iPad

【レビュー】iPadAir4 吉川優品 液晶保護フィルム (アンチグレアガラスフィルム)

こんにちは、REOTAN(@REOTANnoheya)です!

 

今回は先日購入したiPadAir4用の液晶保護フィルム「吉川優品アンチグレアガラスフィルム」についてのレビュー!

 

吉川優品の保護フィルム、実はiPadAir3の頃から愛用中。もちろん同一商品ではありませんが、耐久性や品質も高かったので今回も指名買いのような形で購入しました。

「ゲーム向け」との記載もあるので、ゲーマーの方にもおすすめの保護フィルムとなっています。

 

まずは外観・内容物を確認していきましょう!

 

吉川優品 保護フィルムの外観・内容物

 

吉川優品 液晶保護アンチグレアガラスフィルム

 

こちらが今回ご紹介する吉川優品の保護フィルム。なんだかiPadの保護フィルムとは思えないデザインですね(^^; 価格は2,000円を切る位で、私が購入した時は1,980円でした。

 

Amazon'sChoiceの商品としても選定されており、iPad用の保護フィルムとして高い評価を受けています。

 

Amazon'sChoiceとは?

Amazonがおすすめする「お求めしやすい価格」と「レビュー高評価」の2つを実現している商品の事です。

 

①保護フィルム

 

こちらが液晶保護フィルム。アンチグレアガラスフィルムとは言うものの、薄い下敷きの様なペラペラとしたシート(←語彙力w)状の素材で出来ています。

 

実際にフィルムに触れると、他のアンチガラスフィルムにありがちな「ザラザラっとした手触り」は全く感じません。むしろ「ツルツル」と指通りも良く、非常に操作がしやすい印象です。

 

保護フィルムの特徴

  • 光の反射を抑えるAG加工
  • ケースと干渉しない精密なサイズ
  • 指紋防止コーティング
  • 手触りの良いアンチグレアガラスフィルム
  • 飛散防止加工と9Hの業界最強硬度
  • ApplePencil対応
  • 貼り付けが簡単な吸着力

 

②内容物

 

液晶保護フィルムの他には下記の物が同封されています。ユーザーマニュアルも細かく解説されています。貼り付け手順もたったの4つだけなので、貼り付けに不安のある方でも安心です。

 

内容物

  • ユーザーマニュアル
  • クリーニングクロス
  • アルコールシート
  • ホコリ吸着用シール
  • ガイド枠

 

 

このガイド枠があるのが便利なんです

 

 

吉川優品の保護フィルムを実際に貼り付け

 

それでは実際に貼り付け作業を行っていきましょう。

 

iPadAir4にガイド枠をはめ、保護シートの角を合わせながらゆっくりと裏側のシールを剥がしていきます。

 

こんな感じでゆっくりと右側の角を合わせながらシートを張り付けていきます。この時気泡が入ってしまっても大丈夫です。

 

全体にシートの貼り付けが完了しました。角に大きく気泡が入ってしまっているので、この気泡を取り除く作業に取り掛かります。

 

写真がブレてしまい申し訳ないですw 気泡の取り方はとても簡単でシートを軽く引き上げ、そっと元に戻してあげるだけです。シート自体にとても吸着力があるので、何度かやりなおしても問題ないと思います。

 

気泡が入ると焦ってしまいますが、貼り直しも可能なので心配しなくてOKです

 

吉川優品 保護フィルムの貼り付けが完了

 

ものの5分で貼り付けが完了!気泡もなくなり満足のいく貼り付け具合になりました。

 

先程残っていた気泡の部分もこの通りなくなっています。ガイド枠のおかげでディスプレイ全体にきれいに貼り付けることが出来ました。

 

細部を細かく拡大してもこの様にピッタリとサイズが合っているのがお分かりいただけるかと思います。ケースを装着して撮影していますが、ケースと干渉してフィルムが浮いてくる心配もありません。

 

ぶきっちょな私でもわずか5分で貼り付け完了!めちゃくちゃ簡単です('ω')ノ

 

イラストを描く人にはペーパーライクフィルムがおすすめ

 

ちなみにApplePencil等を使ってイラストを描画する予定の方は「ペーパーライクフィルム」という、実際の紙質に近い素材感を実現したフィルムを使うと良いでしょう。

紙に描いている時と同じような抵抗をペン先に感じるので、繊細な描画を行いたい方に特におすすめです。

 

 

吉川優品 保護フィルムのメリット・デメリット

 

デメリット

 

  • 他のフィルムに比べると少しだけ高価
  • ディスプレイの艶や精細管を重視したい人は注意

 

品質と耐久性との兼ね合いで、他のディスプレイと比較して数百円高めの値段設定になっています。また反射を抑えた「アンチグレアガラスフィルム」なのでフィルム無しの時と比較して、画面の透明感が少し低下する点は注意が必要です。

 

ディスプレイに光沢感や高精細感を重視したい方はこちらの「Nimaso iPad Air 4 用 ガラスフィルム」がおすすめです。Amazonでも評価の高い商品です。

 

 

メリット

 

  • 目に優しい反射を抑えたアンチグレアタイプ
  • 傷が付きにくく破損を起こさないフィルムタイプ
  • シート状素材の貼りやすさ
  • 高耐久・高品質な点

 

iPadAir4を使って長時間作業をする方や文書作成が多い方にとって、目に対する負担をいかに減らすのかはとても重要な部分です。アンチグレア素材で光や画面の反射を低減しつつ画面を保護してくれる点はとても大きなメリットだと感じます。

 

ガラス状のシートの場合だとどうしてもサイドから破損してしまうことが多いので、耐久性や品質面を考えてもおすすめのシートです。

 

iPadAir4保護フィルムを検索する

 

まとめ

 

 

今回はiPadAir4用に販売されている「吉川優品 液晶保護フィルム(アンチグレアガラスフィルム)」についてレビューを行ってきました。意外と難しい保護フィルム選び、ぜひ今回のレビューを参考にしていただければ嬉しく思います。

 

今回も最後までご覧いただきありがとうございました、REOTANでしたー!

  • この記事を書いた人

REOTAN

iPadやガジェット・ゲームが大好きな30代の♂です。妻と長男・愛犬の4人?家族で楽しぐ過ごしています。 ユーザー目線を大切に、「あっ、この情報知りたかった!」
と思ってもらえる記事を心掛けています。

-iPad
-, ,

© 2020 REOTANの部屋 Powered by AFFINGER5