iPad

【最新レビュー】iPadAir第5世代 M1搭載でメインで使える!スペック・性能は?

こんにちは、REOTAN(@REOTANnoheya)です!

 

2022年3月18日、待望のiPadAir第5世代(iPadAir5)が発売されました!前モデルから約1年半ぶりの発売と言うこともあり、発売を心待ちにしていた方も多いのではないでしょうか。

 

新型iPadAir 第5世代 

 

今回のiPadAir5は、前モデルのiPadAir4と比べて主に性能面で大きくパワーUPを遂げました。簡単にまとめるとこんな具合です。

 

【iPadAir5で進化したポイント】

  • CPUにM1チップを搭載
  • RAMが4GB → 8GBに倍増
  • GPUが8コアにパワーアップ
  • USB転送速度が5Gbps → 10GbpsにUP
  • メインカメラが7MP → 12MP
  • 新たに5Gに対応(セルラーモデルのみ)

 

外側のデザインには一切変更がないので、中身の性能がブラッシュアップされた正統進化版みたいな存在です。

 

iPadAir5とiPadAir4の違いについてはこちらの【性能比較】 iPadAir5とiPadAir4の違いの記事内で解説中しています。

左:iPadAir5 右:iPadAir4

 

 

REOTAN
価格は5,000円程UPしましたが、これから買うならiPadAir5一択で間違いありません。iPadProにも匹敵する高性能タブレットへと進化しました

 

 

今回の記事ではそんなiPadAir5の魅力を徹底解説。iPadAir4との比較を交えながら、スペック・デザイン・各種ベンチマークのスコアなどをレビューしていきます。

 

 

iPadAir5の主なスペック

 

まずはiPadAir5のスペックを確認していきましょう。iPadAir4からの進化ポイントについては赤文字で強調しています。

 

iPadAir4iPadAir5
カラー5色5色
CPUA14 BionicチップM1 チップ
GPU4コア8コア
メモリ4GB8GB
画面サイズ10.9インチ
解像度2,266 x 1,488ピクセル / 326ppi
ストレージ64GB / 256GB
ディスプレイLiquid Retinaディスプレイ
センサーTouch ID(指紋認証)
Smart Connector
Apple PencilApple Pencil(第2世代)
Magic Keyboard
Smart Keyboard Folio
カメラ(メイン)12MP広角カメラ / F1.8
カメラ(フロント)7MP / F2.212MP / F2.4 /センターフレーム対応
カメラ(動画)最大 4K/60FPS
スピーカー2スピーカー(横向き)
端子USB-C
USB-C転送速度USB3.1Gen1(最大5Gbps)USB3.1Gen2(最大10Gbps)
5G対応-5G対応(セルラーモデル)
サイズ247.6×178.5×6.1mm
重さ458g(Wi-Fi)/460g(セルラー)461g(Wi-Fi)/462g(セルラー)
価格(Wi-Fi:64GB/256GB)69,080円 / 87,780円74,800円/ 92,800円

 

冒頭で紹介した様に今回のiPadAir5は、性能面でのパワーアップがメインに行われました。本体サイズやディスプレイ性能・使える周辺機器などに変更は一切なく、iPadAir4と同じアクセサリー類の使用が可能です。

 

 

REOTAN
一番の目玉は何と言ってもM1チップ搭載ですね。GPU性能もかなりUPしたので、重めのゲームも最高画質で遊べちゃいます

 

 

iPadAir5のデザイン・カラー展開

 

・カラー展開

 

カラーは全部で5色を展開。定番のスペースグレイももちろんラインナップされています。

 

今回はこの中から新色の「ブルー」をチョイス。少しくすんだ深みのある水色と言ったカラーリングで、男女問わず好まれそうな印象です。

 

・外箱 / パッケージ内容

 

続いてiPadAir5のデザインやカラーについて見ていきましょう。

 

外箱はいつものAppleの箱そのまんま。

 

開封するとiPadAir5とご対面。これまで何台ものiPadを使って来ましたが、何回経験してもこの瞬間はテンションがあがりますね!

 

iPadAir5の下にはマニュアル類に加え、電源アダプター・USB-Cケーブル類を同封。この辺りの構成もいつも通りですね。

 

ちなみに電源アダプターは20Wの物が同封されています。よりスピーディに充電したい場合は、下記の様な30Wタイプの急速充電器の利用がおすすめです。

 

 

 

・本体デザイン

 

本体のデザインは、角の丸みを持たせたエッジデザインを採用しています。

※サイズ:247.6×178.5×6.1mm 重さ:461g

 

撮影中に気が付いたんですが、下部のロゴが「iPad」 → 「iPad Air」にされていました。Smart Connectorもしっかり搭載しています。

 

カメラも背面左上に搭載。12MP広角カメラ / F1.8のスペックが引き続き採用されています。

 

上部にはTouch IDを引き続き搭載。

 

 

REOTAN
Face IDには非対応です。Face IDへの対応はiPadProの特権と言ったところでしょうか

 

 

右側面には音量ボタン・磁気コネクタが配置されています。

 

上下にはスピーカー、下部にはUSB-C端子を搭載。スピーカーは、横向き使用時のみステレオスピーカーとして使用可能です。

 

iPadAir4とiPadAir5を一緒に並べるとこんな感じ。カラーリングが違うだけで、どっちがどっちだか分からんですね…

 

 

 

 

・ディスプレイサイズと性能

 

ディスプレイは10.9インチ・Liquid Retinaディスプレイを搭載。リフレッシュレートは60Hzとなっています。

 

iPadProとは違い、120㎐対応のProMotionテクノロジーは非搭載です。この辺りはiPadProとの上手な住み分けが行われていますね。

 

 

REOTAN
外側の黒枠(黒フチ)が気になる方もいるかもしれませんが、画面いっぱいまで表示されないことでミスタッチを防げるメリットも存在しています。正直使っていくうちにほとんど気になりませんよ

 

 

iPadAir5の性能面をチェック

 

ここからはiPadAir5の性能面を、iPadAir4との比較を交えながら確認していきましょう。

 

 

REOTAN
結論から言ってしまいますが、体感で分かるくらい動作・性能面でUPしています。M1チップ恐るべし!

 

 

・M1チップ搭載で性能UP(Antutu,Geekbenchでチェック)

引用:Apple Event

CPUは、iPadPro(12.9インチ)などに採用されている「M1チップ」が搭載されています。AppleではPadAir4搭載の「A14 Bionicチップ」比で、約60%のパフォーマンス性能が向上とアナウンスされています。

 

ベンチマーク計測で定評のある「Antutu」「Geekbench」でそれぞれ計測を行ってみました。

 

【Antutuで計測】

iPadAir5iPadAir4
チップM1A14 Bionicチップ
メモリ8GB4GB
総合スコア1065389744698
CPU266639205883
GPU551403310083
MEM10610991099
UX141238137633

 

 

総合スコアで比較すると、iPadAir5の方が約30%ほど性能が向上しています。このスコアはiPadPro(11インチ)に匹敵する性能を有しています。

 

 

REOTAN
特に注目すべきなのが、GPUのスコアです。iPadAir4比で80%ほど性能がUPしており、高付加な3Dゲームやグラフィック作成もスムーズに行える様になりました。

 

 

【Geekbenchで計測】※5.4.4

iPadAir5iPadAir4
チップM1A14 Bionicチップ
メモリ8GB4GB
シングルコア17161584
マルチコア73024341

 

iPadAir5に8コアのCPU/GPUが搭載されたことで、マルチコアの性能が約60%UPしました。先ほどのAntutuの結果も含め、3Dゲームや動画編集と言った重めのパフォーマンス性能が大きく向上しています。

 

 

REOTAN
シングルスコアでも向上がみられるので、WEB閲覧や動画視聴と言った日常使いもめちゃめちゃスムーズに行えます

 

 

・USB3.1Gen2対応で転送スピードも大幅UP

引用:Apple Event

 

iPadAir4/ iPadAir5ともに、接続端子はUSB-C端子を搭載しています。このUSB-C端子データ転送にも対応しており、iPadAir5では最大10Gbpsの高速転送に新たに対応しました。

 

 

転送スピードの違い

  • iPadAir5:USB3.1Gen2(最大10Gbps)
  • iPadAir4:USB3.1Gen1(最大5Gbps)

 

 

REOTAN
重めの動画やファイルをより高速に転送できるようになりました。LumaFusionを使って動画編集する僕にはめちゃめちゃ嬉しい機能です

 

 

もちろんこの高速スピードを生かすには、外付けSSDなどもUSB3.1Gen2に対応している必要があります。USB3.1Gen1規格のものだと転送スピードが低下する恐れがある点は予め頭に入れておきましょう。

 

 

実際に転送スピードを計測してみた

 

USB3.1Gen2とUSB3.1Gen1に対応した外付けSSDを用意し、約5.1GBの動画ファイルの転送を行ってみました。計測値は以下の通りです。

左:SanDisk ポータブルSSD SDSSDE60-500G-J25(USB3.1Gen2)
右:BUFFALO SSD-PSM480U3-B/N(USB3.1Gen1)

 

 

【USBの転送スピード】※3回計測時の平均値

iPadAir5
- SanDisk - 
読み込み33秒
書き出し22秒
- BUFFALO -
読み込み43秒
書き出し70秒

 

読み込み・書き出しのいずれもUSB3.1Gen2対応の外付けSSDの方が早い結果となりました。特に書き出しに関しては約50秒も高速化。iPadAir5を介して写真・動画のデータ転送を良く行う方は、USB3.1Gen2対応の外付けSSDを利用が必須だと言えます。

 

 

REOTAN
市販の外付けSSDに多少の性能差はあるものの、読出し速度が550MB/秒くらいの製品がコスパが良い印象です。耐久性と信頼性、コスパの観点から個人的にはSanDiskのExtremeシリーズがおすすめです

 

 

SanDiskのExtremeシリーズ /

 

 

・カメラはインカメラ性能が進化

 

iPadAir5のカメラ性能は基本的にはiPadAir4と同様の性能です。一部インカメラ性能がUPしており、超広角カメラとセンターフレームに新たに対応しました。

 

【iPadAir5の主なカメラ性能】

iPadAir5
メインカメラ12MP / F1.8
インカメラ12MP / F2.4 /超広角カメラ
デジタルズーム(フロント)2倍 
センターフレーム

 

 

REOTAN
ビデオ通話やWEB会議で便利なセンターフレームに対応したのは大きいですね。画質的には両モデルともそこまで変わった感じはありませんでした

 

 

・Magic keyboardなどの周辺機器の利用も引き続き可能

 

先述した通り、iPadAir5にはSmart Connectorが搭載されています。

 

このため、iPadAir4で利用していたMagic KeyboardSmart Keyboard Folioと言った周辺機器は引き続き利用可能です。

 

利用もマグネットをくっつけるだけのかんたん仕様。面倒なペアリングや充電の必要もありません。

 

超サクサク動くトラックパッドを搭載しているため、WEB検索や動画編集の際も便利に利用可能です。フルサイズキーボードも搭載しており、文書作成が多い方は持っておいて絶対損のないアイテムと言えます。

 

 

REOTAN
ペンシルは「ApplePencil第2世代」の利用が可能です。もちろん側面の磁気コネクタに「ピタッ」と張り付けるとも可能です

 

 

【関連記事】

【レビュー】KINGONE スタイラスペン iPadに最適!使い方・純正品との違いを解説

続きを見る

 

 

・新たに5G通信に対応

引用:Apple iPad Air

 

通信性能についてもiPadAir5になってから大きく進化しました。

 

Wi-Fi+セルラーモデルのみにはなってしまうものの、新たに5Gに対応。これまで以上に高速通信が可能になりました。Wi-Fi6にも対応しており、通信周りの強化も抜け目なく行われています。

 

 

REOTAN
5Gの普及はまだまだこれからではあるものの、長期的に見ても損のない性能なのは間違いありません。都市部を中心に利用される方は、セルラーモデルを選ばれるのも良いですね

 

 

iPadAir5で使えるおすすめの周辺機器

 

iPadAir5で使える周辺機器はiPadAir4と同じものが利用可能です。サードパーティ製の保護ケースやガラスフィルムはもちろん、USB-Cハブ等も同様のものが使用可能です。

 

 

REOTAN
下記の記事内でiPadAirを買った後におすすめの「必ず揃えておくべき周辺機器」について解説しています。実際に使用しているものばかりですので、ぜひ参考にしてみて下さい

 

 

 

 

iPadAir5 (iPadAir第5世代) レビューまとめ

 

 

今回はiPadAir5のスペックやデザイン・性能面について解説してきました。

 

  • CPUにM1チップを搭載
  • RAMが4GB → 8GBに倍増
  • GPUが8コアにパワーアップ
  • USB転送速度が5Gbps → 10GbpsにUP
  • メインカメラが7MP → 12MP
  • 新たに5Gに対応(セルラーモデルのみ)

 

上記の様にiPadAir4と比較しても、着実な性能UPを遂げたのは間違いありません。

 

iPadAir5はこんな人におすすめ

  • iPadAir4から買い替えの人
  • ゲーム・動画編集をサクサクこなしたい
  • 写真・動画などのデータ転送をスムーズに行いたい
  • Magic keyboard等を利用した文書作成を考えている
  • 今後数年は使える高性能iPadを利用したい

 

主にこういったニーズを持つ方には購入して間違いなしの一台だと言えます。

 

 

REOTAN
今後しばらくは僕のメインパートナーとして活躍間違いなしの一台となりました。趣味や仕事にガシガシ使っていきたいと思います!

 

 

 

 

中古の良品をお探しの方は「iPhonePLAZA」の利用もおすすめ!iPhoneやiPadの掘り出しものが結構ありますよ('ω')ノ

 

 

 

【Amazonチャージで最大2.5%還元】

 

Amazonでのお買い物にはAmazonチャージがおすすめ! ご自身のアカウントへのチャージでもOK! チャージ額に応じてポイント還元が受けられるお得な利用方法です。

 

【チャージ金額毎の還元率】

チャージ金額通常会員プライム会員
90,000円~2.0%2.5%
40,000円~1.5%2.0%
20,000円~1.0%1.5%
5,000円~0.5%1.0%

 

Amazonチャージ

 

プライム会員になると限定のクレジットカードチャージにも対応。5,000円以上のチャージで何度でもポイント還元が受けられるお得なキャンペーンを実施中です。

 

 

 

 

  • この記事を書いた人

REOTAN

オーディオやガジェット・ゲーム関連のレビューを中心に活動中です。講談社「マネー現代」にも寄稿記事を執筆しています。 おかげさまで月間12万PVを継続中! ユーザー目線を大切に「この情報知りたかった!」と思ってもらえる記事を心掛けています。

-iPad
-, , , ,