iPad・iPhone

【iPhone14】iPhone12 miniユーザーは買い替え必要?機種変更するか検討してみた

    こんにちは、REOTAN(@REOTANnoheya)です。

     

    2022年9/8のAppleイベントで待望のiPhone14の発表がありました。眠い目をこすらせながらご覧になられた方も多いのではないでしょうか。

     

    特に「iPhone12mini」ユーザーの場合、バッテリー持ちの面で「そろそろ買い替えようかな」と思っている方も多いはず。機種変更するのに見合った性能なのか気になってしまいますよね。

     

    そこで今回は「iPhone12miniユーザーはiPhone14に買い替えるべき?」をテーマに

     

    • iPhone14とiPhone12miniの違い
    • iPhone14に変えるメリット・デメリット
    • 結局買いなの?

     

    などを現役iPhone12miniユーザー視点から解説していきたいと思います。(※AppleストアでSIMフリー版を購入したケースを解説しています。)

    このサイズ感マジで最高ですよね

     

     

    REOTAN
    iPhone14のどこが凄いのかよく分からない…、と言う方もぜひ参考にしてみて下さい。

     

     

    iPhone12mini → iPhone14で進化したポイント

     

     

    iPhone14になってからの主な進化ポイントは下記の5点です。

     

    カメラが進化したり衝突事故検出が搭載されていますが、性能的にはほぼiPhone13と同じです。

    ※画面サイズは5.4インチ → 6.1インチと当然異なるので割愛しています。

     

    進化した主なポイント

    • 衝突事故検出の搭載
    • A15 Bionicチップを搭載
    • Bluetooth 5.3に対応
    • カメラ機能が進化
    • ビデオ撮影がシネマティックモードに対応

     

     

    REOTAN
    もちろんその他に「バッテリー容量」「最大輝度625→800ニト」などの違いもあります

     

     

    ・衝突事故検出を新たに搭載

     

    一つ目は衝突事故検出の搭載有無の違いです。

     

    衝突事故検出とは、万が一の自動車での重大事故の際に自動で緊急通報サービスに発信してくれる機能のこと。日本ではまだ未対応ですが、衛星経由での緊急SOSにも対応しています。

     

    「必須」とは言えない機能ですが、「頻繁に車を運転される方」や「万が一に備えたい」という方には非常に心強い機能だと言えます。

     

     

    REOTAN
    この機能はiPhone 14の全ラインナップに搭載されています。同様の機能は「Apple Watch Series 8」を介しての利用も出来ますよ

     

     

    ・A15 Bionicチップを搭載

     

     iPhone1412mini
    チップA15 BionicチップA14 Bionicチップ

     

    iPhone14はiPhone13と同様の「A15 Bionicチップ」を搭載。ただしこれはiPhone13 Proと同じ5GPU版であるため、性能的にはワンランク上の物となっています。

     

    対するiPhone12miniは「A14 Bionicチップ」を搭載。iPhone14 Proだと「A16 Bionicチップ」まで進化しているため、世代的には約2世代もの違いがあります。

     

    ただこれはあくまでも数値・スペック上の問題。わたしも含めてそうだと思うんですが、

     

    • 普段のネットサーフィン
    • YouTubeなどの動画を見る
    • ゲームで遊ぶ
    • カメラ・ビデオ撮影をする

     

    と言った普通の使い方をするのに支障はないんですよね。むしろ全然問題ないくらい。この様な使い方がメインの方は、チップ性能についてそこまで気にしなくても良いと思います。

     

     

    ・Bluetooth 5.3に対応

     

     

    iPhone14からは新たにBluetooth5.3に対応しました。これになったことで嬉しいのがサウンド面の強化。

     

    「LE Audio」と言う新しいコーデックが利用可能になり、省電力性や音質面での向上が期待されます。SBCよりも低いビットレートでの高音質化も可能なため、かなり期待の持てる規格だと言えるでしょう。

     

     

    REOTAN
    現時点(9月)で言及はないものの、将来的にAirPods Pro(第2世代)への対応も考えられます。AirPods Pro(第2世代)の利用も検討される方は、iPhone14への買い替えを視野に入れておくのもアリかもしれません

     

     

    \  AirPods Pro(第2世代 /

     

     

    ・カメラ機能が進化

     

    【メインカメラ】

     iPhone1412mini
    F値F1.5F1.6
    超広角F2.4F2.4
    手ぶれ補正センサーシフト光学式手ぶれ補正光学式手ぶれ補正

     

    メインカメラ側ではF値がF1.5と少しだけレンズが明るくなり、新たにセンサーシフト光学式手ぶれ補正に対応しました。

     

    その他画像を高解像で描写する「Photonic Engine」、画像の色合いを変更する「フォトグラフスタイル」なども利用可能です。

     

    【フロントカメラ】

     iPhone1412mini
    F値F1.9F2.2
    シネマティックモード最大4K HDR、30fps-
    ドルビービジョン最大4K、60fps最大4K、30fps
    オートフォーカス-

     

    フロントカメラの性能は飛躍的にUPしました。レンズもF1.9と一段階明るくなり、さらにはオートフォーカスにも対応。

     

    映画の様な撮影ができる「シネマティックモード」や「ドルビービジョンHDR撮影」も出来るため、自撮りや友人との撮影シーンが多い方には嬉しい進化と言えます。

     

     

    REOTAN
    オートフォーカスに対応したのはデカいですね。「Photonic Engine」なども搭載しているため、より美しく繊細な映像を撮影できるようになりました

     

    \ 楽天カード加入でお得にポイントGET! /

     

     

    ・ビデオ撮影機能も大きく進化

     

    【ビデオ撮影】

     iPhone1412mini
    アクションモード-
    シネマティックモード最大4K HDR、30fps-
    手ぶれ補正センサーシフト光学式手ぶれ補正光学式手ぶれ補正
    ドルビービジョン最大4K、60fps最大4K、30fps

     

    フロントカメラと同様にビデオ撮影機能も大きく進化を遂げました。

     

    一番大きいのはまるでジンバルを使っているかの様な滑らかな映像が撮影出来る「アクションモード」に対応した点です。食べ歩きなどの際に絶大な効力を発揮する機能なので、よく歩き撮影する方には嬉しい機能だと言えます。

     

     

    REOTAN
    もちろん「シネマティックモード」などにも対応しています。よりこだわった映像作品を作りたい方は、買い替えを検討するのも良いですね

     

     

    12mini → iPhone14に機種変更するメリット

     

    【メリット】

    • カメラ・ビデオカメラ機能が進化
    • A15 Bionicチップで動作がさらにサクサク
    • 衝突事故検出
    • ストレージ容量で512GBが選べる
    • 屋外で画面が見やすくなる
    • 将来的な「LE Audio」対応の可能性

     

    主に「カメラ性能の向上」「衝突事故検出への対応」「A15 Bionicチップ搭載」などが目玉となる為、こうした点に一つでも魅力を感じれば機種変更するメリットがあると言えます。

     

     

    加えて「最大輝度が800ニト」に対応したことで、屋外での視認性も地味にUP。Bluetooth5.3による「LE Audio」対応の可能性も考えられるため、AirPods Pro(第2世代)を利用する方には将来的に大きなメリットになりそうです。

     

     

    REOTAN
    オーディオ好きとしては「LE Audio」対応の可能性が気になるところ。ただし全体的にはiPhone12 miniから劇的な進化を感じなかったので、個人的にはメリットが少ない印象です

     

     

    【関連記事】

     

     

    12mini → iPhone14に機種変更するデメリット

     

    【デメリット】

    • 価格が高い
    • iPhone12 miniに不満を感じてない人は進化を感じにくい
    • iPhone15でUSB-C端子が搭載される可能性
    • ケース・フィルムなどを買い替える出費

     

    一番のデメリットは本体(+ケース・フィルムなど)の出費がデカすぎるという点です。サイズ・性能面に差があるので、一概に言えるものではありませんが最低でも12万円近い出費が必要です。

     

    【価格表】

     iPhone1412mini
    64GB-87,800円
    128GB119,800円94,800円
    256GB134,800円109,800円
    512GB164,800円-

    ※iPhone12 miniは値上げ後の価格、現在は終売。

     

     

    REOTAN
    下取りや買取に出すとちょっと足しにはなりますけどね

     

     

    またチップ性能がUPしたとは言え、普通の使い方だと「劇的に進化した!」と言う点は感じにくいはず。iPhone15でUSB-C端子搭載の噂があるのも引っかかるポイントです。

     

     

    結局iPhone14に機種変更した方が良いの?

     

    ・個人的にiPhone15まで待つのが賢明

     

    2世代前にあたるiPhone12 miniと比較しても「こりゃすげぇ!」と言えるようなワクワク度・興奮度は感じませんでした。

     

    期待していたUSB-C端子の搭載もなかったため、「これならiPhone12 miniのままで良いかな」と感じたのが正直なところです。

     

     

    REOTAN
    もちろん気持ち的には「最新モデル!」とか「iPhone14発売!」っていうワードには惹かれます。でもなんかこう…分かってくれますよね?

     

    なので個人的には

     

    • USB-C端子を搭載
    • 価格が10万円前後
    • Wi-Fi6E対応
    • ペリスコープレンズ搭載

     

    などどれか一つでも対応・搭載していたら確実に買っていたと思います。最安モデルで119,800円と言う点を考えても、iPhone15まで待つのが賢明だと思います。

     

     

    REOTAN
    逆に言えばiPhone15の購入はほぼ決定した様なもの。USB-C&ペリスコープレンズが搭載されたら熱いだろうなぁ

     

     

    ・それでも買い替えたい人は?

     

    先述したメリット・デメリットを比較しても「やっぱりiPhone12 miniを買い替えたい」と言う人もいらっしゃると思います。1年~2年使っていればスマホに飽きが来るのも当然ですしね。

     

    そうした場合の選び方の基準としては、

     

    • miniのサイズが気に入っている → iPhone13 mini
    • やっぱり最新モデルを使いたい → iPhone14シリーズ
    • 期待を込めてiPhone15まで待つ → 現状維持 or バッテリー交換

     

    の3つの選択肢から選ぶと良いと思います。

     

    iPhone14に関しては先述した通りですが、サイズが譲れない場合はiPhone13mini一択です。Appleストアの販売もミニシリーズはiPhone13 miniのみになってしまいました。

    引用:Apple iPhone13

     

     

    反対に「価格を抑えたい&iPhone15まで頑張る」と言う人はバッテリー交換がおすすめ。「Apple Store」や「正規サービスプロバイダ」などで交換可能です。わたしもバッテリー性能が88%なのでそろそろかなぁ。

     

     

    REOTAN
    AppleCare+に入っていればバッテリー性能80%未満で無償交換が可能です。そうしたサービスを上手に利用してiPhone15まで待つのも良いですね

     

     

    まとめ

     

    今回は「iPhone12 miniユーザーはiPhone14に機種変更するべき?」をテーマに解説してきました。

     

    iPhone14に機種変更しても良い人iPhone12 miniのままで良い人
    • 最新モデルを使いたい
    • 金銭的に余裕がある
    • CPU・カメラ性能UPに魅力を感じる
    • 衝突事故検出が心強い
    • AirPods Pro(第2世代)を購入した
    • 512GBのストレージが欲しい
    • 現状に不満を感じていない
    • 費用を抑えたい
    • 性能面にそこまで魅力を感じない
    • iPhone15でのUSB-C搭載に期待する
    • バッテリー交換も視野に入れている

     

     

    主にこのような感じで機種変更するのかを決めると良いと思います。わたしも現段階ではiPhone15まで待つ予定です。←物欲センサーに負けなければw

     

     

    REOTAN
    iPhone14シリーズ関連はその他にもレビュー・解説しています。そちらもぜひ参考にしてみて下さいね。それではまた!

     

     

     

     

    \ 合わせてチェック /

    【iPhone14】CASEKOO マットブラックケース 渋めで格好良い質感最高ケース レビュー

    続きを見る

     

     

     

     

     

    Amazonでのお買い物にはAmazonチャージが断然おすすめ!
    チャージ額に応じてポイント還元が受けられるお得な利用方法です。

     

    自分のアカウントへのチャージでもOKです。

     

    【チャージ金額毎の還元率】

    チャージ金額通常会員プライム会員
    90,000円~2.0%2.5%
    40,000円~1.5%2.0%
    20,000円~1.0%1.5%
    5,000円~0.5%1.0%

     

    Amazonチャージ

     

    プライム会員の方は限定のクレジットカードチャージにも対応。5,000円以上のチャージで何度でもポイント還元が受けられるお得なキャンペーンを実施中です。

     

    プライム会員限定「クレジットカードチャージ」

     

     

     

      • この記事を書いた人

      REOTAN

      オーディオやガジェット・ゲーム関連のレビューを中心に活動中です。講談社「マネー現代」にも寄稿記事を執筆しています。 おかげさまで月間12万PVを継続中! ユーザー目線を大切に「この情報知りたかった!」と思ってもらえる記事を心掛けています。

      -iPad・iPhone
      -, , , ,