iPad・iPhone

【性能比較】iPadAir5とiPad mini6 違いを解説・レビュー

    こんにちは、REOTAN(@REOTANnoheya)です!

     

    先日のAppleイベントで「新型iPadAir」の発表が行われました。M1チップ搭載やUSB転送速度がUPするなど、iPadAir4と比べ格段に性能UPしたモデルへと進化しました。

    引用:Apple  

     

    iPadAir5とiPadAir4の違い・性能面については、こちらの【性能比較】 iPadAir5とiPadAir4の違いを解説の中で紹介中ですが、ユーザーの中には「iPad mini6との違いがよく分からない」と言う方もいらっしゃると思います。

     

    そこで今回の記事では

     

    • iPadAir5とiPad mini6のデザイン・性能面の違い
    • iPadAir5とiPad mini6の共通ポイント
    • 使えるオプション品について

     

    について、両モデルの違いを詳しく解説していきます。

     

     

    REOTAN
    iPad mini6(iPadAir4含む)ユーザーである私が、現役のリアルユーザー視点でまとめていきますよー!

     

     

    まずは両モデルのサイズやストレージについて確認していきましょう!(※iPadAir4とiPadAir5の筐体サイズが同じため、iPadAir5の画像に関してはiPadAir4を使用しております。)

     

     

    iPadAir5とiPad mini6のサイズ・重さ

    引用:Apple  

     

    まずは両モデルのサイズの違いを比較してみましょう。

     

    iPadAir5とiPad mini6 サイズの違い

    • iPadAir5:247.6 mm × 178.5 mm × 6.1mm
    • iPad mini6:195.4 mm × 134.8 mm × 6.3 mm

     

    サイズ的にはiPadAir5の方がもちろん大きいのですが、Airの名の通りiPadAir5の方が0.2mm薄い設計となっています。

     

    iPadAir5と同じ筐体サイズのiPadAir4とiPad mini6を並べるとこの様なイメージです。大体の大きさの違いが掴めるかと思います。

    ※iPadAir4とiPad mini6(USBハブ:Anker PowerExpand 6-in-1

     

    ディスプレイサイズはiPadAir5が10.9インチ、iPad mini6が8.3インチを搭載。iPadAir5の方がイラスト・メモ用途で使用する際に、かなり余裕をもって使用することが出来ます。

    ※画像はiPad mini6とiPadAir4

     

    重さに関してもiPadAir5で461g、iPad mini6で293gとスマホ一台分くらいの重量差(170g)があります。iPad mini6だとこんな感じで片手で持てますが、iPadAir5だと片手持ちの使用は難しい印象です。

     

     

    【サイズ・重さの違い】

    iPadAir5iPad mini6
    本体サイズ247.6 mm × 178.5 mm × 6.1mm195.4 mm × 134.8 mm × 6.3 mm
    ディスプレイサイズ10.9インチ8.3インチ
    重さ(Wi-Fiモデル)461g293g

     

     

    REOTAN
    「筐体サイズ」「重さ」に関してはiPad mini6の方が大きなアドバンテージがあります。持ち運ぶことが多いならば、性能差に目をつむってでもiPad mini6を選んだ方が良いと思います

     

     

    iPadAir5とiPad mini6の価格・ストレージ

     

    ストレージは両モデルとも64GB・256GBを展開。価格に関しても、iPadAir5の方が15,000円高い設定となっています。

     

    【価格・ストレージ】

    iPadAir5iPad mini6
    Wi-Fiモデル-
    64GB74,800円59,800円
    256GB 92,800円77,800円
    Wi-Fi+セルラーモデル-
    64GB92,800円77,800円
    256GB110,800円95,800円

     

     

    REOTAN
    1.5万円の価格差は正直デカいんですが、iPadAir5の性能進化を考えると十分妥当な価格設定と言った印象です。後ほど詳しく解説していきますが、性能面を重視する方はiPadAir5一択で選んでもらってOKです

     

     

    iPadAir5とiPad mini6のカラー展開

     

    ・iPadAir5のカラー展開

     

    カラー展開はiPadAir5で5色の展開が行われています。

    引用:Apple Event

     

    【iPadAir5のカラー展開】

    • パープル
    • ブルー
    • ピンク
    • スターライト
    • スペースグレイ

     

    REOTAN
    定番のスペースグレイに加え、iPad mini6でも人気の高いパープルの展開が加わりました。私はブルーを予約しましたよー

     

     

    ・iPad mini6のカラー展開

     

    対するiPad mini6は全部で4色を展開しています。個人的には、色合いが優しくて指紋も目立ちにくい「パープル」がおすすめです。

    引用:Apple iPad mini6

     

    色合いとしてはこんな感じ。背面がクリアタイプのケースとも相性抜群です。

    使用ケース:ESR 留め具付き 三つ折りスタンド

     

     

    【関連記事】

     

     

    iPadAir5とiPad mini6 性能面の違い

     

    iPadAir5とiPad mini6の性能面では主に3つの違いがあります。それぞれの違いを1つずつ確認していきましょう。

     

    ・チップ性能の違い

    引用:Apple Event

    iPadAir5に搭載されているチップ(CPU)は、iPadPro(12.9インチ)やMacに搭載されている「M1チップ」を採用。iPad mini6には、iPhone SE3にも搭載されたA15 Bionicチップが採用されています。

     

    【iPadAir5とiPad mini6 SoCの比較】

    iPadAir5iPad mini6
    チップM1チップA15 Bionicチップ
    メインメモリ8GB4GB
    GPU8コア5コア

     

     

    メインメモリに関しても、iPadAir5は4GB → 8GBへと大幅パワーUP。動画編集や各種作業などのマルチタスクをスムーズにこなせるようになりました。iPad mini6は4GBのメモリが搭載されています。

     

     

    REOTAN
    M1チップが搭載されたこともあり、性能面はiPadAir5の方が優れていると言って良いでしょう。実機が届いたら別記事でレポートしていきますね

     

     

    グラフィック性能を左右するGPUについても、iPadAir5は新たに「8コア」のGPUを搭載。iPadAir4と比べ、グラフィック性能が約2倍UPしました。iPad mini6には、iPhone13 Proと同じ5コアのGPUが採用されています。

    引用:Apple Event

     

     

    REOTAN
    Appleイベントでは「APEX」を使ったゲーム動画の紹介もありました。重めのゲームも最高画質でサクサク遊べる期待が持てますね

     

     

    ・USB転送スピードの違い

    引用:Apple Event

     

    両モデルともUSB-C端子を搭載しているため、外部ストレージとのやりとりもスムーズに行えます。ただし転送スピードのみ異なっており、

     

    USB 転送スピードの違い

    • iPadAir5:USB3.1Gen2(最大10Gbps)
    • iPad mini6:USB3.1Gen1(最大5Gbps)

     

    iPadAir5の方が約2倍のスピードで動画や画像のやり取りが可能です。

     

     

    REOTAN
    この高速スピードの実現にはUSB3.1Gen2に対応した外付けSSDなどの利用が必須です。利用する際は、USB規格をしっかり確認しておきましょう

     

     

    ただしiPad mini6でも著しく速度が遅いと言う印象はほとんどありません。外付けSSDを利用したLumaFusionでの4K動画編集もスムーズに行えるので、実用上そこまで不便に感じていないのが正直なところです。外部ストレージとのやり取りが多くない方は、そこまで重要視しなくても大丈夫でしょう。

     

    また、以前にYouTube動画内で「iPadAir4とiPad mini6の転送スピード」について検証したことがあります。あくまで参考値ではありますが、一つの目安としてみて下さい。

     

    YouTube:【比較】iPad mini6とiPadAir4 ユーザーだから分かる6つのポイント

     

     

     

    ・使える純正オプション品の違い

     

    Magic Keyboard

     

    3つ目にご紹介するのが、使える純正オプション品の違いです。iPad mini6にはスマートコネクターが非搭載のため、

     

     

    と言った純正のカバー付きキーボードを使用する事ができません。筐体サイズ的にこうしたオプション品の利用は難しい部分もありますが、文書作成の機会が多い方はこの点は注意する必要があります。

     

    スマートコネクター搭載のiPadAir5ならば、これらのオプション品の利用も可能です。文書入力の快適性・利便性についてはiPadAir5に軍配が上がると言って良いでしょう。

     

     

    【使えるオプション品】

    iPadAir5iPad mini6
    Magic Keyboard×
    Smart Keyboard Folio×
    Bluetoothキーボード

     

     

    REOTAN
    BluetoothキーボードであればiPad mini6でも利用可能です。ただし相性問題や遅延が発生することもあるので、仕事・勉強で文書作成を多用する方は迷わずiPadAir5を選んだ方が吉です

     

     

    Apple Pencil は両モデルとも「第2世代」に対応

     

    Apple Pencilは両モデルともApple Pencil 第2世代に対応しています。(※第1世代は×)サードパーティ製品の利用もOKなので、

     

    • Pencilを頻繁に使うか分からない
    • Apple Pencilは高すぎる…
    • サードパーティ製で「普通」に使えるものを探している

     

    と言う方は、下記で紹介中のKINGONE スタイラスペンの利用もおすすめです。純正品の半額以下で購入可能で、コスパ抜群のペンシルとして私も活用中です。

     

     

    【関連記事】

    【レビュー】KINGONE スタイラスペン iPadに最適!使い方・純正品との違いを解説

    続きを見る

     

     

    iPadAir5とiPad mini6の共通ポイント

     

     

    ここまで、サイズや価格・性能面の違いを解説してきました。発売日が近いこともあり両モデルでは共通するポイントが多数存在しています。

     

    【iPadAir5とiPad mini6の共通ポイント】

    • ストレージ展開(64GB / 256GB)
    • USB-C端子搭載(転送スピードは異なる)
    • Touch ID搭載
    • カメラ性能
    • センターフレーム対応
    • Liquid Retinaディスプレイ
    • バッテリー性能
    • 2スピーカー搭載
    • Wi-Fi6 / 5G対応(セルラーモデル)

     

    メインカメラ性能でiPad mini6のみ「クアッドLED True Toneフラッシュ」に対応しているものの、12MP広角カメラ性能や動画撮影についても同様の機能を搭載しています。

     

     

    REOTAN
    こうして見ると、意外と共通点が多いのが分かるかと思います。iPad mini6もめちゃめちゃ高性能ですよね

     

     

    iPadAir5とiPad mini6 レビューまとめ

    引用:Apple Event

    今回は【性能比較】iPadAir5とiPad mini6の違いをテーマに両モデルの違いを解説してきました。

     

    総合的に見るとiPadAir5の方が性能が高いため、動画編集やグラフィック作成で余裕を持った作業が出来るのは間違いありません。iPadProとほぼ同等の機能を搭載したことで、今後数年は戦える高性能タブレットへと進化を遂げました。M1チップの搭載やメモリが8GBに強化されたのは、大きな進化ポイントだと言えるでしょう。

     

     

    もちろんiPad mini6も十分高性能です。スマホのサブ端末として、持ち歩き出来る超高性能ミニ端末として、毎日の生活にゆとりをもたらしてくれるアイテムとして大活躍間違いなしの製品です。カフェで使用しても悪目立ちしにくいサイズ感な点も個人的に気に入っているポイントです。

     

     

    REOTAN
    iPadAir5が発売した際は当ブログでも詳細レポートしていく予定です。ぜひ今回の記事を参考に、端末選びの参考にしていただければ幸いです。それではまた!

     

     

    【関連記事】

    【性能比較】M1チップ搭載! iPadAir5とiPadAir4の違い解説・レビュー

    続きを見る

     

     

     

    【Amazonチャージで最大2.5%還元】

     

    Amazonでのお買い物にはAmazonチャージがおすすめ! ご自身のアカウントへのチャージでもOK! チャージ額に応じてポイント還元が受けられるお得な利用方法です。

     

    【チャージ金額毎の還元率】

    チャージ金額通常会員プライム会員
    90,000円~2.0%2.5%
    40,000円~1.5%2.0%
    20,000円~1.0%1.5%
    5,000円~0.5%1.0%

     

    Amazonチャージ

     

    プライム会員になると限定のクレジットカードチャージにも対応。5,000円以上のチャージで何度でもポイント還元が受けられるお得なキャンペーンを実施中です。

     

     

     

     

      • この記事を書いた人

      REOTAN

      オーディオやガジェット・ゲーム関連のレビューを中心に活動中です。講談社「マネー現代」にも寄稿記事を執筆しています。 おかげさまで月間12万PVを継続中! ユーザー目線を大切に「この情報知りたかった!」と思ってもらえる記事を心掛けています。

      -iPad・iPhone
      -, , , ,