カメラ

パナソニック電動ズームレンズPZ14-42mmは動画撮影に必ず持っておくべきレンズ!

 

電動ズームレンズPZ14-42mm 

GF6に限らず、マイクロフォーサーズのレンズ対応機器で

動画撮影するなら絶対「電動ズーム」一択です。

お子さんなど常に動き続ける被写体を追う場合に

手動ズームでは必ずブレが生じます。

これは想像以上に見返した時に見辛くせっかくの思い出が

無駄になってしまいます。

 

14-42mm電動ズームレンズの大きさ

f:id:samurai-deka:20131016000852j:plain

パナソニック 標準ズームレンズ マイクロフォーサーズ用 ルミックス G X VARIO PZ 14-42mm/F3.5-5.6 ASPH./POWER O.I.S. ブラック H-PS14042-K

です。

成人男性の掌に収まる非常にコンパクトなサイズです。

 

レンズの特徴

・14~42mm(35mm換算で28~84mm)

フィルター径は「37mm」です。

・マイクロフォーサーズマウント(金属マウント)

・電動ズーム搭載

・デジカメのような沈胴式レンズ機構の為非常に薄型

・光学式手ブレ補正「POWER O.I.S」を搭載

 

 

持ち運びや動画撮影にピッタリのサイズ感、機能性を持ち合わせています。

 

標準レンズH-FS1442Aとの大きさ比較

f:id:samurai-deka:20131016002026j:plain

 

標準レンズはこちらのレンズです。

 

 

500mlのペットボトルと大きさを比較すると、大体こんな感じです。

結構な薄型であることがお分かりいただけるかと思います。

f:id:samurai-deka:20131016002207j:plain

 

DMC-GF6に装着

GF6に装着すると、見た目ほとんどコンデジと変わらない雰囲気です。

コンデジと比較すると重量は増しますが

レンズを含めた重さはおおよそ430g位です。

一日中首からぶら下げていても苦にならない重さだと思います。

 

装着した状態がこのようになります。

f:id:samurai-deka:20131017224934j:plain

 

 

f:id:samurai-deka:20131017225026j:plain

 

プロテクター(レンズフィルター)を装着

f:id:samurai-deka:20131017225051j:plain

 

今回装着したのは、

 「ハクバ MCレンズガードフィルター 37mm  CF-LG37」です。

 

価格も安価で装着後の写り具合も全く問題ありません。

36mmのレンズフィルターって意外と種類が少ないですね。

ちなみにこんな感じです。

f:id:samurai-deka:20131017225559j:plain

 

レンズ上部でズーム操作、下側のレバーでマニュアルフォーカスを調節できます。

使ってみて分かったのですが、ズームレバーの位置が逆だったら使いやすかった

のかな?と感じました。

もちろん慣れの問題なのですが、時々操作を間違えてズームせずに焦ります。

 

レンズの電源on/off時の挙動

電源のOFFの状態。

f:id:samurai-deka:20131017230001j:plain

 

電源on時

f:id:samurai-deka:20131017230132j:plain

 

使用する際は、ズーム操作時もほぼこの状態だと思って構わないと思います。

動画撮影時にズーム時のモーター音を拾ってしまうかな?と、

若干危惧していたのですが、想像していたより気にならない程度でした。

この辺は個人差があるので、何とも言い難いですがうるさくはないと思います。

 

実際に使ってみた印象

 

気に入った点

  • 背景ボケを生かした動画撮影が可能
  • 晴天日(屋外)での撮影で、動きの激しくない対象物なら非常に映像が奇麗
  • 電動ズームはやはり動画撮影の際になめらかにズームが可能

気になった点

  • 歩きながらの撮影には不向き
  • ズーム時のモーター音は完全無音ではない

 

それぞれメリット、デメリットは有りますがこと動画撮影において

電動ズームレンズ装着における利点が全てを上回ってきます。

手持ち撮影でも程よい手ブレ補正が掛かります。

撮影者側があまり動き回らずに撮影をすれば

非常に繊細でビデオカメラとは違う一段上の映像作品が残せます。

 

薄型で静止画・動画撮影がこのレンズ一本で済むのは本当に便利!

普段からこのレンズを装着しっぱなしで出かけることが多いです。

かなりオススメの一本です。

  • この記事を書いた人

REOTAN

大手の損保保険会社でヘルプデスク(指導業務)・研修支援を勤務後、もっと家族との
時間を増やしたいと思い独立。

現在はデジモノやオーディオ・ブログ運営に関する情報等を発信しながら、家族で楽しく暮らしています。

「本音で記事を書く!」がモットー!
自分が良いと思ったものだけ記事にUP中。
怪しい情報商材も絶対におすすめしません。

-カメラ

© 2020 REOTANの部屋 Powered by AFFINGER5