充電器・モバイルバッテリー

リニューアル【RAVPower RP-PB186 感想・レビュー】日常使いに最適なモバイルバッテリー

今回はRAVPowerから発売中のモバイルバッテリー「RP-PB186」についてのレビュー!2020年9月に「リニューアル版」として生まれ変わりました。

 

RP-PB201はこんな商品

  • 10,000mAhの大容量バッテリー搭載
  • 手になじみやすいコンパクトサイズ
  • USB-C / A の2ポート搭載
  • 最大18W出力に対応
  • PD対応(急速充電が可能)

 

魅力的なポイントがたくさんあるモバイルバッテリーです。

 

サイズ・容量・出力を見てもiPhoneやアンドロイド端末の充電にもピッタリの性能を誇るこちらの「RP-PB186」 実際に妻が使用していて「これ、小さくて良いよ!」とお墨付きをもらったので、詳しくレビューしていきたいと思います♪

 

外出先でiPhone・スマホの充電をスピーディに行いたい方にピッタリの一台です

 

まずは「RP-PB186」の仕様・スペックについて確認していきましょう!

 

「RP-PB186」の仕様・スペック

 

主な仕様・スペックを下記にまとめてみました。

 

モデルRP-PB186
バッテリー容量10000mAh/ 36.3Wh
対応規格USB Power Delivery 3.0、Quick Charge 3.0
電池のタイプLG化学製「21700」 円筒形リチウムイオン電池
充電時間約3.5時間
USB-C入力最大18W (5V/3A, 9V/2A)
USB-C出力最大18W (5V/3A, 9V/2A, 12V/1.5A)
USB-A出力最大18W (5V/2A, 9V/2A)
最大出力単独で18W・併用時17W
サイズ約 111 x 51 x 25 mm
重量187g
保証期間18か月(最大30か月)

 

「RP-PB186」に採用されている電池は、電気⾃動⾞用に製造されているほど信頼性の⾼いLG化学製 「21700」円筒形リチウムイオン電池」を採⽤しています

 

昨今ではモバイルバッテリーの発火事件などもニュースで報じられるようになりました。バッグからいきなり発火した…等と聞くと本当に恐ろしいですよね。

デバイスや自身の安全を担保するためにも、「RP-PB186」の様に安全性の高い電池を採用したモバイルバッテリーを選ぶのも一つの選択肢です。

 

 

旧モデル「RP-PB186」との違い

 

冒頭で本機は「リニューアル版」と紹介しましたが、旧モデルとの違いは下記のとおりです。

 

前モデルとの違い

  • USB-C 最大出力:29W → 最大出力18W
  • USB-C・A同時使用時の最大出力:29W → 最大出力17W
  • 価格: 3,999円 → 2,999円

 

一見するとスペックダウンしてる様な印象ですが、スマホやiPhone向けのモバイルバッテリーとして無駄をそぎ落としたモデルに生まれ変わりました。

スマホへの急速充電も18W~20Wの出力があればOKなので、まさにユーザーニーズをつかんだモデルと言えますね。

 

旧モデルも並売されています。型番が「RP-PB186」と同じなので、購入する際は要チェックです

 

「RP-PB186」の外観・パッケージ内容

 

パッケージから本体を取り出してみました。私の不注意で箱が少し汚れてしまってますがお許しをw

 

パッケージ内容は以下の通り。給電・充電用のUSB-Cケーブルが付属品として同封されているのが嬉しいポイントです。

 

内容物

  • モバイルバッテリー本体(10,000mAh)
  • USB-Cケーブル
  • 説明書類

 

ちなみにケーブルの長さは端子部も含めて「68㎝」くらい。スマホを手に持ち、バッグの中にモバイルバッテリーをしまったままでも使いやすい長さです

 

カバーの部分に「RAVPower」とデザインされたUSB-Cケーブルが付属します。

 

「RP-PB186」の本体周りをチェック

 

「111 x 51 x 25 mm」の角に丸みを帯びたコンパクトサイズです。

 

男性ならズボンのポケットやスーツの内ポケット、女性の方でもハンドバッグやポーチに余裕をもって収納できるサイズ感です

 

成人男性の手のひらに載せるとこんな感じに。

 

重さは約185gと非常に軽量。ケーブルを含めても約200gと缶コーヒーより軽い位です。

 

充電端子部もスッキリとまとめられています。左側にUSB-C端子・右側にのUSB-A端子が搭載されています。

 

ポイント

  • 左側 → PD対応USB-C端子:最大18W
  • 右側 → QC 3.0対応USB-A端子:最大18W

 

ちなみにUSB-C端子は最大18Wの入力にも対応。18W出力以上のPD対応充電器との組み合わせにより、3.5時間で本体を高速充電することが可能です。

 

18W出力以上に対応したPD対応充電器はこちらの記事で解説中です

【iPhone12対応】PD対応おすすめ急速充電器10選~・失敗しない選び方

こんにちは、REOTAN(@REOTANnoheya)です!   今回はiPhone12を中心に、iPhoneシリーズ対応のPD対応・急速充電器について解説していきます。 PD対応のデバイス ...

続きを見る

 

側面上部にはバッテリー残量表示用のLEDインジゲータを搭載。

 

電源ボタンを押すとLEDインジゲータが青色に点灯し、一目でバッテリー残量を確認することが可能です。

 

背面には本機の規格・詳細が記されています。当然ですがPSE認証済みなので、安心して利用することが出来ます。

 

 

「RP-PB186」の特徴

 

①各ポートで最大18Wの高出力に対応

 

USB-A・Cの各ポートで単独使用時に最大18Wの高出力に対応しています。iPhoneやAndroidスマホの充電には必要十分なスペックを有しています。

 

iPhoneで使用予定の場合、PD対応のUSB-C to Lightningケーブルの使用で急速充電を行うことが可能です。「30分で50%」充電するスピーディさが特徴なので、外出時にもセットで持ち運びたいですね。

 

ちなみに私はこちらのANKERのケーブルを使用中。破損しやすい端子の部分もしっかりと強化! 耐久テストを25,000回クリアした高耐久性のケーブルです。もちろんPD対応なので、急速充電にも対応しています

 

 

短い長さで使用したい方にはこちらの「ESR USB-C toライトニング ケーブル」もおすすめ! 最短20㎝から選ぶことが出来るので、常にセットで使うことが可能です

 

 

 

②USB-A・C併用時は最大17W出力に対応

 

USB-A・Cポートの同時充電にも対応。最大17Wをシェアする形になるので充電スピードは落ちるものの、家族・友人と充電を分け合いながら使えるのはイザと言う時にも助かる機能です。

 

参考までに妻のOPPO RenoAと私のiPhone8を同時に接続してみました。この様にandroidとiOS機器が混在しても充電OKです。

 

2台同時に充電可能なので、日常使いにピッタリのモバイルバッテリーです

 

③持ち歩きに便利なコンパクトサイズ

 

先程少し触れましたが、「RP-PB186」はこのコンパクトサイズが本当に魅力的。画像だと大きく見えるかもしれませんが、実際は「ギュっ」と握れるほどの大きさです。

 

同じような性能を持つAUKEYの「PB-Y36」と大きさを比較してみました。

PB-Y36」は10,000mAh搭載のPD対応モバイルバッテリーとして「世界最小・最軽量クラスのサイズ」を実現している機種でもあります。※2020年4月時点

上:「RP-PB186」 下:「PB-Y36

 

大きさもほとんど変わらない印象ですね。ちなみに両機種とも「ポーチへの収まりも良いし持ち運びしやすい」と妻には好評です! よかった(^_-)-☆

 

【AUKEY PB-Y36 レビュー】10,000mAh搭載モバイルバッテリーがコスパ良すぎな件

こんにちは、REOTAN(@REOTANnoheya)です!   今回はAUKEYから発売中のモバイルバッテリー「PB-Y36」についてのレビュー記事です   10,000mAhの ...

続きを見る

 

20,000mAh搭載のRAVPower「RB-PB201」とも大きさを比較してみました。単純比較にはなりませんが、本当にコンパクトなサイズ感ですね

上側:「RB-PB201」 下側:RP-PB186

 

【60W対応】RAVPower PD対応・急速充電器「RP-PB201」感想・レビュー

こんにちは、REOTAN(@REOTANnoheya)です!   今回は先日購入したRAVPowerのモバイルバッテリー「RP-PB201」についてレビューしていきたいと思います。 &nbs ...

続きを見る

 

USBワットチェッカーで計測

 

同封のケーブルを使用し、「iPadAir4」へ単独充電を行ってみました。ちなみに「iPadAir4」は30Wの急速充電に対応していいます。

 

計測値はおおよそ下記の数値で安定。モバイルバッテリー・ケーブル共にしっかりと急速充電に対応していることが分かります。

 

「12.1V×1.44A=17.4W」で、ほぼMAXのスピードで充電可能であることが確認できました。※環境により計測値は左右します。

 

「RP-PB186」の充電スピードを検証

 

続いて、iPhone8とiPadAir4で充電スピードの検証を行ってみました。

 

充電スピード計測の条件

 

注意

お使いの機器のバッテリー状況などによっても検証値は変わってくるので、あくまでも参考程度でお考え下さい。

 

①iPhone8の充電スピード

 

iPhone8 : バッテリー容量1,821mAh

 

  • 20%→30%   5分15秒
  • 30%→40%   10分55秒
  • 40%→50%    17分
  • 50%→60%    23分40秒
  • 60%→70%    31分
  • 80%まで          48分

 

急速充電の指標通り「30分で50%」充電することが出来ました。移動中やカフェで休憩している際などに、必要十分な充電量をカバーすることが可能です。

 

充電中もモバイルバッテリーがほんのり暖かくなるくらいなので、熱暴走の心配もないですね

 

②iPadAir4の充電スピード

 

iPadAir4 : バッテリー容量 7,700mAh前後(Apple未公表のため推定値)

 

  • 20%→30%   20分30秒
  • 30%→40%    40分33秒
  • 40%→50%     60分29秒
  • 50%→60%     80分40秒
  • 80%まで           120分

 

おおよそ20分で10%ずつ充電するようなスピードでした。バッテリー容量・充電速度の面を考えても、やはり本機はiPhone・スマホの充電向けだと言えますね

 

「RP-PB186」はこんな人におすすめ

 

こんな人におすすめ

  • スマホ・iPhone用のモバイルバッテリーを探している方
  • 持ち歩きに便利なコンパクトサイズに魅力を感じる方
  • 充電スピードが速い方が良い方
  • 2つのデバイスを充電することがある方

 

PD対応や急速充電の性能を維持しつつリニューアル版として発売された「RP-PB186

最大出力が18Wに変更されたこともあり、スマホ・iPhoneの充電にピッタリのモバイルバッテリーとして生まれ変わりました。

 

価格も安価になり、普段持ちに最適な一台と言えますね

 

 

<関連記事>

【iPhone12対応】PD対応モバイルバッテリーの選び方とおすすめ機種

こんにちは、REOTAN(@REOTANnoheya)です!   ついに発売されたiPhone12!購入や機種変更をお考えの方も多いんではないでしょうか?私はiPhone12miniが気にな ...

続きを見る

 

 

【Amazonチャージで最大2.5%還元】

 

Amazonでのお買い物にはAmazonチャージがおすすめ! ご自身のアカウントへのチャージでもOK! チャージ額に応じてポイント還元が受けられるお得な利用方法です。

 

【チャージ金額毎の還元率】

チャージ金額通常会員プライム会員
90,000円~2.0%2.5%
40,000円~1.5%2.0%
20,000円~1.0%1.5%
5,000円~0.5%1.0%

 

Amazonチャージ

 

プライム会員になると限定のクレジットカードチャージにも対応。5,000円以上のチャージで何度でもポイント還元が受けられるお得なキャンペーンを実施中です。

 

 

 

 

  • この記事を書いた人
reotan

REOTAN

iPadやガジェット・ゲームが大好きな30代の♂です。妻と長男・愛犬の4人?家族で楽しぐ過ごしています。 ユーザー目線を大切に「あっ、この情報知りたかった!」
と思ってもらえる記事を心掛けています。

-充電器・モバイルバッテリー
-, ,

© 2021 REOTANの部屋 Powered by AFFINGER5