速充電器8選+充電ケーブルの選び方

    こんにちは、REOTAN(@REOTANnoheya)です!

     

    USB-Cポートが採用されたiPadAir4。動画編集や資料作成、デザイン制作など色々な用途へ活用できるハイスペックマシンへと生まれ変わりました。

     

    1つ残念なのは ↓ の付属充電器がMAXで20W出力対応と言う点。

    Apple 20W USB-C電源アダプタ

     

    iPadAir4は高速充電に対応しているので「30W以上の出力に対応した電源アダプタ(充電器)」を使用することで、素早く充電を行うことが可能です。

     

    付属の充電器で充電するのはスピード面でちょっともったいないんです

     

    こんなお悩みありませんか?

    • iPadAir4の充電スピードの遅さが気になる
    • iPadAir4をもっと素早く充電したい
    • 充電器やケーブルなどおすすめ商品を知りたい
    • 複数の機器を同時に充電したい

     

    こんなお悩みに答えていきます

     

    そこで今回の記事では

    「iPadAir4対応 急速充電器の選び方・おすすめの充電器 」

    について実際に購入した充電器を含め、解説を進めていきます。

     

    <関連記事>

    iPadAir4購入後に必ず揃えておくべき周辺機器【おすすめ7選+α】

    続きを見る

     

    まずは急速充電を行うために必要な条件を確認していきましょう!

     

    ※Appleでは「高速充電」と読んでいますが、市販されている多くの充電器は「急速充電」とネーミングされています。今回の記事内では急速充電という言葉で統一させていただきます。

     

    iPadAir4で急速充電を行うのに必要な条件

     

    ①iPadAir4で急速充電を行う為の3つの条件

     

    iPadAir4で急速充電を行う為に必要な条件は下記の3つです

     

    iPhone12の急速充電器の選び方

    • 30W以上出力可能な充電器を選択
    • 充電器側の端子が「USB-C」で「PD対応」等と表記があること
    • 「急速充電」・「PD対応」等と記載のあるUSB-C充電ケーブルを使用

     

    確認すべきなのは上記の3点。この条件さえ守ってもらえればOKです!

     

    ②iPadはPD「Power Delivery」に対応!

     

    ここまでiPadの急速充電には「PD対応」が必要とお伝えしてきましたが、このPDと言うのは「USB Power Delivery」の略称。最大100Wまで出力可能なUSBの規格の1つです。

     

    実は急速充電に対応したUSBの規格は各社で乱立中。

    • USB公式の規格「USB PD」
    • クアルコム社   「Quick Charge」
    • Huawei社    「Super Charge」
    • etc…

    と言った具合でたくさんの種類があるのが現状。私も全ては把握しきれてませんw

     

    iPhoneやiPadは「PD対応」とだけ押さえておいてもらえればOKです!

     

    iPadAir4以外のiPadも急速充電に対応

     

    もちろんiPadAir4以外にもiPadでは急速充電が可能です。対応機種は以下の通りです。

     

    iPadの急速充電対応機種

    • iPadmini5          20W以上のPD対応充電器・バッテリーを使用
    • iPadAir3 /  4                           30W以上のPD対応充電器・バッテリーを使用
    • iPadPro(10.5 /11インチ)         〃
    • iPadPro12.9インチ         45W以上のPD対応充電器・バッテリーを使用

     

    iPadPro12.9インチを除き、30W以上のPD対応充電器やモバイルバッテリーを用意しておけば概ねOK

     

    iPadmini5の場合は20Wでも十分ですが、将来的な買い替えや性能向上を見据えても30W以上の充電器を用意するのが良いでしょう

     

    【1ポート】iPadAir4におすすめのPD対応急速充電器

     

    ここからはiPadAir4におすすめのPD対応急速充電器をご紹介していきます。iPadProの11インチを使用中の方なども是非参考にしてみて下さい。

     

    ①AUKEY 30W USB-C急速充電器 PA-F2

    AUKEY 30W USB-C急速充電器 PA-F2

     

    AUKEYから発売中の急速充電器「PA-F2」です。30Wの高出力に対応し、5×4.9×2.8cmと言うコンパクトサイズも特徴です。

    価格が1,000円台で購入できるのも魅力なので、初めて購入する方にもおすすめの一台です。

     

    この商品の特徴

    • PD対応
    • USB-C搭載で30Wの高出力
    • 5×4.9×2.8cmの超小型サイズ
    • 折り畳み式プラグを採用
    • iPhoneやiPadの高速充電にも対応
    • 1,000円台で購入可能

     

    【AUKEY PA-F2感想・レビュー】安くて小さい!30W出力のPD対応急速充電器

    続きを見る

     

     

    ②AUKEY PD対応 USB-C急速充電器 30W PA-Y19

    AUKEY USB-C急速充電器 30W PA-Y19

     

    こちらもAUKEYから発売中のPD3.0対応急速充電器「PA-Y19です。同様に30Wの高出力に対応し、わずか3.6×4.6×3.2cmの超小型サイズが何よりも魅力。

    次世代の半導体素材である「GaN」窒化ガリウムを採用しているので、小型化と発熱を抑えた構造なのもGoodポイントです。

     

    この商品の特徴

    • PD対応
    • USB-C搭載で30Wの高出力
    • 3.6×4.6×3.2cmの超小型サイズ
    • 次世代の半導体素材「GaN」により効率のより廃熱性
    • 折り畳み式プラグを採用
    • iPhoneやiPadの高速充電にも対応
    • 持ち運びの多い方や超小型サイズを探している方におすすめ

     

     

    ③RAVPower USB-C 急速充電器 RP-PC120

    RAVPower USB-C 急速充電器 RP-PC120

     

    Ravpowerから発売中の最小クラスの充電器です。重さも約60gと非常に軽量。角の丸い立方体のデザインなので持ち運びの際にケースやカバンを傷つける心配もありません。

    折りたたみ式プラグを採用しているので、持ち運びに便利な点も見逃せません。

     

    この商品の特徴

    • PD対応
    • USB-C搭載で30Wの高出力
    • 4.2 x 4.2 x 2.8 cmの超小型サイズ
    • 重量も卵一個分(約60g)
    • 次世代の半導体素材「GaN」による小型化と優れた放熱性を実現
    • 折り畳み式プラグを採用
    • iPhoneやiPadの高速充電にも対応
    • 持ち運びの多い方や超小型サイズを探している方におすすめ

     

     

    iPadAir4をもっと便利に活用!「あると便利な周辺機器おすすめ8選」

    続きを見る

     

    ④Anker PowerPort III 65W Pod

    Anker PowerPort III 65W Pod

     

    Ankerから発売されている65Wの高出力に対応したPD対応急速充電器。ボディも幅2.9㎝・高さ4.5㎝と超コンパクトボディ。折り畳みプラグを採用しており、持ち運びに便利な点も特徴的です。

     

    PD規格の1つであるPPS規格に対応している為、Galaxy S20等のPPS対応機器との組み合わせでより高速な充電を行うことも可能。iPadAir4だけに限らずノートPCやMacbookProの充電にもしっかり対応可能な充電器です。

     

    この商品の特徴

    • PD対応
    • USB-C搭載で65Wの高出力に対応
    • 6.8 x 3 x 4.5 cm、重さ約140gのコンパクトボディ
    • 充電効率と放熱性に優れたAnker独自技術のMiniFuelを採用
    • MacbookProやiPadの充電にもしっかり対応可能なパワーを搭載
    • 折り畳みプラグを採用

     

    ⑤Anker PowerPort Atom III

    Anker PowerPort Atom III 

     

    こちらもAnkerから発売中のPD対応充電器。一見大きな外観に見えますが厚さわずか2㎝のスリムなデザインながら45Wもの高出力が可能です。

    iPhoneはもちろんのこと、iPadProの充電にも十分対応できるパワーも魅力です。プラグを折り畳むことも可能です。

     

    この商品の特徴

    • PD対応
    • USB-C搭載で45Wの高出力
    • 厚さ約2㎝のスリムボディ(8.4 x 5 x 2 cm)
    • 次世代の半導体素材「GaN」を採用した小型設計
    • iPadProの充電にも対応する高出力
    • 折り畳み式プラグの採用で持ち運びの際も便利

     

     

     

    【2ポート】iPadAir4におすすめの急速充電器

     

    ①Anker PowerPort Speed+ Duo

     

    Anker PowerPort Speed+ Duo

     

    PD対応の最大42W出力可能な充電器。USB-CとUSB-Aの2種類のポートを搭載しているので従来機器と併用して充電したい方におすすめ。

    2ポートを同時に使用してもUSB-Cで30W、USB-Aで12Wの出力に対応しているのでiPadAir4の急速充電も問題ありません。

     

    この商品の特徴

    • PD対応
    • USB-C・USB-Aの2ポートを搭載
    • USB-Cで30W、USB-Aで12Wの合計42W出力に対応
    • 6,3cm × 6,2cm × 2,9cmのコンパクトサイズ
    • USB PDとQuick Chargeの両方に対応する互換性
    • Anker独自の多重保護システムによる高い安全性
    • 従来機器の充電も同時に行いたい方におすすめ

     

     

    ②Anker PowerPort Atom III

    Anker PowerPort Atom III

     

    こちらもAnkeから発売中のrのUSB-C・USB-Aの2ポートを搭載した最大60W対応の充電器。2ポートを同時使用中でもC側で45W、A側で15Wの出力に対応しています。

    「ほとんどの充電をこれひとつで」と言われている様に、将来性を考えても一台持っておくと便利な充電器です。

     

    素材には新素材GaN(窒化ガリウム)を採用し、従来の充電器と比べて小型化&発熱を抑える作りになっているのもポイントです。

     

    この商品の特徴

    • PD対応
    • USB-C・USB-Aの2ポートを搭載
    • USB-Cで45W・USB-Aで15Wの同時出力にも対応
    • 約68 × 69 × 28 mmのコンパクトサイズ
    • USB PDとQuick Chargeの両方に対応する互換性
    • Anker独自の多重保護システムによる高い安全性
    • 従来機器の充電にも対応しているので一つあると便利な充電器

     

     

    ③AUKEY  PD対応USB-C急速充電器「PA-D3」

    AUKEY PD対応USB-C急速充電器「PA-D3」 

     

    現在私わたしも使用中の最大60W出力に対応した充電器「PA-D3」です。ノートPCやiPadPro等も高速で充電できるパワーがあります

    こちらもUSB-CとUSB-Aの2ポートを搭載し、Cポート単独使用では60W・同時使用でも45Wの高出力が可能です。半導体素材「GaN」を採用して小型なサイズなのも魅力です。

     

    この商品の特徴

    • PD対応
    • USB-CとUSB-Aの2つのポートを搭載
    • USB-Cで45W、USB-Aで12Wの同時出力に対応
    • USB-C単独で使用の場合60Wもの高出力に対応
    • 6.7 x 6.4 x 2.9 cmのコンパクトサイズ
    • 半導体素材「GaN」を採用による小型化と高い安全性
    • ノートPCやiPadの充電もしたい方におすすめ

     

    「関連記事」

    【AUKEY PA-D3感想・レビュー】60W出力のPD対応 USB-C急速充電器

    続きを見る

     

     

    USB-Cポートを2口搭載した機種も発売されています。

     

     

    Anker PowerPort Atom IIIとの違いは最大出力値

     

    ②で紹介したAnker PowerPort Atom IIIとの一番の大きな違いはUSB-Cポート単独使用時の最大出力値です。

     

     

    iPadAir4の充電の場合、どちらの機種を選んでも問題ありませんが60W以上のパワーが必要なノートPC等で利用される場合は「PA-D3」を選んだ方が良いと思います。

     

    ④Anker PowerPort AtomIII 63W Slim

    Anker PowerPort AtomIII 63W Slim

     

    Ankerから発売中の薄型・コンパクトサイズの急速充電器「Anker PowerPort AtomIII 63W Slim」です。デスク上で使用するのにピッタリな卓上型のデザインが採用されています。

     

     

    USB-C×2・USB-A×2の合計4ポートを搭載し最大で63Wの出力に対応。USB-Cポートを単独使用時にも45Wの高出力が可能なので、MacBookやiPadの充電を行うことも可能です。

     

    この商品の特徴

    • PD対応
    • USB-C×2・USB-A×2の合計4ポートを搭載
    • USB-C単独45W、併用時にも30W+18Wの出力に対応
    • 約 88 × 86 × 18mmのコンパクトサイズ
    • 半導体素材「GaN」を採用による小型化と高い安全性
    • iPadAir4やMacBook、スマホ等の同時充電におすすめ

     

    【Anker PowerPort AtomIII 63W Slim感想・レビュー】デスクに最適!超薄型の急速充電器

    続きを見る

     

     

    急速充電対応のUSB-Cケーブル

     

    ここからは急速充電を行う上で欠かせないUSB-Cケーブルを紹介していきたいと思います。

     

    ①Apple純正 USB-C充電ケーブル

    Apple純正 USB-C充電ケーブル

     

    何と言っても一番安心なApple純正のケーブルです。iPadAir4を購入した際に付属しているケーブルですね。USB-C対応デバイス間での同期やデータ転送にも対応しているので、純正品をお探しの方におすすめです。

     

     

    ②Anker PowerLine III USB-C & USB-C 2.0 ケーブル

    Anker PowerLine III USB-C & USB-C 2.0 ケーブル

     

    ANKERから発売されいるUSB-Cケーブル。個人的には耐久性を重視するならばこちらのAnker製品がおすすめ

     

    PD対応の充電ケーブルでありながら、25,000回以上の折り曲げテストにも合格した品質の高さが特徴です。価格も純正品の約半額なので必要な長さに応じて準備しておくのも良いですね。

     

     

    寝室用や外出用、紛失に備えて複数のケーブルを持っておくと何かと便利

     

    ③Anker PowerLine III USB-C & ライトニング ケーブル

    Anker PowerLine III USB-C & ライトニング ケーブル

     

    こちらはiPadmini5やiPhoneで急速充電を行う為に必要なPD対応の「USB-C ⇔ ライトニングケーブル」です。

    先程と同様にAnkerの高耐久性ケーブルになります。私もiPhoneの充電用に持ち運び専用として購入していますが、充電速度・耐久性とも◎です。

     

     

    ④ESR USB-C to ライトニング ケーブル (MFi認証取)

    ESR USB-C to ライトニング ケーブル

     

    ESRから発売されているMFi認証済みのPD対応ケーブル。編組ナイロンで作られおりケーブル自体の耐久性とデザイン性に優れているのが特徴です。

     

    ケーブルの長さも豊富に展開されているので、用途に合わせて利用することが可能です。

    • 0.2m
    • 1m
    • 2m
    • 3m

     

    わたしは持ち運び用に「0.2m」の長さを購入しました! バッグの中でゴチャゴチャしない絶妙な長さでとっても便利です

     

     

    iPadAir4をもっと便利に活用!「あると便利な周辺機器おすすめ8選」

    続きを見る

     

    まとめ

     

     

    今回はiPadAir4対応のPD対応・急速充電器についてまとめてきました。

     

    種類や規格が乱立しており、一体どれを選べば良いの分からなくなるのも当然です。一緒にもう一度おさらいしてみましょう!

     

    ココがポイント

    1. 30W以上出力可能な充電器
    2. 充電器側の端子が「USB-C」で「PD対応」等と表記があること
    3. 「急速充電」・「PD対応」等と記載のあるUSB-C充電ケーブルを使用

     

    是非今回ご紹介した機器を中心に、機器選びの参考にしてみて下さい。

     

    充電環境を見直す良いチャンス!充電速度がUPするだけで、精神的にもゆとりが出てきますよ('ω')ノ

     

    今回も最後までご覧いただきありがとうございました、REOTAN(@REOTANnoheya)でしたー!

      • この記事を書いた人

      REOTAN

      オーディオやガジェット・ゲーム関連のレビューを中心に行っています。 ユーザー目線を大切に「この情報知りたかった」と思ってもらえる記事を心掛けています。YouTubeでも情報発信しているのでこちらもぜひ!

      -充電器・モバイルバッテリー
      -, , , ,