iPad

【カメラ比較】iPadAir4とiPadAir3の写真・動画の画質を検証してみた

こんにちは、REOTAN(@REOTANnoheya)です!

 

今回は「iPadAir4とiPadAir3のカメラ性能比較」をテーマにブログで解説を行っていきます。

 

先日発売されたiPadAir4、実はカメラ性能が少し進化。個人的にiPadAir3とどのくらい変わったのかを知りたかったので両機種で「静止画」と「動画」を撮影して比較検証を行ってみました。

 

ブログへの掲載上「サイズの縮小」や「HEIC⇒JPGへの変換処理」を行っていますのでその点はどうかご了承ください。あくまでも「あーこのくらいの感じで撮影できるのね」くらいの気持ちでご覧いただければ幸いです。

 

ブログ後半部には動画比較用のYouTube限定リンクも貼ってあるので、よろしければ最後までお付き合いいただければ嬉しいです。

 

まずは両モデルのカメラ性能をチェックしてみましょう!

 

iPadAir4のカメラ性能

 

まずは先日発売されたiPadAir4の主なカメラ性能を確認していきましょう。

 

①iPadAir4の静止画性能

 

iPadAir4のカメラ性能

  • 1,200万画素の広角カメラ(リア)
  • 700万画素(フロント)
  • F値1.8
  • 手ぶれ補正機能を使ったLive Photos
  • Focus Pixelsによるオートフォーカスに対応
  • 写真のスマートHDR
  • パノラマ(最大63MP)

 

画素数が1,200万画素へと進化し、F1.8と少し明るいレンズが搭載されました。撮影していて一番感じるのはFocus Pixelsを使ったオートフォーカス機能が搭載されピント合わせが高速になったこと。iPhoneにはすでに搭載されている機能ですが、ピントが素早く合うので対象物の撮影が非常にしやすくなりました。

 

また、撮影した画像の白飛びを軽減してくれるスマートHDR機能も搭載されました。

 

②iPadAir4の動画性能

 

つづいてiPadAir4の主な動画性能を確認しましょう。

 

iPadAir4の動画性能

  • 4Kビデオ撮影(24fps、30fpsまたは60fps)
  • フルHD(30fps、60fps)
  • 1080pスローモーションビデオ(120fpsまたは240fps)に対応
  • 映画レベルのビデオ手ぶれ補正
  • 連続オートフォーカスビデオ
  • 3倍ビデオズーム

 

動画性能も大幅にパワーアップ。iPadAir4では4K/60Pの撮影も可能になり手振れ補正も強化されています。4K/60P撮影が出来るのはこれまでiPadProだけだったので動画性能だけを見ても、iPadAir4のスペックはiPadProに近付いたと言っても良いでしょう。

 

動画編集ソフトを使えば、4k動画の撮影 → 編集へとシームレスに移行可能です

 

 

iPadAir4とiPadAir3のカメラ性能を比較

 

iPadAir3との主なカメラ性能の違いを表にまとめてみました。

 

<静止画>

iPadAir4iPadAir3
リアカメラ1200万画素広角カメラ800万画素広角カメラ
フロントカメラ700万画素120万画素
F値F1.8F2.4
HDRスマートHDR機能自動HDR
パノラマ撮影パノラマ(最大63MP)パノラマ(最大43MP)
その他手ぶれ補正機能を使ったLive Photos
Focus Pixelsによるオートフォーカスに対応
Live Photos
オートフォーカス

 

<動画>

iPadAir4iPadAir3
4K4Kビデオ撮影(24、30、60fps)/
フルHD1080p HDビデオ撮影(30、60fps)1080p HDビデオ撮影(30fps)
スローモーション撮影1080pスローモーションビデオ(120fpsまたは240fps)720pスローモーションビデオ(120fps)
手振れ補正映画LVのビデオ手ブレ補正ビデオの手ぶれ補正
フォーカス連続オートフォーカス撮影中タップによるフォーカス

 

カメラ目的でiPadを購入される方も少ないと思いますが、こうして比較すると総合的にiPadAir4の方がスペックアップしているのがお分かりいただけると思います。実際に撮影していても、Focus Pixelsによるオートフォーカスと4Kビデオの品質には驚かされました。

 

ここからは実際に撮影した画像の比較を交えながら両モデルの画質を比較していきましょう!

 

iPadAir4とiPadAir3の静止画の画質比較

 

撮影時の条件

  • 晴天時のPM12時頃
  • 標準搭載のカメラアプリを使用
  • 全て手持ち撮影
  • 設定はデフォルトのまま

 

加えてブログ掲載の為に「画像の縮小」と「HEIC→JPGへの変換」を行っています。

 

画像上側にiPadAir4、下側にiPadAir3の画像を掲載しています。

 

室内撮影(ペット)

 

 

 

パッと見、iPadAir3の方が鮮明に撮れている様な気もします。ただ、拡大して見てみると毛並みの質感や精細感はiPadAir4の方が上回っている印象です。トリミング前日なので毛並みがボサボサなのはスルーしてくださいw

 

晴天時・日中の公園

 

続いて日中に撮影した公園内の様子を比較してみましょう。

 

①大きな木

 

 

 

両モデルとも中々キレイに撮影できているのではないでしょうか?強いて言うならば実際の木の色合いはiPadAir4の方が近い印象です。iPadAir3の方は少し明るく撮影する傾向にありますね。

 

奥の自転車は私のではありませんw

 

②地面の草花

 

 

 

③樹木の葉

 

 

 

明るい日中の撮影だとそこまで大きな大差はない感じですね。iPadAir3の空の色が少し白飛びしてるのだけ気になります。

 

④頭上2mの柿をズーム撮影

 

 

 

両モデルとも最大で「3倍ズーム」まで可能ですが、画質はかなり粗くなります。手持ち撮影なので手振れなどがどうしても生じてしまいますが、iPadAir4のほうがディテールが潰れていない印象ですね。ズーム機能はiPadAir4の方が良いと思います。

 

逆光状態での撮影

 

逆光化での撮影画像の比較も行ってみました。

 

①軽い逆光化での園内の様子

 

 

 

画像右上のあたりからの軽い逆光化での撮影です。こちらに関しては木々の色合いや青空、ディテールはiPadAir4が優れている印象です。iPadAir3はフレアやゴーストも生じてしまい、空の青空も完全に白つぶれしてしまっています。

 

②完全に逆光の状態

 

 

 

スマートHDR機能が効いているおかげか逆光化での撮影はiPadAir4の方が良いかな?と言った印象。iPadAir3の方は青空・草木を含めて全体的に少し白っぽい画像です。

 

続いて動画性能を見ていきましょう!

 

iPadAir4とiPadAir3の動画性能を比較

 

短時間ではありますが両機種で動画撮影を行い、動画性能を確認してみました。ちなみに撮影はiPadAir3と同一条件にするために「1080P/30fps」での撮影となります。YouTubeに限定公開していますので、よろしければご確認ください。

 

iPadAir4の4K撮影も行ってみました。設定から4K画質で視聴可能です。さすがに4K/60fpsはかなりキレイですね、歩き撮りの際にもそこまで手ブレは気になりませんでした。こちらもYouTubeで限定公開中です。

 

 

今回は静止画・動画の画質比較をテーマに解説を進めてきました。休日の晴れた昼間に撮影時間を設けるのって大変だな…と今回しみじみ感じた次第です(^^; 人目も気になるしねww

 

素人丸出しの写真と動画であまり参考にならなかったかもしれませんが、これからiPadの購入を検討している方やiPadのカメラ性能が気になってる人のお役に少しでもたてたら嬉しいです!今回も最後までご覧いただきありがとうございました、REOTANでしたー!

 

  • この記事を書いた人

REOTAN

iPadやガジェット・ゲームが大好きな30代の♂です。妻と長男・愛犬の4人?家族で楽しぐ過ごしています。 ユーザー目線を大切に、「あっ、この情報知りたかった!」
と思ってもらえる記事を心掛けています。

-iPad
-, ,

© 2020 REOTANの部屋 Powered by AFFINGER5