iPad

最強コスパのESR ipadair3(2019)10.5インチケースを9ヶ月使ってみたレビュー

2020年5月22日

2019年の9月に購入してから今でも現役バリバリで

Apple iPad Air (10.5インチ, Wi-Fi, 64GB)を使用していますが、

同時期に購入したカバーもずっと使っています。

今回は約9ヶ月使ってみてどの程度ヘタッてきたのか?

実際の使い勝手やメリット・デメリットは?等を

本音でレビューしていきたいと思います!

 

  1,000円台で買える良コスパケース

 

まずは、振り返りということで

たくさんのカバーがある中で色々と比較して購入したのがこちらのカバーです。

 

ESR iPad Air 2019 ケース iPad Air3 10.5インチ カバー

 

地味にグリーンが好きなので迷わずグリーンを選びましたw

なかなか渋みのある色で個人的にオススメです。

私が購入した時も1,500円前後という安価で良レビューもたくさんある状態でしたが、

使ってみてわかったのはコスパ最強ということ。

2020年5月現在ではまさに定番化したカバーとなっています。

カラー展開は他にもブラック、ブルー、ピンクと好みに合わせて選べるので

お気に入りのカラーを見つけるのも良いですね。

 

 

   YouTubeでもレビューしてます

 

こちらのブログで紹介する前に実は動画レビューも行ってます。

全体的な質感や細かい感想も分かるかと思うので、宜しければご視聴ください。

5分もかからず見れますので飛ばしながらでも是非ぜひ


●これ1,000円代⁉ ESR ipad air(2019)10.5インチケース

 

  ズバリ良いところは?

 

  • 1,500円前後という圧倒的な最強コスパ
  • 電源、イヤホンジャックなど穴あきが正確
  • オートスリープ搭載
  • 三つ折りで好きな角度で使用できる
  • 底面が柔らかめのゴム素材でiPad本体をしっかり保護してくれる
  • ロゴの主張も小さく、かつ基本を押さえたカラー展開

 

まずは先ほども申し上げた通り、

1,500円前後で買える圧倒的なコスパが一番のメリットですね。

このくらいの価格帯だとイヤホンジャックの位置が微妙にずれてたり、
スピーカーの位置が悪かったりする商品もあるんですがこのカバーは
そういった事は一切ありませんでした。

また、カバーを閉じたときに自動的にスリープしてくれるのでそういった点も満足度を上げてくれる要因でした。

裏面と表面で素材を変えており、裏面のゴム素材が適度にソフト感を保ってくれるので
本体を机に置く際などの衝撃吸収に役立っていると思います。

 

ロゴも裏面に目立たないデザインなのでポイント高です。

 

 

  気になる点は?

 

良い点ばっかだとなんだかウソ臭いのでw正直に書いていきます。

 

  • カバー側面の強度が少し弱い
  • 表面生地に引っかき傷がつきやすい

 

側面の強度とはカバーをめくるときに、どうしてもカバー側面をめくるような

形で使用するのでその場所(フチ)を中心に捲りグセが付くようなイメージです。

伝わりにくいかもしれませんが ↓ こんな感じです。

 

使っていてボロボロになってくるとか、ヘナヘナに貧弱な感じになると言う事はないので個人的には気にしていません。

引っかき傷についてもこればっかりはしょうがないですね。

爪でガシガシ磨くとか鋭利なものをカツカツ当てたりしない限りは心配いらないです。

 

  まとめ

 

実際に9ヶ月使ってみて感じたのは、価格以上に満足度が高い点です。

純正のカバーだとどうしても高価になってしまいますが、
品質重視の方は選択肢に入れてみても良いと思います。

 

 

絶対に純正じゃないとダメという人でない限りは

今回ご紹介したケースでも十分満足いくと思います。

メリット、デメリットをひっくるめても個人的にお勧めのケースです。

REOTANでしたー!

  • この記事を書いた人

REOTAN

大手の損保保険会社でヘルプデスク(指導業務)・研修支援を勤務後、もっと家族との
時間を増やしたいと思い独立。

現在はデジモノやオーディオ・ブログ運営に関する情報等を発信しながら、家族で楽しく暮らしています。

「本音で記事を書く!」がモットー!
自分が良いと思ったものだけ記事にUP中。
怪しい情報商材も絶対におすすめしません。

-iPad
-,

© 2020 REOTANの部屋 Powered by AFFINGER5