デジタル

富士通加湿脱臭機「DAS-303B」外観レビュー

FUJITSUの加湿脱臭機PLAZION DAS-303Bレビュー

今回は本体上部のパネル周辺をレビューしたいと思います。

f:id:samurai-deka:20131005215654j:plain

 

本体上部のパネル(ボタン)周りはこのようなボタン配置です。

左上には「チャイルドロック」ボタンも配置されているので、

万が一の際にも安心です。

f:id:samurai-deka:20131006230029j:plain

 

我が家では加湿機能を使う予定がないので、いつもこのような状態で稼動しています。

「プラズマイオン強」ボタンは、ON/OFFによって臭いの気になるときに

プラズマイオンの放出量を調節することが可能です。

f:id:samurai-deka:20131006230743j:plain

 

そして大きな特徴の一つが、

「脱臭フィルターオートクリーン運転」 です。

 

24時間ごとに約1時間30分、自動でフィルターの脱臭性能を再生させる運転

してくれる、結構優れものの機能を備えています。

設定により運転開始から「3・6・10・15時間後」とクリーン運転を開始させる

時間を決められるので、深夜にクリーン運転をさせておくことも可能です。

 

クリーン運転中は右上のボタンが点灯します。

「eco」ボタンは、脱臭性能などが低下するものの消費電力を抑えられます。

f:id:samurai-deka:20131006231933j:plain

 

 本体パネル周りの外観がお分かりになりましたでしょうか?

我が家では小型犬を2匹室内飼いしているので、ずーーーーっと欲しかった機種です。

 

  • この記事を書いた人

REOTAN

iPadやガジェット・ゲームが大好きな30代の♂です。妻と長男・愛犬の4人?家族で楽しぐ過ごしています。 ユーザー目線を大切に、「あっ、この情報知りたかった!」
と思ってもらえる記事を心掛けています。

-デジタル

© 2020 REOTANの部屋 Powered by AFFINGER5